笠松将、大西礼芳、土屋貴史監督 舞台挨拶・Q&A『花と雨』第32回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 「SEEDAさんが“笠松さんにこの作品を託したい”と言ってくれた。自分も期待に応えられるように一生懸命作ろうと思った。」

日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開されます!

第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門に正式出品される、『花と雨』の主演笠松将、大西礼芳、土屋貴史 監督が舞台挨拶に登場!


『花と雨』第32回東京国際映画祭 舞台挨拶・Q&A
日時:11/1(金)

舞台挨拶 
ゲスト:笠松将、大西礼芳、土屋貴史監督
笠松将、大西礼芳『花と雨』 舞台挨拶第32回東京国際映画祭 (1) 上映後:Q&A 
ゲスト:笠松将、土屋貴史監督
笠松将・土屋貴史監督『花と雨』Q&A 舞台挨拶第32回東京国際映画祭
映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶には満員御礼の中、主演の笠松将、大西礼芳、土屋貴史(監督)が登壇。

緊張気味の土屋監督は

土屋監督:今回は一般的の方にはじめての公開される機会になります。皆さんでこの作品を育ててくださると嬉しいです。
と挨拶。主役を演じて

笠松さん:平日なのにこんなにたくさんの方に集まって頂いて嬉しいです。親切な映画ではないですが、今ここにいる三人だけじゃなく、他のキャストやスタッフで気持ちを込めて作った作品です。みなさんのいい意見だけ受け止めるんで(笑)
よろしくお願いします。

と挨拶。吉田の最愛の姉・麻里を演じた大西さんは

大西さん:みんな歳が近く、準備期間も長く取ってくれたので、キャスト全員の気持ちがとても合わさった作品です。

と映画への思いを話した。
初めての長編映画作品の上映となる土屋監督。
気持ちを聞かれると

土屋監督:ともかく緊張しています。舞台挨拶以上にみなさんの前のお披露目ということで、口の中パサパサです。

と大滝の汗を拭くと会場から笑いが。


本作でラップを初挑戦して

笠松さん:もともとSEEDAさんの曲も聞いていたし、ラップもヒップホップも好きで。歌える曲もあった。だからそんな難しくないと思っていたんです。最高峰のMC・仙人掌(センニンショウ)さんが演技指導を担当してくれたんですが、初めてヘッドホンをつけて歌った時に、音程も外れるし、難しいし、焦って満足いくものができなかった。奥の深い分野だなと思いましたね。
笠松将『花と雨』-舞台挨拶第32回東京国際映画祭 とヒップポップの大変さを吐露。役作りについて聞かれ

大西さん:弟(笠松)がひたむきに音楽に向き合っていながら、ストレスフルな人生を送っているので、日々現場でも麻里と同じように笠松くんに接していました。私達がイギリス育ちという設定なので、英語の練習しなくてはいけなくて、笠松くんもノートを真っ黒にしながら、歌詞や英語の練習をしている姿を観ていたら、自然とそれが私の役作りになっていたんだと思います。
大西礼芳『花と雨』-舞台挨拶第32回東京国際映画祭 と微笑ましいエピソードを語った。

SEEDAとの出会いについて

笠松さん:一言で片づけられない人。一番のエピソードが、クランクインの前日にSEEDAさんから2人で会いたいと言われて、何を言われるんだろうとドキドキしながら会ったんです。深夜に高速道路を走りながら“このシーンではあんなことがあったんだよ”“この時はこんな歌詞を書いたんだよ”といろいろと話してくれた。笠松さんにこの作品を託したいと言ってくれた時には、自分も期待に応えられるように一生懸命作ろうと思った。

とこの作品に懸ける意気込みを話した。


映画情報どっとこむ ralph 上映後に行われたQ&Aでは、笠松の起用に対して

土屋監督:オーディションのお芝居が圧倒的に良かったんです。お芝居の途中で“もういいです”と言ったらキレて帰っちゃって(笑)主人公そのままじゃないですか(笑)
と暴露。

仙人掌との練習に関しては
笠松さん:5ヶ月ぐらい。自分で撮影して送ったりしたんですけど、最初は褒めてくれるので調子に乗ってたんですよね。でも最後の1ヶ月スパルタでした。仙人掌さんの家に行ったり、深夜に電話したり、音楽以外でもいろいろ話しました。
と語る。上手い方が書くラップの違いは

土屋監督:役者さんは態度を売りにしているので、態度の大きさを表現できる人。」と監督。笠松は「僕が歌詞を書いたシーンがあって、それをSEEDAさんが足したり引いたりした。どんなジャンルでも引き算が上手な人が凄いんだと思いました。

とSEEDAさんへのリスペクトを伝えた。

この映画の見どころであるビジュアルや色について監督は「撮影の際も感情を色に表せるようにいろいろ試しました。」と撮影へのこだわりを話した。

映画情報どっとこむ ralph 『花と雨』

公式サイト
Phantom-film.com/hanatoame/

2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

『花と雨』
ストーリー

幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、”Hip Hop”と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も”Hip Hop”にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。
Hip Hopへの情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。
夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。これが、自分のやりたかったことなのか? 
吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えられるのか…。

映画情報どっとこむ ralph TIFF
<第 32 回東京国際映画祭 開催概要>
開催期間:2019 年 10 月 28 日(月)~11 月 5 日(火)
会場: 六本木ヒルズ、EX シアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか都内の各劇場及び施設・ホールを使用

公式サイト:
http://www.tiff-jp.net

©TIFF
東京国際映画祭
***********************************

出演:笠松将 
大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑

監督:土屋貴史 原案:SEEDA・吉田理美 脚本:堀江貴大・土屋貴史 音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS 

製作:藤田晋・中祖眞一郎
制作プロダクション: P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム  
(C)2019「花と雨」製作委員会 
   
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ