役所広司&テレンス・チャン『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』ワールドプレミア

役所広司、壮絶な世界ロケやり遂げ感無量『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』ワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界を代表する名優・役所広司さんが主演を務め、名監督ジョン・ウーのハリウッドデビューを後押しし、『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど、世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサーのテレンス・チャンさんと初タッグを組んだ日中合作映画、『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(原題『Wings Over Everest』(中国題:冰峰暴))が11月15日(金)より全国公開します。

この度、現在開催中の<第32回東京国際映画祭>(以下 TIFF)の特別招待作品に選出された本作の公開に先駆け、 世界的プロデューサーのテレンス・チャンをはじめ、チャン・ジンチュー、リン・ボーホン、ユー・フェイ監督らが一挙来日!

11月3日(日)、東京・六本木ヒルズにて、主演の役所広司とともにワールドプレミアに登壇しました。


『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』ワールドプレミア
日付:11月3日(日)
場所:第32回東京国際映画祭
東京・六本木ヒルズ
登壇:
役所広司、テレンス・チャン、チャン・ジンチュー、リン・ボーホン、ユー・フェイ監督

映画情報どっとこむ ralph 先月28日(月)に行われたTIFFのオープニングセレモニーにて、

役所さん:映画を好きな人たちが集まったので、言語の壁を乗り越えて最終的には良いチームになったと思います。そのチームワークが映画にも表れていることを信じています。

と語り、レッドカーペットに集まったファンは勿論、世界中のファンを魅了した役所さん。
第32回東京国際映画祭

ワールドプレミアでは、本作で舞台となる世界最高峰のエベレストをイメージした、鮮やかなブルーカーペットが六本木ヒルズ大階段に敷かれ、アジアが世界に誇る“美男美女”俳優のチャン・ジンチュー、リン・ボーホン、ユー・フェイ監督、テレンス・チャンらが一挙集結。満を持して役所が登壇すると、集まった多くの報道陣から、眩いフラッシュが浴びせられた。

役所さん:各国の皆さんと映画を作ることが出来て、本当に幸せでした。多くの方に、本作が描く美しい自然風景と美しい人間模様を楽しんでいただきたい。

今年で俳優歴41年、まさに“日本が誇る名優”として日本映画界を先導する役所さんによる力強い挨拶で始まった本イベント。

初タッグとなったテレンス・チャンや、ハリウッドでも活躍するチャン・ジンチュー、リン・ボーホン、本作が初監督作となる新進気鋭のユー・フェイ監督といった、世界の才能と肩を並べた役所の満面の笑顔につられるように、一同は笑顔で喜びを語った。

映画情報どっとこむ ralph 標高8848M/氷点下83℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に繰り広げられる、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントとして、カナダや中国、ネパールといった世界各地で行われた大規模な撮影を振り返って

役所さん:中国語、北京語、広東後、英語、日本語と沢山の言語が飛び交い、現場でのコミュニケーションは中々難しかったですが、みんな映画が好きで、映画という言語を通して、1つになることができた。
としみじみ。本作では、ヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」の鬼の隊長・ジアンに扮し、自身初となるワイヤーアクションにも挑戦しているが、

役所さん:ワイヤーにぶら下がってジンチューさんを助けるシーンの撮影だったのですが、僕は初めてであまり上手くなかったので、助けるどころか自分がアザだらけになってしまいましたね…。でも、劇中ではちゃんと助けているので、ぜひご安心ください(笑)。

と、過酷な撮影ながら充実した心境を笑顔で明かした。

そんな役所さんと初共演、「チーム・ウィングス」のメンバー役を演じたチャン・ジンチュー、リン・ボーホンらは、それぞれ

ジンチュー:役作りや撮影はとても大変でしたが、本作への参加は私にとって本当に特別な経験でした。撮影中は、役所さんの演技に引っ張っていただき、そのおかげで私自身も高めることが出来ました。
ボーホンさん:ヘリ操縦の訓練以外にも雪山でのアクションシーン等色々と経験したのでとても過酷でしたが、役所さんとの初共演には期待と興奮がありました。
と、役所さんとの共演を述懐。
大ヒットアクション映画『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)にも出演し、ハリウッドにも認められているチャン・ジンチューと、『At Café 6 六弄咖啡館』(15)で金馬賞最優秀助演男優賞を受賞、アーティストとしても注目されるイケメン俳優のリン・ボーホンは、二人とも世界を股にかけ活躍する実力派俳優だが、役所さんとの共演には多くの刺激を受けたようで、

ジンチューさん:(役所さんは)目が本当に凄い。役所さんの瞳の中には、疑いや絶望、慈愛に満ちた笑顔も含まれていて、魅力的です。役所さんから笑顔を見せられた時には、心が溶けてしまいそうでした。

ボーホンさん:いざ撮影本番が始まると、普段の優しい役所さんはいなくなり、役所さんの視線で一気に現場がエベレストの舞台へと引き込まれるんです。長回しのシーンの際も、役所さんだけが一人台本を持たずにリハーサルに臨んでいました。まさに僕にとって『神のような存在』です。

とコメント。 二人からの熱烈な称賛を受け、

役所さん:今日は沢山褒められたので、嬉しいですね。

と、照れ笑いを浮かべ、

ジンチューさん:役所さんは、27時間もの間ワイヤーに吊らされたこともあった。
チャン・ジンチュ と暴露されると、報道陣からも思わず驚愕の声が…!

チャンさん:撮影後に知ったのですが、役所さんの脇の下にはワイヤーアクションでついた酷いアザが沢山ありました。でも役所さんは全く痛がるそぶりも見せず、愚痴も言わず、終始笑顔でした。そんな役所さんの現場でのプロフェッショナルな姿勢に、とても感動しました

と称賛が止まらないチャンに対して、

役所さん:僕は日本語で沢山愚痴を言ってたので、みんなにはバレなかったんだね(笑)

と真実を明かすと、会場からは大きな笑いが起こった。

一方、フランスのゲーム会社Gameloftの中国グローバル副総裁という立場から一転、映画監督に転身した無名の新鋭、ユー・フェイ監督は、自身が脚本執筆したオリジナル作品となる本作について、

ユー・フェイ監督:世界最高峰のエベレストには、多くの悲しみや喜びが詰まっています。その物語を、映画を通して描きたかった。この映画は『愛の為に、人はどこまで行けるのか』というのが大きなテーマです。
ユー・フェイ監督 とこだわりをアピール。山岳アクションに加え、深い悲しみを背負いながら自然と対峙するジアン隊長役を体現できるのは役所さんのみだったという想いから、“ダメ元”でオファーしたという役所さんからのまさかの出演快諾には非常に胸を躍らせたようで、

フェイ監督:大好きな登山と映画を、融合した作品を作ることが出来て、とても幸運だった。

と、感謝の気持ちを告白した。続くテレンスも、以前から

テレンスさん:世界で一番優秀な俳優の一人。より作品を高みへと向かわせ、すでに色々なジャンルで色々な役を演じられることはもちろん存じ上げていましたが、役所さんは、脚本よりも鮮やかに役を演じられる方だと思います。本作にもそうした部分を吹き込んでくれた役所さんには感謝しかありません。
テレンス・チャン と、過酷な現場を支えた役所を称えた。

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア後に行われた舞台挨拶でも、会場に集まった多くのファンから万感の拍手で迎えられた役所ら一同は、笑顔で登壇。改めて、

役所さん:かなり以前から、アジアの力を結集して映画を作る際は、僕もぜひ参加したいという想いがありました。アジア各国の映画人が交流して、親交を深めることで、アジア映画界がより良くなるはずだ、と思う中で、こうしてチャンスをいただけたのは非常に光栄でした。

と、オファーの際の心境が語られ、無名ながら過酷な撮影を乗り越え映画を完成させたユー・フェイ監督に向かい、

役所さん:将来、大物の監督になる予感がする。

と太鼓判を押すと、会場中が盛大な拍手に包まれた。
『オーバー・エベレスト-陰謀の氷壁』ワールドプレミア

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』オリジナル・サウンドトラックジャケ写
『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』
原題:Wings Over Everest(中国題:冰峰暴)


11月15日(金) 全国公開!

公式HP:
http://over-everest.asmik-ace.co.jp/



映画情報どっとこむ ralph <第32回東京国際映画祭 開催概要>
開催期間:2019 年 10 月 28 日(月)~11 月 5 日(火)
会場: 六本木ヒルズ、EX シアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか都内の各劇場及び施設・ホールを使用

公式サイト:http://www.tiff-jp.net

東京国際映画祭 ©TIFF

***********************************

役所広司 チャン・ジンチュー リン・ボーホン

ビクター・ウェブスター ノア・ダンビー グラハム・シールズ ババック・ハーキー プブツニン

声の出演:役所広司、沢城みゆき、宮野真守
神尾佑、山野井仁、俊藤光利、高木渉、細貝光司、沖原一生

監督・脚本:ユー・フェイ
プロデューサー:テレンス・チャン
撮影監督:ライ・イウファイ
美術監督:パク・イルヒョン チー・セバク
音楽:川井憲次
編集:デビッド・リチャードソン ジョーダン・ディーセルバーグ ゾア・ジュイン
視覚効果スーパーバイザー:ユー・ジャン ジ・レイレイ 視覚効果コーディネーター:ジョウ・イェンチュン
日本語吹替版主題歌:GLAY「氷の翼」(LSG)
提供:バップ/配給:アスミック・エース/©Mirage Ltd.
2019/中国・日本/110分/PG-12

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ