『ジュディ 虹の彼方に』ジュディとレネー

『ジュディ 虹の彼方に』邦題&来年3月公開決定!レネー・ゼルウィガー演じるジュディ・ガーランドの写真も!


映画情報どっとこむ ralph ハリウッド黄金期を象徴する映画『オズの魔法使』(39)で、17歳にして一躍スターダムを駆け上がり、その波瀾万丈の人生と圧倒的なステージパフォーマンスで、伝説のミュージカル女優として知られるジュディ・ガーランド。そんなジュディが、47歳の若さでこの世を去る半年前、1968年の冬に行われたロンドン公演の日々を鮮烈に描いた映画「JUDY」が『ジュディ 虹の彼方に』の邦題で、2020年3月6日(金)に公開されることが決定しました。

本作は、ハリウッド黄金期を支え波乱に満ちた人生を送り、わずか47歳で急逝した伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドの知られざる感動の実話。「まるで命を燃やし尽くすようだった」と証言される、ステージの数々をレネー・ゼルウィガーが演じ切る。邦題と公開日と共に、当時のジュディが憑依したかのようなレネーの写真も公開!
『ジュディ 虹の彼方に』ジュディとレネー
映画情報どっとこむ ralph レネーは「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズで女性からの絶大な支持を受け、『コールド マウンテン』(03)でアカデミー賞助演女優賞を受賞。本作は3年ぶりの主演作となる。彼女自身がジュディの大ファンだったこと、そして本作の舞台となる1969年当時のジュディとレネーの実年齢が同じという奇跡も重なり、本作にかける思いは人一倍。リハーサルの1年前からトレーニングを開始する気合いをみせた。自身が主演したミュージカル映画の名作『シカゴ』(02)などで、映画での歌の経験はあったものの、伝説のミュージカル女優を演じるため、歌はもちろん、ジュディの独特な訛りや声色、そしてステージパフォーマンスの動きもすべてマスターするため、過酷なトレーニングを積んだ。そして、ジュディの奔放で愛すべき女性像と、その圧倒的なカリスマ性で人々を惹き付けるスターとしての姿を見事に体現!全曲を自ら歌い上げる魂の熱演を披露している。

9月に開催された第44回トロント国際映画祭では、本作の上映終了後に会場が異様な熱狂に包まれる盛況ぶり。9月27日からアメリカで限定公開されると、上映館数が一桁多い作品群と肩を並べ、全米興行収入ランキングでベスト10入りを果たすというスマッシュヒットを達成し、瞬く間に本年度のアカデミー賞大本命に躍り出た。
物語は1968年、ミュージカル映画の大スターとしてハリウッドに君臨していたジュディが、度重なる遅刻や無断欠勤により、映画出演のオファーも途絶え、巡業ショーで生計を立てているところから始まる。住む家もなく借金も膨らんでいくばかりでどん底に立たされたジュディは、幼い娘と息子と暮らす幸せな生活のため、起死回生を賭けてロンドン公演に旅立つ。

キャストには、『ラ・ラ・ランド』(16)のフィン・ウィットロックや、今年エミー賞を席巻したドラマ「チェルノブイリ」にも出演しているジェシー・バックリー、「ハリー・ポッター」シリーズのダンブルドア役で知られるマイケル・ガンボンなど、多彩な演技派キャストが集結!ブラッド・ピット製作総指揮の『トゥルー・ストーリー』(15)で評価され、ベン・ウィショー主演のドラマ「嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~/リチャード二世」(12)も手掛けたルパート・グールドがメガホンを取る。

映画情報どっとこむ ralph ジュディが見てきた希望と絶望、全身で味わった歓喜と痛み、そのすべてが聴く者の心の奥深くに届く、ラスト7分の「オーバー・ザ・レインボー」。その歌詞の本当の意味に打ちのめされ、客席との間に生まれた奇跡に慟哭する、感動の実話がスクリーンに誕生した!

『ジュディ 虹の彼方に』(原題:「JUDY」)
公式サイト:gaga.ne.jp/judy

は、2020年3月6日(金)、全国ロードショー!



<ジュディ・ガーランドについて>
1922年6月10日生まれ、1969年6月22日没、享年47歳。
『オズの魔法使』(39)で若くしてスターの仲間入りを果たし、昨年レディ・ガガとブラッドリー・クーパーのコンビが世界中に旋風をもたらした『アリー/スター誕生』(18)の、1954年版リメイク『スタア誕生』で、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど、ハリウッド黄金期を支えた。日本で認知度が低いのは、彼女の出演作や音楽アルバムのほとんどが未公開・未発売であるが理由だが、アメリカやイギリスでは未だに根強い人気を誇る。他の追随を許さない圧倒的な演技力とステージパフォーマンスを披露し、プライベートでは5回の結婚、フランク・シナトラなどの数多くのビッグネームとも浮名を流しトップスターとして頂点を極める。しかし、その一方では少女時代から受けていたスタジオによる興奮剤などの薬物コントロールが原因で不眠症を始めとした様々な不調に悩まされた。47歳で薬物の過剰摂取により波乱に満ちた生涯を閉じる。

***********************************

原作:「End Of The Rainbow」
監督:ルパート・グールド  脚本:トム・エッジ、ピーター・キルター
キャスト:レネー・ゼルウィガー、フィン・ウィットロック、ルーファス・シーウェル、ジェシー・バックリー、マイケル・ガンボン ほか
配給:ギャガ
© Pathé Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019  
 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ