佐藤勝利、髙橋海人、モトーラ世理奈、星田英利、菅原伸太郎監督「ブラック校則」初日舞台挨拶

佐藤勝利、髙橋海人ら登壇!サプライズ満載の『ブラック校則』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「男女は1m以上離れる」「下着は白のみ着用可」「学校で歌謡曲を歌ってはならない」「授業中のトイレは男子1分、女子3分以内」等、生徒を必要以上に縛り付ける“ブラック校則”。本当にそれは必要な教育なのか?もはや単なる学校の体裁を守るための「生徒いじめ」ではないか――?

11/1(金)より公開となった映画『ブラック校則』は、ブラックな校則に縛られ不登校気味になっていたある女子生徒との出会いから、彼女を救うため、そして本当の自由を手に入れるために、ブラックな校則と戦う男子高校生を描く、笑って泣ける青春ストーリー。

そしてこの度、11月1日(金)の公開日に、主演の佐藤勝利さんをはじめ、髙橋海人さん、モトーラ世理奈さん、菅原伸太郎監督、そしてサプライズで星田英利さんが登壇し<初日舞台挨拶>を実施しました。
佐藤勝利、髙橋海人、モトーラ世理奈、星田英利、菅原伸太郎監督「ブラック校則」初日舞台挨拶
映画『ブラック校則』初日舞台挨拶
日時:11月1日(金) 
場所:丸の内ピカデリー
登壇:佐藤勝利、髙橋海人、モトーラ世理奈、星田英利(サプライズ登壇)、菅原伸太郎(監督) 

映画情報どっとこむ ralph ついに迎えた初日、MCの呼び込みでゲストが姿を表すと大きな拍手と歓声に包まれる。
座長として引っ張ってきた

佐藤さん:本気で映画面白かったという人だけ拍手してください。

と声をかけると、一際大きな拍手が会場に広がるのを見て

佐藤さん:そうかぁ。

と安堵の表情を浮かべ、

佐藤さん:今日はじめて映画を見た後のお客さんの前に立たせてもらったのですが、公開できて本当に良かった。

と感慨深げにコメント。また

佐藤さん:日々のことを我慢している人。実施に校則で生きづらい学生たち、大人の人でも。生きづらい世の中を生きているみなさんの後押しになればと思います。

と語り、さらに

佐藤さん:この作品に主演するのが決まったのを生前のジャニーさんに報告した時に『ユー本当にやるの?」と信じてもらえてなくて(笑)だからこそ僕にはとても大事な作品で、それが世の中に響いてくれるといいなと思います。

と熱い思いを込めた。

そして本作が映画初出演となって

髙橋さん:映画館の前を通った時に、これから公開される作品の中に『ブラック校則』があって、本当に僕映画に出るんだと思ってすっごく嬉しくて・・・この映画は親切で親切じゃない、その絶妙なバランスが大事なんじゃないかと思っていて、僕はこの作品が大好きです!

とコメント。

モトーラさん:撮影してから公開するまでがあっという間でもう公開かという感じなんですが、来年になっても・・・。

とポツポツと戸惑いながらゆったりと話す様子を見て、すかさず

佐藤さん:遅送りで聞いてるみたいな(笑)。クランクアップの時も2,3分くらい何も言わずにっていうのがありましたよね(笑)

と助け舟。

髙橋さん:”モトーラの間”っていうんですよ。これに圧倒されちゃうんですよ僕ら(笑)みなさん気をつけてください!気づいたらもうやられてますからね(笑)

とコメント。
和やかな空気になったところで

モトーラさん:来年になっても忘れないでほしいっていうことを言いたかったんです(笑)

と笑顔を見せる。そして、

菅原監督:今日映画を見ていただいて、もし面白かったという方は、この作品を色んな人に薦めていただけたら嬉しいです。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph ここで上映後のお客さんなら特に共感できるであろう、星田英利さんが演じていた、ブラック校則を使って生徒の自由を奪ってやりたい放題の”ブラック教師”手代木先生の存在感について。そんな手代木先生についての思い出に

佐藤さん:撮影の時はめちゃくちゃブラックなことをやってくるけど、(演じていた星田は)撮影の裏では現場を盛り上げてくれていい人でした。

と回想。そして

モトーラさん:本当に怖かったです・・・。

と言い終えるまもなく。

星田さん:オイコラ、何勝手なこと言ってんだお前らはオイ!!!

とどこからともなく怒鳴り声が。不穏な空気が流れるとなんと手代木役の星田さんがサプライズ登場。

突然の乱入に何も知らされていなかった佐藤さんらは驚きの表情で「え!?」と目を丸くする。
壇上に上がると星田さんは劇中の手代木さながら佐藤さん、髙橋さんを役名で呼び恫喝。モトーラさんに対しては
佐藤勝利、髙橋海人、モトーラ世理奈、星田英利、菅原伸太郎監督「ブラック校則」初日舞台挨拶 星田さん:町田ぁ!オマエ化粧してんな!!オイ!

と怒鳴り散らかす。しかし

星田さん:思いの外、反応がなくてびっくりしてる(笑)

と苦笑すると

佐藤さん:本当に知らされてなかったんでびっくりしすぎて・・・・

とフォロー。それでも

星田さん:お客さんも知らなかったのにこの反応だよ(笑)。

と言うとまた

佐藤さん:(お客さんも)いま映画観終わったばっかりなので本当に(星田さんのことが)怖いんですよ!

と再びフォロー。


そんな星田さんとの撮影時の思い出に

佐藤さん:僕が一番恫喝されたりひどいことされるんですが、その時は本当に怖かったですね。

と振り返る。すると、星田さんは、(撮影合間の控室となっていた)図書室で見かけた佐藤さんの不思議な行動をいじって反論。また星田さんは、扉を閉めるシーンで勢い余ってガラスが割れてしまい、自身だけでなく佐藤さんにも破片が飛びかかってしまった際に

星田さん:勝利くん大丈夫やった!?と心配すると「全然大丈夫です!血だらけですけど・・・いや嘘です嘘です(笑)」と言われて・・・、一瞬芸能生活が終わったかと思っいました!

と冷や汗ものだった失敗談を振り返りました。さらに髙橋さんには学校で撮影をしていた際に、夜に一人でトイレに行けない髙橋さんを驚かした時の髙橋さんの面白リアクションや、ライブで北海道に行った髙橋さんがくれたお土産が「山形の米沢牛のサラミ」だったという面白エピソードを次々披露し場内は大爆笑に包まれました!

そして、この日はさらなるサプライズとして、本作の脚本を手掛けた漫画家の此本和津也によるサプライズプレゼント、描き下ろし漫画のお披露目。スクリーンいっぱいに映された佐藤さん、髙橋さん、モトーラさん演じたキャラクターの漫画を見てキャストは大喜び。急遽漫画のセリフに合わせて三人の即興芝居がはじまる。ノリノリで立ち位置や演出をつける菅原監督の合図で、即興芝居がはじまると、劇中のキャラクターになりきって素晴らしい即興芝居をやり遂げ、会場から大きな拍手が鳴り響く。

最後に
佐藤勝利「ブラック校則」初日舞台挨拶 佐藤さん:この作品は本当に色んな人に見ていただけたら良いなと思っているし、見てくださった皆さんは本気でこの作品が良かったから拍手してくださったと思っているので、まだ見てない方にもぜひ薦めていただき、この作品が色んな人に評価されていったらいいなと思います。

と力強いメッセージを投げかけて、舞台挨拶を終えた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ブラック校則』

<映画>大ヒット公開中!×<ドラマ&Hulu>放送中&配信中!

ブラックな校則に立ち向かう主人公・創楽(そら)を演じるのは、本作が映画単独主演初となるSexy Zoneの佐藤勝利。創楽の親友・中弥(ちゅうや)役に、本作が映画初出演のKing & Princeの髙橋海人。その他、ヒロイン希央(まお)役にモトーラ世理奈、
田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)、箭内夢菜、堀田真由ら、今旬の人気若手俳優が集結した。
ダメな自分でも、何かに、変わることができる。ちっぽけな自分でも、何かを、変えることができる―。そんな想いを持った創楽&中弥コンビが、
奇想天外、ユニークな方法でブラック校則と戦います。


【STORY】
さえない青春を生きていた高校生・創楽(佐藤勝利)と親友の中弥(髙橋海人)。彼らが通う高校には理不尽に生徒を縛り付ける校則=“ブラック校則”がはびこっていた。ある朝、登校してきた1人の女子生徒に創楽は心を奪われる。彼女の名前は希央(モトーラ世理奈)。生まれ持った美しい栗色の髪を黒く染めるよう強要された希央は、反発して不登校となり、退学寸前に。そして創楽と中弥は決意する。「ブラック校則をぶっ壊す!」。
1人では何もできなかった2人が、恋するあの子のため、そして500人の生徒の青春を取り戻すために、ブラック校則と大人たちに立ち向かう!恋と友情の行方は?果たしてブラック校則は?

***********************************


出演:佐藤勝利(Sexy Zone) 髙橋海人(King & Prince)
モトーラ世理奈 田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.) 箭内夢菜 堀田真由 葵揚 水沢林太郎 達磨
成海璃子 片山友希 吉田靖直 戸塚純貴 星田英利 坂井真紀 / 光石研 でんでん / 薬師丸ひろ子
脚本:此元和津也 監督:菅原伸太郎 音楽:井筒昭雄
主題歌:Sexy Zone「麒麟の子」(ポニーキャニオン)
企画製作:日本テレビ/ジェイ・ストーム 
配給:松竹
©2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ