第16回ラテンビート映画祭11/7より東京・横浜・京都・大阪の4都市で順次開催!


映画情報どっとこむ ralph 今年16 年目を迎えるスペイン&ラテンアメリカ映画の祭典「ラテンビート映画祭(LATIN BEAT FILM FESTIVAL2019)」が、11 月7 日(木)より東京、京都、横浜、大阪の4 都市4 会場で順次開催となります。本映画祭は、ラテン各国の最新作を含む選りすぐりの作品を映画館で観ることのできる貴重な映画祭です。

ラテンビート映画祭
今年のラインナップは、スペインのホナス・トルエバ監督の『8 月のエバ』、チリの巨匠アンドレス・ウッド監督のポリティカル・サスペンス『蜘蛛』、2020 年の米国アカデミー賞国際長編映画賞部門コロンビア代表作『猿』、東京国際映画祭でコンペティション部門にノミネートされているスペイン映画『列車旅行のすすめ』などの話題作が目白押し。さらに、東京国際映画祭共催企画として『戦争のさなかで』と『ファイアー・ウィル・カム』の2 作品を上映する他、昨年に続いてブラジル映画特集「Ⅱ CINEMA DO BRASIL」では、サン・セバスティアン国際映画祭で主要3 部門を受賞した『ファヴェーラの娘』や各国の映画祭で話題の女性映画『見えざる人生』、異色のSF 作『神の愛』の3作品を上映します。京都会場では、過去に本映画祭で上映し好評を博した女性監督作品をピックアップしてリバイバル上映いたします。毎年恒例の来日ゲストによる舞台挨拶ティーチインも予定しております。


また、今年はスペインの文化や生活様式の体験を通じて人々を結びつけるイベント「BARRIO LITTLE SPAIN」を、品川と我孫子で開催します。スポーツイベント、音楽、ブックフェア、アート、短編映画の上映などと共に、スペインの様々な地域の食事や飲み物を楽しめる「美食の旅」に誘います。お子様がピンチョスやタパスを作るためのワークショップ、スペインのお祭り用の衣装に身を包んだフランメンコ舞踏がイベントをさらに盛り上げます。


映画情報どっとこむ ralph 【ラテンビート映画祭開催概要】
(東京) 新宿バルト9 11 月7 日(木)~10 日(日)、15 日(金)~17 日(日)
東京都新宿区新宿3 丁目1-26 新宿三丁目イーストビル9F
03-5369-4955(自動音声案内による24 時間受付)
(京都) 京都文化博物館 11 月22 日(金)〜24 日(日)
京都市中京区三条高倉 075-222-0888
(横浜) 横浜ブルク13 11 月29 日(金)~12 月1 日(日)
神奈川県横浜市中区桜木町1 丁目1-7 コレットマーレ6F
045-222-6222(24 時間自動音声案内)
(大阪) 梅田ブルク 7 12月6日(金)〜12月8日(日)
大阪市北区梅田1-12-6 E - MA(イーマ)ビル7F
06-4795-7602(24 時間自動音声案内)
チケット情報:回数券 数量限定販売中 3,600円(税込) ※日時作品未指定/3枚綴り
<販売場所:新宿バルト9 横浜ブルク13 梅田ブルク7>
前売券(日時作品指定) 通常作品一律1,500円(税込) 10月26日から販売
<販売場所:オンラインチケット予約KINEZO/アプリキネパス/劇場窓口>
当日券・1回券(日時指定):一般1,700円 大学生・高校生・専門学校生:1,500円
小人(3歳〜中学生)、シニア(60歳以上)、障がい者手帳をお持ちの方、障がい者手帳をお持ちの
方の同伴者(1名様まで):1,000円/新宿バルト9・梅田ブルク7では、高校生は1,000 円で鑑賞可
※上記チケット情報は東京・横浜・大阪会場のみ適用です。京都は使用不可でございます。
主催:LBFF実行委員会 プロデューサー・プログラミングディレクター:アルベルト・カレロ・ルゴ
会場運営:(株)ティ・ジョイ

オフィシャルサイト:
http://www.lbff.jp

オフィシャルTwitter:
@LBFF_2019

***********************************




関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ