映画情報どっとこむ ralph BL(ボーイズラブ)に特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」より、また新たな劇場アニメの公開が決定しました。
今回解禁されたのは、沖縄の離島を舞台に、小説家の卵と少年の初々しい恋愛を描く、紀伊カンナ原作「海辺のエトランゼ」(祥伝社刊)。

元アニメーターでもある紀伊カンナの繊細なイラストや、二人の登場人物の愛しい恋模様、二人をやさし包み込む沖縄の人たちや風景といった多くの要素が詰まった本作品。

読み終わった後は必ず多くの人たちが「癒された」と心を掴まれました。

そしてついに、「BLUE LYNX」3作目の作品としてファン待望の劇場アニメ化となります。

作者・紀伊カンナ先生より、映画化に向けたビジュアル&コメントのほか超特報映像も解禁となりました。
海辺のエトランゼ

映画情報どっとこむ ralph <<原作者・紀伊カンナ先生のコメント全文>>

こんにちは、紀伊カンナです。

この度、読者の皆さまのおかげでエトランゼが映像化されます!私もスタッフのみんなと一緒に制作中です。本来はここに何かいいコメントを打たなければいけないのですが会議でも、打ち合わせでも、作画フロアでも、もらったお菓子を食べていた事ばかり思い出されます。原作者は概ねお菓子しか食べてないですが、スタッフのみんなはいいものを作ろうと日々がんばってくれています。そんな穏やかなスタジオと、ゆかいなスタッフによって練り上げられてる新しいエトランゼの世界、お披露目はもう少し先になりますがどうぞお楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph 『海辺のエトランゼ』 
2020年夏 劇場アニメ化決定!

公式サイト:
etranger-anime.com
公式Twitter:
@etranger_anime

心が、洗われるようなボーイズラブ。

小説家の卵の橋本駿と海辺に物憂げに佇む少年、知花実央。そんなふたりの初々しくも、もどかしい関係を描き、多くの読者の心をとらえたコミック「海辺のエトランゼ」(紀伊カンナ作・祥伝社刊)が、2020年夏、ついにBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて劇場アニメとなる。

アニメ化にあたって、作者・紀伊カンナ本人が監修、キャラクターデザインを担当。制作は2Dおよび3Dアニメーションを主軸とした映像制作を行っている、老舗スタジオのスタジオ雲雀。そして監督を務めるのは、「ダンガンロンパ The Animation」の演出を担当し、『宝石の国』1巻発売記念フルアニメーションPVなどで瑞々しい演出力を見せた大橋明代。

ふたりのドラマと美しい沖縄の自然を、光、色彩、音、すべてにこだわり丹念に描く。静かにくり返す波の音。満天の星空。ゆったりと流れていく時間。訪れたものすべてを包み込む沖縄の離島で、純粋で、あたたかく、でも不器用なふたりの恋が育まれる。

***********************************

【STAFF】
原作:紀伊カンナ 「海辺のエトランゼ」(祥伝社on BLUE comics)
監督・脚本・コンテ:大橋明代
キャラクターデザイン・監修:紀伊カンナ
アニメーション制作:スタジオ雲雀
配給:松竹ODS事業室
(C)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会
【原作権利表記】
(C)紀伊カンナ/祥伝社 on BLUE comics

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ