森山未來「オルジャスの白い馬」

森山未來、初海外主演作『オルジャスの白い馬』をひっさげ釜山国際映画祭に参加決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、2020年1月18日(土)に新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。
森山未來「オルジャスの白い馬」
主演を務めるのは、若手実力派俳優である森山未來と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。

アジアを代表する若手俳優ふたりによるダブル主演となる。

森山にとって初の海外主演作となる本作で、全編カザフ語で演じ乗馬もこなす熱演を披露、愛する人に真実を語れない不器用な男を演じている。監督・脚本は、日本人監督とカザフスタン人監督が共同で担当した。カザフスタンの大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、その前に突然現れた不器用だが正義感の強い男カイラートとのふれあいを描くヒューマンドラマだ。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作がオープニング作品として上映されることが決まっている第24回釜山国際映画祭(現地時間10月3日開幕)に、主演のひとりである森山未來が参加することが決定しました! 本作が初の海外主演作となる森山にとって、今回が初めての海外映画祭への参加となります。

10月3日に実施される同映画祭での上映が日本公開に先駆けてのワールドプレミアとなり、森山は、もうひとりの主演で同映画祭の審査員としても参加するイェスリャーモワや両監督とともに、映画祭レッドカーペットや本作の記者会見、ワールドプレミア上映前に行われる舞台挨拶などに登壇する予定です。

例年、同映画祭で世界各国から集まった数百本もの映画が上映される中で、日本が製作に関わった作品がオープニング作品に選出されたのは2003年の第8回以来16年ぶり。映画祭執行委員長のチョン・ヤンジュン氏は、「ハリウッド全盛時代の西部劇を観ているかのような優れた作品」と本作をオープニング作品に選定した理由を語っており、例年約20万人が訪れているアジア最大級の映画祭で、韓国映画100周年という大きな節目でもある今年、映画祭の目玉ともいえるオープニング作品という重責を担うことになります。

映画情報どっとこむ ralph 日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬
英題:Horse Thieves

2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー

公式HP:
orjas.net

オルジャスの白い馬

【STORY】
少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。
夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母を呼び出す。不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして、一人の男が家を訪ねてくる…。
森山未來、サマル・イェスリャーモワ「オルジャスの白い馬」

***********************************

出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ

監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ
プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア
撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 音楽:アクマラル・ジカエバ
編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン
音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ
配給:エイベックス・ピクチャーズ
配給協力・宣伝:プレイタイム
2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ
©『オルジャスの白い馬』製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ