映画『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア

超特急カイ、リョウガ、ユーキ、タカシ登壇『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph タロン・エガートンが主演に大抜擢され話題となったアクションエンターテイメント『フッド:ザ・ビギニング(原題:Robin Hood)』が10月18日に公開いたします。

この度本作の公開を記念して、応援隊長である超特急が登壇するジャパンプレミアを実施いたしました。カイ、リョウガ、ユーキ、タカシの4人はフッドのコスチュームに身を包んで伝説のヒーロー“ロビン・フッド”になりきって登場!さらに本作の最大の見どころであるアクロバティックな弓矢使いに生挑戦! 15秒間で的に何本弓を射ることができるかを競う早打ちショットで誰が一番ロビン・フッドに相応しいかを競います。さらに主人公ロビンの表の顔と裏の顔を描いた本作にちなみ、超特急の皆さんに表の顔と裏の顔をぶっちゃけたトークを披露していただきました。
映画『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア
映画『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア
日時:10月10日(木)
場所:ヒューリックホール東京
登壇:超特急(カイ、リョウガ、ユーキ、タカシ)

映画情報どっとこむ ralph 超満員の会場に、本作の応援隊長に任命された超特急のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが黄色い歓声に迎えられ客席から登場!今日のイベントのために、ロビン・フッドを意識した顔を隠したマスクとフードのある衣装で登壇したメンバーだが、リョウガは「こんな大きな映画の応援隊長を僕たちが務められると思っていなかったので光栄です。ヒーローは勿論のこと、反逆者となってこの映画を盛り上げたいと思いますのでよろしくお願いいたします!」と応援隊長に就任した気持ちを述べた。

作品を観た感想について問われると、カイは「タロン(・エガートン)が演じるロビンがとにかくカッコいい!表向きは領主なんですが、裏の顔は盗賊で、領民のために盗賊になって悪事を暴こうとする姿が正義に溢れている!タロンの愛嬌とユーモアがあふれていて愛すべきカリスマだなと思いました。」と、劇中のロビンだけでなく、演じているタロンがカッコいいとメロメロの様子。

映画が好きなリョウガは「アクション映画を観ることが多いんですが、今まで観た中でも超越している作品。弓矢のアクションがとてつもなくカッコいい!弓やアクションのイメージは遠距離戦だと思うんですが、この作品では接近戦をしていて本当にカッコいいんで惚れ惚れしてしまう。」と、映画好きだからこその目線でアクションの魅力をアピール。
映画『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア_超特急リョウガ
ユーキは「アクションだけでなくラブストーリーも印象的です。冒頭に注目してください。かなり熱いんです!とにかくロビンが一途で…皆さんも一途な男は好きですよね?素晴らしいほどロビンがカッコいいんです!タロン自身も歌もアクションもできるし、そんな素晴らしい男が演じている映画だから悪いところが見つからない!」と大絶賛!
映画『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア_超特急ユーキ
タカシは「『フッド:ザ・ビギニング』を通してロビン・フッドって本当にカッコよかったんだと知ることができました。アクションもですが、ロビン・フッドになるまでの軌跡やストーリーがあるので、そこにも注目していただけたら!よろしくお願いします!」と応援隊長らしくアピールした。
映画『フッド:ザ・ビギニング』ジャパンプレミア_超特急タカシ
本作でタロンが演じるロビン・フッドは表と裏の2つの顔を持っているということで、メンバーの表の顔がアーティストだとしたら裏の顔はどのようなものなのかとMCに問われると、カイはゲーム好きのリョウガがパンツ一丁でゲームをしていることに加え、仕事でフランスに行ってメンバーを恋しがっているユースケに対してパンツ一丁の写真を送り付けたことを暴露。リョウガが「ある意味反逆者になってしまう(笑)」と赤面する一幕も。

また、リョウガはカイがクールな見た目とは裏腹に、少年のような可愛い一面を持っていることを明かし、ユーキはタカシが実はライブが終わるとほんわかしていてゆるキャラであることを明かし「一家に一台欲しい。」と愛あるコメントを贈る。また、タカシはユーキについてドジっ子担当だがダンスリーダーをやっておりライブの演出も手がけていてカッコいいと語った。

続いて、 “フッド:ザ・チャレンジ”と題して、応援隊長の超特急が映画の中で登場する弓やアクションに挑戦したプロモーション動画の話題に。タカシは「練習では出来なかったんですが、力を抜いて本番をやってみたら一発で成功して、自分でも驚きの結果になった!」と的を見ないで狙う“ノールックshot”について振り返り、リョウガは「トランポリンで飛んでいて見た目はシュールですが(笑)、矢の部分がジャンプすることで浮いてしまって、天井に飛んでいったり、エアコンの隙間に刺さったりして・・・的を射抜いた時は爽快感があってやりがいを感じました!」とトランポリンで飛びながら的を狙う“フライングshot”で苦労したことを明かす。ユーキは「手先が不器用なんですが、意外にも成功することができて安心しました。劇中でロビンが早射ちしていますが、実際やってみると難しい。どれだけすごいことなのか実感しました!」と15秒で的を狙う“早射ちshot”について語り、カイは「物陰に隠れてジャンプするのをロビンは1発でやってますが、すごく難しいんです。最後無事に成功して、一瞬だけでもロビン・フッドになった気分だった。」と柱の陰から横跳びをしながら的を狙う“アクロバットshot”についてのエピソードを教えてくれた。

映画情報どっとこむ ralph そして、なんと習得した弓矢アクションを本イベントで披露してくれることに!メンバーが15秒でどれだけ早く打てるかをチャレンジし、カイは矢をつがえるのに苦戦しながらも2本、リョウガはロビン・フッドになりきりマスクをして挑戦しカイと同様の2本という結果に。タカシは綺麗なフォームで3本を射抜き、ユーキは素早い動きで見事最多4本を射抜いて観客を沸かせた。

メンバーたちは「早打ちって難しい。ロビンは敵がいてやっているから本当にカッコいい!(カイ)」、「的を射抜いたときは本当に気持ち良い。これを機に皆アーチェリーをやってみて欲しい(リョウガ)」、「アーチェリーをやるといかに緊張しているかが分かる。一発チャレンジで度胸試しになる(タカシ)」、「普段弓に触れることがないけど、2020年にはオリンピックもあるので、是非安全な場所で皆にもチャレンジして欲しい(ユーキ)」と、思い思いに弓矢アクションについてコメントを寄せた。


最後に、メンバーを代表してユーキが「今回の『フッド:ザ・ビギニング』を観て、僕たちのインスタに感想を送っていただけたら嬉しいです!(僕が気に入っている)冒頭に注目してもらいつつ、爽快感溢れるアクションがすごいのでぜひ楽しんでください!最後の最後まで面白いので!」と本作のアピールをし、イベントは熱気に包まれる中幕を閉じた。


『フッド:ザ・ビギニング』は、10月18日(金) TOHOシネマズ 日比谷 他全国ロードショー

公式サイト:
Hood-Movie.JP
Twitter:
@HoodMovieJP

***********************************


製作:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイヴィソン
監督:オットー・バサースト/出演:タロン・エガートン、ジェイミー・フォックス、イヴ・ヒューソン、ベン・メンデルソーン / ジェイミー・ドーナン
2018年/アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/1時間56分/日本語字幕:松崎広幸/原題:ROBIN HOOD/配給:キノフィルムズ/木下グループ
映倫区分:G
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ