「Soup Stock Tokyo」創業者 遠山正道1029「最初の晩餐」トークイベント

Soup Stock Tokyo創業者 遠山正道 登壇 映画『最初の晩餐』公開記念トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 染谷将太主演、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが家族になる映画『最初の晩餐』が、2019年11月1日(金)より、全国公開!本作は、父の遺言であった“目玉焼き”から始まる唯一無二の“通夜ぶるまい”を通じて<家族になる瞬間>を過去と現在を織り交ぜながら、丁寧に描いて行く。

そして、この度『最初の晩餐』公開を記念して常盤司郎監督と食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」創業者 遠山正道氏が登壇し、映画『最初の晩餐』の特別な”通夜ぶるまい”について語りました。
「Soup Stock Tokyo」創業者 遠山正道1029「最初の晩餐」トークイベント

映画『最初の晩餐』公開記念トークイベント概要
日時:10月29日(火)
会場:角川試写室
登壇:「Soup Stock Tokyo」創業者 遠山正道氏、常盤司郎監督

映画情報どっとこむ ralph 公開を記念し、食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」創業者の遠⼭正道⽒と、本作で長編映画デビューを果たした常盤司郎監督によるトークイベントが開催。

本作は、CMやミュージックビデオ、短編映画などで国際的に高い評価を受けている常盤監督が構想7年をかけて完成させた長編映画デビュー作。常盤監督と親交の深い遠山氏は本編を鑑賞し「僕の好きな『鎌田行進曲』を超えた。家族とは何なのか?家族の一人一人が積極的に絆を構築していくのが家族だというメッセージを受け取った」と感銘を受けたよう。常盤監督も「観る人によって変わっていく映画。200人いたら200通りの家族の思い出があるはず。この作品を観ると、自分の家族について考えざるを得ないと思う」と期待を込めた。

遠⼭氏は<総合芸術である映画を作る>監督業に憧れがあるそうで「映画を作って、その作品の世界を全部わかっているのは監督。本作の脚本を読ませてもらったけれど、みそ汁について言い合うシーンが意外にサラッと書かれていて驚いた」と普段あまり目にすることのないシナリオの構成に興味津々。常盤監督は「脚本を書いているときに僕も、そして脚本を読んだ俳優も、作品の完成形の画は見えています。脚本は小説と違って淡々と読めるけれど、頭の中で肉付けをして見ると感情が入る。出演者も『脚本が面白い』という理由で集まってくれました」と映画の設計図である脚本の完成度に胸を張った。本作で描かれる“食”について遠山氏は「映画の主題だし、重要な主役。家族の物語を食に集中させていて、目玉焼き一つにしても登場人物それぞれによって印象も異なる。そこから話が広がっていくのも面白い。食は万国共通だからテーマとしてもいい」と絶賛。また遠山氏は好きな食べ物について聞かれると「トウモロコシと鳥のモモが好き。子供の頃からの大好物」と意外なチョイスで笑いを誘った。

常盤監督は“食”をテーマにした理由について「家族のことを振り返るとき、食が関係していることが多い。劇中で描かれる焼き芋が爆発するエピソードも実体験。僕が本当に嫌いな食材も劇中に出てきます。家族で囲んだ食卓での会話も、無言もすべて記憶であり、家族との思い出。食にまつわる家族の記憶が異常に多い」と自らの体験を劇中に反映していることを明かしていた。

日本映画界珠玉の実力派が織りなす、静かながら胸を震わせる家族の物語。この秋最も注目の1作『最初の晩餐』は、11月1日に全国ロードショー。

映画情報どっとこむ ralph 主人公・麟太郎役にはヴェネチア国際映画祭で日本人初となるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した『ヒミズ』を始め、幅広い作品で多彩な顔を見せる実力派・染谷将太。その姉・美也子役に2019年後期 NHK連続テレビ小説「スカーレット」でヒロインを務める戸田恵梨香。兄シュン役にはマーティン・スコセッシ監督の『Silence-沈黙-』の窪塚洋介。さらに母・アキコ役に斉藤由貴、父・東 日登志役に永瀬正敏と、圧倒的な存在感を見せる。また、戸田恵梨香演じる美也子の少女時代を新海誠監督の最新アニメ『天気の子』(公開中)のヒロインに抜擢された森七菜が、白石晃士監督『地獄少女』(11月15日公開)でメインキャストの一目蓮役をオーディションで射止めた楽駆が窪塚洋介演じるシュンの青年時代を演じるなど、若手俳優陣の瑞々しい演技も注目ポイント!監督は「サザンオールスターズ」のドキュメンタリー映画をはじめ、CMやミュージックビデオ、短編映画など、国際的に高い評価を受けている常盤司郎監督。構想7年、渾身のオリジナル脚本の本作が満を持しての長編映画デビュー作となる。

映画『最初の晩餐』

公式HP:
saishonobansan.com

染谷将太 戸田恵梨香 窪塚洋介 斉藤由貴 永瀬正敏『最初の晩餐』ポスター

《STORY》
忘れられない味で僕らはもう一度、家族になった。

カメラマン東麟太郎(染谷将太)は父・日登志(永瀬正敏)の葬儀のために故郷へ帰ってきた。姉の美也子(戸田恵梨香)と準備をする中、母・アキコ(斉藤由貴)が、通夜ぶるまいは自分で作ると言い出した。やがて運ばれてきたのは、目玉焼き。親戚たちがざわつく中、麟太郎は気がつく。「これ、親父が初めて作ってくれた、料理です」なつかしい手料理を食べるたび、思い出が麟太郎たちの脳裏によみがえってくる。20年前に父と母が再婚した日、連れ子の兄シュン(窪塚洋介)と5人で暮らした日々のこと……。止まっていた家族の時が今、ゆっくりと動き出す。

***********************************

染谷将太 戸田恵梨香 窪塚洋介 斉藤由貴 永瀬正敏
   森七菜 楽駆 牧純矢 外川燎 池田成志 菅原大吉 カトウシンスケ 玄理 山本浩司 小野塚勇人 奥野瑛太 諏訪太朗

監督・脚本・編集:常盤司郎 企画・プロデューサー: 杉山麻衣 プロデューサー: 森谷 雄/鈴木 剛 共同企画:中川美音子 音楽:山下宏明
撮影:山本英夫 照明:小野 晃 美術:清水剛 装飾:澤下和好 録音:小宮元 衣裳:宮本茉莉 ヘアメイク:橋本申二 小道具:尹 恵嫄 フードコーディネーター:赤堀博美  VFX:本田貴雄 助監督:丸谷ちひろ 制作担当:金子堅太郎 音楽プロデューサー:鮫島充
協力:信州上田フィルムコミッション/上田市/上田市のみなさん製作:『最初の晩餐』製作委員会 製作プロダクション:アットムービー 宣伝:ミラクルヴォイス 配給:KADOKAWA 

2 0 1 9 年 / 日 本 / 1 2 7 分 / カラ ー / ヴィスタ サイズ / 5 . 1 c h /
©️2019『最初の晩餐』製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ