第三夫人と髪飾り_上野千鶴子氏トーク

映画情報どっとこむ ralph 世界の巨匠たちがその才能を認めたアッシュ・メイフェア監督の衝撃のデビュー作『第三夫人と髪飾り』が、Bunkamura ル・シネマ他で絶賛公開中です。

映画ヒット記念<上野千鶴子氏トークイベント>が行われ、物議と絶賛入り乱れた、メイフェア監督衝撃のデビュー作について、女性学、ジェンダー論の第一人者であり、社会学者・東京大学名誉教授である上野千鶴子さんがたっぷり語りました。
第三夫人と髪飾り_上野千鶴子氏トーク

R15指定の映画です。15歳以上の方のみの閲覧でお願いします。

映画情報どっとこむ ralph 届いている。監督のアッシュ・メイフェアさんはこれだけの若さで(現在34 歳)、こんな映像美を作れるなんて本当にすごいと思います。描かれていることを、遠い時代の遠くの世界の話だと思わないで欲しいんですね。これは監督の曾祖母の経験に基づいて作られた話ですが、私たち日本人だって、曾おばあちゃんの時代はこんなもんですよ。日本でいう明治時代ですが、娘しか産まない女には価値がない、生殖力の強い女性を妻にしていくという時代だった。明治天皇には側室が16 人いました。明治の時は、映画と同じで10 代で嫁ぐのが普通。私の祖母は16 歳で嫁いで子どもを産んで19 歳で離婚していました。他に妻妾同居の人もいましたし。歴史的には普通にあったことで日本もあまり変わらなかったんですよね」

「この映画を観ていると、すごくハラハラドキドキして事件が起きるんじゃないかと思うシーンがあるでしょう? 狭い世界でもとても濃密な関係があって。私は、あの秘密の恋がばれたらどうなるんだろう。

メイちゃん(第三夫人)が流産していまうんじゃないか。あと、舅が息子の妻たちにいつ手を出すのではないかとハラハラしていました。日本でもざらにあったことですが、家の嫁に対する性的な権利は夫だけでなく舅も持つのです。こうやってみていくと、本当に大変な抑圧を描いている映画なのだけれど、それをこの美しい映像と共に淡々と描きだして、すごい監督だな~と思いましたね」「メイフェア監督はご自身もかなり波乱にとんだ人生を送った方で、13 歳の時、お母さんが11 歳の妹を連れてアメリカに移住しちゃったんですね。

それで彼女はひとりオーストラリアの寄宿学校に預けられた。オーストラリアからオクスフォード大学に進んで、その後ニューヨーク大学で映像を勉強して映像作家になった。かつての敵国で監督になったということもすごい。女性学、ジェンダー論の第一人者上野千鶴子氏が語る 『第三夫人と髪飾り』男児を産むことだけが女性の役割だった時代。彼女たちはなにを想い生きたのかそして、彼女にとっての母国ベトナムを舞台にしたこの傑作を、ベトナムで上映したらなんと4日で上映をやめてしまった。それをご存じの方はどれくらいいらっしゃる?」
(会場でほとんどの手が上がると)
「みなさん、さすがですね!」
「日本でもネットニュースに載っていましたけど、性的に非常に厳格な社会で、当時13 歳だったメイちゃん(メイ役のグエン・フオン・チャー・ミー)の演じた役について、母親が金で娘を売ったというネット上の悪評を立てられて、そのバッシングの嵐に耐えられなり、チャー・ミーさんとお母さんを守るために監督ご自身で上映中止を決めた。でもこの映画のセックスシーンの何が問題だったのでしょう」

チャー・ミーはオーディションの時、メイ役は自分の為にあると母親を説得し、監督に直接電話をかけてきてそれを訴えた。メイ役には
約900 人の少女をオーディションしていたが、監督はそのチャー・ミ
ーの勇気と行動を受けてもうこの子しかいないとキャスティングした
経緯がある。
「13 歳をバカにしちゃいけませんよ。だって1 世紀前の13 歳は映画と同じ経験をしたわけですから。彼女を起用したというのはすごいことだと思います。素晴らしいキャスティング」
「『第三夫人と髪飾り』は、監督の曾祖母の時代の話ですが、曾祖母、祖母、母、メイフェアさんの時代と、ベトナムは、仏領、独立後、南北分断、戦争と、本当にいろんなことがあって歴史に翻弄されてきました。メイフェアさんは自分史が宝の山、埋蔵資源をいっぱい持っている。次にどんなことをやってくれるんだろうと期待が高まります。これから先もフィルモグラフィーを追いかけていきたい監督。皆さまも先物買いですね」

映画情報どっとこむ ralph お客様と一緒に映画をご覧になられていた上野さん。

客席からそのまま舞台に上がると「いや~、素晴らしかったですね!」と映画の興奮そのままにトークがスタート。「小物、水、蚕などディティールが行き

『第三夫人と髪飾り』

公式サイト:http://crest-inter.co.jp/daisanfujin/

Bunkamura ル・シネマ他全国順次公開中

移りゆく季節。色づく予感。女たちのドラマが今、幕を開ける―。
第三夫人と髪飾り
【STORY】
19 世紀の北ベトナム。14 歳のメイはその地を治める富豪のもと
に、三番目の妻として嫁いでくる。一族が暮らす大邸宅には、唯一の息子を
産んだ穏やかな第一夫人、3 人の娘を持つ美しい第二夫人がいた。まだ無邪
気だったメイは、この家では世継ぎとなる男の子を産んでこそ“奥様”にな
れることを知る。やがてメイは妊娠。出産に向けて季節が流れる中、第一夫
人も妊娠していることが発覚。時を同じくしてメイは、第一夫人のひとり息
子ソンと、第二夫人のある秘密を知ってしまう。

***********************************

監督:アッシュ・メイフェア 出演:トラン・ヌー・イェン・ケー、グエン・フオン・チャー・ミー、マイ・トゥー・フ
オン(Maya) 美術監修:トラン・アン・ユン 2018 年/ベトナム/93 分
配給:クレストインターナショナル
R15+

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ