映画情報どっとこむ ralph 主演夏帆×箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)より、 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開致します。

本日9/30に完成披露プレミア上映イベントが開催され、主演の夏帆、シム・ウンギョン、渡辺大知、黒田大輔、でんでん、箱田優子監督が登壇致しました!
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』夏帆、シム・ウンギョン、渡辺大知、黒田大輔、でんでん、箱田優子監督

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』完成披露プレミア上映ベント
日時:9月30日(月)
会場:テアトル新宿
登壇:夏帆、シム・ウンギョン、渡辺大知、黒田大輔、でんでん、箱田優子監督

映画情報どっとこむ ralph 満席の場内から割れんばかりの拍手で迎えられ、主人公・砂田を演じた夏帆さんは

夏帆さん:去年の夏にこの映画の撮影をして、今年の夏はNYの映画祭に行ったりこの映画の宣伝をしたりして、いよいよ公開に向けて動き出したんだなと、とても嬉しいです。今日は楽しんでください。

と挨拶。砂田の“秘密の”友だち、清浦ことキヨを演じたシム・ウンギョンさんは、少し緊張気味の様子だったが

ウンギョンさん:みなさんにお会いするのを楽しみにしていました!

と明るく挨拶。

本作が初監督の箱田優子監督は、

箱田監督:こんなに素晴らしいキャストで初映画を作ることができました。自画自賛ですが面白いです!新宿テアトルは通い詰めていた劇場なので、舞台の上からお客さんの顔を見ることができて泣きそう!

と今の心境を話した。

公開が決定した際に“いま自分が一番やりたかった役にやっとめぐりあえた”と話していた夏帆さん。砂田を演じたいと思った理由を聞かれると

夏帆さん:砂田が抱えている葛藤が、どこか自分自身と重なる部分があったんです。時間に対しての向き合い方やいろいろなことが、28歳の今と重なる部分があって、そんな今をぶつけられる役ができて本当に思い出深いです。初めて完成した映画を観て、あまりに等身大の自分すぎて最初は落ち込んだんですけど(笑)だんだん今の自分を残して頂いて幸せだと思うようになりました。

と胸の内を明かした。

映画情報どっとこむ ralph はじめての日本映画への出演について聞かれたシム・ウンギョンは

ウンギョンさん:去年の真夏に撮影して、暑さに圧倒されました。一生分の汗が出たと思います(笑)短い期間の撮影で、キャラクターに合った演技ができるか心配で監督と話をしたんですけど、現場に入ったら皆さんの作品に対する熱量が凄くて、楽しんで芝居ができました」と撮影への思い出を話し、砂田の夫役を演じた渡辺大知は、撮影での印象に残ったエピソードを「僕は初日の撮影だったんですけど、まだスタッフと距離感がつかめていない時に、助監督さんがぎっくり腰になったんです。歩けない!と大騒ぎしている中、夏帆さんがすぐ整体師さんを呼んだりして、“あーこの人が主役なら大丈夫だ”と思いました(笑)

と夏帆への男気と暴露。

夏帆さん:実は初日に“この作品に懸けています!”と決意表明したんです!

とこの作品に懸ける意気込みを語った。

黒田大輔さんは茨城の実家にいる砂田の家族として出演。
茨城のロケでの出来事を

黒田さん:あー気持ちのいいところだなーと思いました。シムさんはいつも部屋の片隅にいて、ほわほわほわという感じだった。なんか妖精みたいな人だなと思っていました。

とウンギョンのプライベートの姿を暴露。

夏帆さん、黒田さんの父役のでんでんさんは、

でんでんさん:僕は監督のお父さんに感じが似ているということで、勉強がてら会いに行ったんだよね。みんな暑い暑いって言っているけど、行ったら牛が1頭死んでたからね!!

とビックリ発言。

夏帆さん:それでお父さんからトウモロコシの手ぬぐいを借りたんだよ(笑)そこも注目してほしいです!

と話し、会場からは大きな笑いが起こった。

箱田監督:皆さんが言っていたようなエピソードはいっぱいあるんですけど、撮影期間がとても短かったせいか、思い出を聞かれても頭真っ白で。でも、映画って素晴らしいなと思ったのが、夏帆ちゃんと作品に対して深める時間をたくさん取ってもらえて、だから観た時に“これ夏帆100”じゃん!って(笑)夏帆感が凄く出ていて嬉しかった。良い時間を共有できたし、今しか撮れないものを突き詰めて撮れたからこそ、あの時のあの瞬間が映像に映し出すことができたんだなと思います。

と感無量の様子。

それを聞いて

夏帆さん:夏帆が100%出てたから私が落ち込んだんですよ!

と突っ込み。笑いを誘った。

映画情報どっとこむ ralph ここで突如、パンチングマシーンが登場!
「おとな」と呼ばれる年齢にさしかかりながらも“なにか満たされない”“不自由だ”ともやもや、イライラを抱えるアラサーの「おとなのイヤイヤ期」を描いた本作。
ブルーアワーにぶっ飛ばす_夏帆
そんなマシーンに、夏帆、ウンギョン、渡辺が挑戦!渡辺「このパンチングマシーン、やりづらいなー!」、ウンギョン「悩みたくないー!」、最後に夏帆は「この映画が公開するのが寂しい!!」と叫び、想いをパンチングマシーンにぶつけた。

最後に・・・

夏帆さん:この話を頂いてから、どんな時もこの作品の事を考えていたような気がします。こうやって公開日が近づいていて、嬉しくもあり、複雑な心境です。初日に向けてもっと盛り上げていければと思いますので、ぜひ応援してください。

と締めくくった。

ブルーアワーにぶっ飛ばす

ブルーアワーにぶっ飛ばす

10月11日(金)より、 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開!

www.blue-hour.jp

ストーリー
30歳の自称売れっ子CMディレクター・砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも満ち足りた日々を送っている…ように見えるが、口をひらけば悪態をつき心は荒みきっている。ある日、病気の祖母を見舞うため、砂田の嫌いな故郷に帰ることに。ついて来たのは、砂田が困った時には必ず現れる、自由で天真爛漫な秘密の友だち・清浦(シム・ウンギョン)。しかし、再会した家族の前では、都内で身に着けた砂田の理論武装は通用しない…やがて全てを剥がされた時、見ようとしなかった本当の自分が顔を出す―。そして、一日と始まりと終わりの間に一瞬だけおとずれる“ブルーアワー”が終わる時、清浦との別れが迫っていた…。

***********************************

出演:夏帆 シム・ウンギョン
渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子

製作:中西一雄 企画・プロデュース:遠山大輔 プロデューサー:星野秀樹
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇 録音:小川 武 美術:井上心平 編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:ビターズ・エンド 2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分
(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ