英題:CHAMPIONS『だれもが愛しいチャンピオン』[1]

あらゆる観客の想像を軽々と超えた奇跡のラストへ『だれもが愛しいチャンピオン』場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph プロのバスケットボール・コーチとハンディキャップ・チーム“アミーゴス”の出会いと絆を描き、昨年、スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で作品を含む3部門を制した、12月27日(金)より公開の『だれもが愛しいチャンピオン』(英題:CHAMPIONS)。スペイン国内で大ヒットを記録し、その後各国の映画祭でその名を轟かせ、アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選出された話題作です。

日本でも6月に開催されたスペイン映画祭2019にて特別上映されるやいなや、会場は熱気に包まれ、映画ファンの心を掴みました。

本作には、実際に障がいを持つ600人もの中からオーディションで選ばれた10名の“俳優”が出演。既に完成していた台本を“当て書き”として全面改稿した末に手にしたのは、スペイン映画における年間興行成績1位の栄誉だった!その人情味あふれる語り口は、爽快且つ心温まるエンディングに結実、あらゆる観客の想像を軽々と超えた奇跡のラストへと繋がってゆく。

この度場面写真が到着しました!
『だれもが愛しいチャンピオン』 『だれもが愛しいチャンピオン』 『だれもが愛しいチャンピオン』 『だれもが愛しいチャンピオン』 『だれもが愛しいチャンピオン』 『だれもが愛しいチャンピオン』 『だれもが愛しいチャンピオン』
バスケットボール・コーチと アミーゴスとの奮闘の日々・・・
実在するチームに着想を得た 心温まる感動ストーリー!
プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇されてしまう。その上、飲酒運転事故を起こし、判事から社会奉仕活動を命じられたマルコは、知的障がい者たちのバスケットボール・チーム“アミーゴス”を指導するはめに。アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコだったが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せる……。

*ハビエル・フェセル監督11月下旬来日予定*



***********************************

監督・共同脚本・編集:ハビエル・フェセル 『モルタデロとフィレモン』『ミラクル・ペティント』
脚本:ダビド・マルケス
出演:ハビエル・グティエレス『マーシュランド』『オリーブの樹は呼んでいる』
提供:シンカ/太秦/フェリーチェ
配給:シンカ
宣伝:太秦 後援:日本障がい者バスケットボール連盟/(一社)日本FIDバスケットボール連盟/一般社団法人 日本自閉症協会/公益財団法人 日本ダウン症協会/スペイン大使館/インスティトゥト・セルバンテス東京/スペイン政府観光局
2018年/スペイン/スペイン語/118分/カラー/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:金関いな 
© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE 
文部科学省選定 一般劇映画 (青年向き、成人向き、家庭向き)
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ