映画情報どっとこむ ralph 10月18日(金)から11月4日(月・休)までの期間「日比谷シネマフェスティバル」を開催しています。昨年、約140万人が来場した一大エンターテインメントイベント「日比谷シネマフェスティバル」では、最新技術と映画のコラボレーションの実現や、日本映画を字幕付きで上映する国際映画祭「トロント日本映画祭」を日比谷でも開催。普段は静かな空間で観ることの多い映画を、屋外大型スクリーンを中心に“観る”だけでなく“参加する”ことにもこだわったフェスティバルです。

開幕から7日目となる本日「トロント日本映画祭映画 in 日比谷」では、『ウスケボーイズ』の柿崎ゆうじ監督に加え、出演の出合正幸さん、竹島由夏さん、伊藤つかさんが登場し、舞台挨拶を行いました。
日比谷シネフェス「ウスケボーイズ」舞台挨拶1024
日時:10月24日(木)
会場:東京ミッドタウン日比谷
登壇:柿崎ゆうじ監督、出合正幸、竹島由夏、伊藤つかさ

映画情報どっとこむ ralph 出合さん:この映画が初めて公開されてから約1年数か月、このように日比谷で見ていただけるのは非常に嬉しく思います。
僕は醸造家の役を演じました。この話を聞いた時に、初めて、ワイン・お酒の勉強をしました。それ以前は、お酒が飲めず、この役作りをしていく上、ワインが好きになりまして、今まで一滴も飲めなかったのが、飲めるようになり、
今では家で飲むまでに好きになりました。この映画を見て、ワインを飲んでみたい、飲みたいな、と思っていただけると嬉しいです。
日比谷シネフェス「ウスケボーイズ」舞台挨拶1024

伊藤さん:日本のワインというと、私が20代の頃は、ちょっと甘くてどうなのかな、食事に合わせるのはどうかな、という印象だったのですが、今では“日本のワインはこんなにおいしくなったんだ”と思えて、(この映画は)それがよくわかる作品になったなと思っています。普段ワインがどう造られてるかわからないと思いますが、この作品をご覧になって、そういうところもわかって楽しんでいただけたら、と思っています。
日比谷シネフェス「ウスケボーイズ」舞台挨拶1024

竹島さん:この映画の中で、女性の醸造家を演じました。この作品の(舞台になっている)1999年の頃は、女性の醸造家は日本にほとんどいらっしゃいませんでした。私の役のモデルの方は、今でもワインを造っている方なのですが、「日本でワインを造りたい。ぶどうから、ヨーロッパと同じようにイチから造りたい」と今でも夢を追いかけていらっしゃる女性の醸造家を演じました。この作品は、ワインに人生をかけて、命をかけて、おいしいワインを造ろうと一生懸命に生きてきた人たちの物語です。見ていただいたらきっと、心に響くセリフやシーンがあると思います。この映画で日本ワインを理解していただいて、今夜は日本ワインで乾杯していただいたら嬉しいです。
日比谷シネフェス「ウスケボーイズ」舞台挨拶1024

柿崎監督:この企画に参加できたこと、心から嬉しく思います。8月にトロント日本映画祭に、ご招待いただき、行って参りました。この映画は、西洋で発達したワインを、日本人が日本のワインとして作り上げた物語です。日本映画とトロントの皆さんと色んな意味で交流ができて、非常に楽しい時間を過ごしました。この映画は、ワインだけでなく、友情、家族の愛、子弟愛を描いています。そこは世界共通だと思います。この映画を見て、ぜひ、ワインで乾杯していただければ。
日比谷シネフェス「ウスケボーイズ」舞台挨拶1024

『ウスケボーイズ』
桔梗ケ原メルローを生んだワイン会の巨匠“麻井宇介” 思想を受け継ぎ、日本ワインの常識を覆した革命児たち
主演はワイン造りに苦悩しながらも実直な青年・岡村を演じた渡辺大。「ワイン友の会」の仲間であり、岡村と共に麻井宇介の思想を受け継ぐ城山役に出合正幸。実家のワイナリーでワイン用ぶどう栽培にチャレンジする高山役に内野謙太。仲間と最高のワインを造る夢を追いかける上村役に竹島由夏。ウスケボーイズのワインを世界に広めるソムリエ坂田役に和泉元彌、岡村のワインに魅せられ、ぶどう畑で働き始める稲田美樹約に安達祐実。そして、レジェンド麻井宇介に橋爪功。監督は、マドリード国際映画祭最終週作品賞3年連続受賞、モントリオール世界映画祭り招待上映、ロンドン国際フィルムメーカー映画祭最終週編集賞など国際映画祭で高評価を得ている柿崎ゆうじ。第16回小学館ノンフィクション対象を受賞した河合香織著「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」。原作から生まれた本作が、芳醇なヒューマンドラマをお届けいたします。

©2018 河合香織・小学館/カートエンターテイメント

映画情報どっとこむ ralph <「トロント日本映画祭 in 日比谷」>

トロントの日系文化会館で毎年開催し今年8回目を迎えた、北米最大級の邦画にフォーカスした映画祭「トロント日本映画祭」とタッグを組み開催をする屋外映画上映。今年6月のトロント日本映画祭で上映された映画の中から、8作品をセレクトし、大型ビジョンで英語字幕付きの上映をします。邦画のすばらしさを発信するとともに、外国人の方に邦画を楽しんでもらう機会として、都心で初めてとなる日本映画の祭典です。リラックスエリアも登場し、都心の真ん中で上質な映画体験が楽しめます。2019年大ヒット作“翔んで埼玉”をはじめ、全8作品を大型ビジョンで無料上映します。

実施期間:10月18日(金)~10月27日(日)19:00~21:00 ※作品により異なる
会   場: 日比谷ステップ広場 ※雨天中止または順延
入場料 :無料

【上映スケジュール一覧】

10/25(金)『ねことじいちゃん』
10/26(土)『かぞくいろ』吉田康弘監督 挨拶予定★
10/27(日)『ビブリア古書堂の事件手帖』三島有紀子監督 挨拶予定★

※監督挨拶は、19:00~ 雨天時はアトリウムでの実施となります。

映画情報どっとこむ ralph <第32回 東京国際映画祭 日比谷会場>
アジア最大級の国際映画祭「第32回東京国際映画祭」の会場の一つとして、「映画・演劇の街」日比谷では、今年も屋外で映画を無料上映します。東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場に、高精細・国内最大級の屋外用LED、高音質の音響を設備した巨大ビジョンが出現します。会期中のイベントはすべて入場無料で、「最高の映画体験」をお楽しみいただけます。

実施期間:2019 年10 月28日(月)~11 月4 日(月・休) 予定
会場:日比谷ステップ広場 ※雨天中止または順延
入場料:無料

【第32回東京国際映画祭 日比谷オープニング上映】
実施日:2019年10月28日(月)

【東京国際映画祭 屋外上映会】
実施期間:2019 年10 月28 日(月)~11 月4 日(月・休)

【ゴジラ・フェス 2019】
実施日:2019 年11 月3 日(日)
内 容:「ゴジラの誕生日」に合わせて始まった多数の来場者を集める人気イベントです。
★会場内にはゴジラにちなんだ飲食ブースも展開★
※会場は屋外となるため、雨天・荒天の際は中止となる場合もございます。

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ