村上穂乃佳インタビュー『みとりし』

村上穂乃佳インタビュー到着!榎木孝明 主演 映画『みとりし』ヒロイン・みのり役


映画情報どっとこむ ralph 交通事故で娘を亡くした定年間際のビジネスマン・柴 久生(榎木孝明)。自殺を図ろうとした彼の耳に聞こえた「生きろ」の声。それは友人・川島の最期の時の声だと彼の“看取り士”だったいう女性から聞かされる。
みとりし_榎木孝明 ”看取り士”とは、最期に残された時間を旅立つ人、見送る人に寄り添い、支える人のことだった。5年後、柴は岡山・備中高梁でセカンドライフを”看取り士”として、9才の時に母を亡くした23才の新人・高村みのり(村上穂乃佳)たちと最期の時を迎える人々を温かく支えているのだった。
みとりし_sub9_村上穂乃佳
映画『みとりし』は、9月13日(金)有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります。

そして、この度、ヒロイン・みのりを演じた村上穂乃佳のオフィシャルインタビューが到着しました。

村上穂乃佳インタビュー『みとりし』
映画情報どっとこむ ralph Q.本作は、榎木孝明さんが演じる定年間際のビジネスマン・柴が“看取り士”という職業を初めて知るエピソードから始まり、柴が看取り士になってから5年後に話が移るとすぐ、村上さんが演じるみのりが岡山県高梁(たかはし)市に着任してきます。観客は新人看取り士であるみのりの経験を通じて、看取り士という職業の”いろは”や魅力を知っていく作りになっていて、すごくやり甲斐のある役だったかと思いますが、役が決まった時の感想はいかがでしたか?

村上さん:「みのりの役は私がやるんだ!」という意気でオーディションに行ったので、決まったと聞いた時は、とりあえず一安心で、「よかった」という安堵の気持ちが大きかったです。キャストの方で泣いていない人はいないんじゃないかという位脚本でもう皆やられていました。自分が出ているんですけれど、映画の試写でも我慢ができず、思わず泣いてしまいました。
村上穂乃佳インタビュー『みとりし』
Q.撮影の前に、看取り士の資格を取りたい方たちが実際に受ける日本看取り士会の講座を受けたそうですが、どのようなことを学んだんですか?

村上さん:養成講座は初級中級上級とあるんですけれど、それを2日間にまとめてくださって、看取る時の看取り士の振る舞いだとか居方だとか、実技を教えていただきました。


Q.技術的なこと以外に、看取り士について感じたことはありますか?

村上さん:看取り士の方の最初の印象は、とにかく明るくて、話し方も優しくて穏やかで、常に笑顔でお話ししているイメージがあったので、演じるにあたってその雰囲気を大事にしていきたいなと思いました。すごく素敵な雰囲気を皆さん持っているんです。皆さん、何かを超えてきているような、優しさの塊という印象でした。


Q.私はこの映画に出合うまでは、死は怖いものという印象だったのですが、最初の看取りのシーンの直後にみのりが「変な言い方かもしれないですけれど、穏やかな気分です」と言い、柴が「いいね、それでいい」と返すのを見て、衝撃を受けました。日本看取り士会が実行している「看取り」の象徴的なシーンだと思いましたが、このシーンを演じる上で心がけたことはありますか?

村上さん:みのりの最初の看取りの立会いだったので、最初は榎木さん演じる(柴)久生から色々学ぼうと、看取り士になることに必死だったと思います。もちろん死を目の当たりにしているので、悲しいっていうのもあるんですけれど、「穏やかな気持ちです」と言ったのは、家族と一緒に看取り、ダイレクトに感じた感情の表現だったと思います。

Q.榎木孝明さんとの共演はいかがでしたか?

村上さん:共演は初めてでした。ダンディーでクールなイメージだったんですけれど、もちろんそうなんですけれど、私は気も張っていたし緊張していたので、撮影の合間だとかに気づいて下さったのか、話しかけてくださって、何度も救われました。役柄みたいに実際に助けられていました。


Q.本作では、主に3つの家族の看取りの話が出てきます。1つ目は、息子のお嫁さんが自宅での看取りに反対というおばあさんを看取る話、2つ目は、息子さんが東京で仕事をしているので、一人で暮らしているおじいさんを看取る話、3つ目は、3人の子供を持つまだ若い母親を看取る話ですが、演技といえども、演じていて辛いものがあったかと思いますが、エピソードは何かありますか?

村上さん:役とはいえど、これから自分が経験するであろう周りの人の死なので、妙に現実味がありました。3つ目の看取りのシーンだとかは、台本を読んでいても、「わー、辛いな」と感情移入してしまいました。看取り士ではあるんですけれど、みのり個人としても感じるものがありました。

2つ目の看取りの話では、みのりは悪くないのに、謝ってしまうシーンがあります。みのりの若い部分が出ているところが好きです。
村上穂乃佳インタビュー『みとりし』

Q.本作で一番難しかったところはどこですか?

村上さん:難しいと思ったことはないです。(脚本に書かれている感情は)全部「あっそうなんだ」と納得していたと思います。


Q.特に注目してもらいたい部分はありますか?

村上さん:私が演じるみのりが成長していくところを見て頂きたいです。


Q.読者の方にメッセージをお願いします。

村上さん:まだまだ知られていない看取り士という方々の存在を知ってもらいたいなと思います。見終わった後に、温かい気持ちになってもらえると思いますし、自分の最期についても考えるきっかけになると思うので、ぜひたくさんの方に見てほしいなと心から思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『みとりし』の舞台挨拶が決定!

■東京・公開記念舞台挨拶
<日程>
9月14日(土)10時からの回上映後及び13時からの回上映前
<会場>有楽町スバル座
<登壇ゲスト>榎木孝明さん、村上穂乃佳さん、高崎翔太さん、櫻井淳子さん(以上、出演者)、白羽弥仁さん(監督)、柴田久美子さん(原案)

■名古屋・初日舞台挨拶
<日程>9月14日(土)14時40分の回上映終了後
<会場>名演小劇場
<登壇ゲスト>榎木孝明さん(出演)、白羽弥仁さん(監督)、柴田久美子さん(原案)

■大阪・公開記念舞台挨拶
<日時>
9月15日(日)14時10分の回上映終了後
<会場>第七藝術劇場
<登壇ゲスト>
榎木孝明さん(出演)、白羽弥仁さん(監督)、柴田久美子さん(原案)

■岡山・公開記念舞台挨拶
<日程>9月15日(日)11時からの回上映後
<会場>イオンシネマ岡山
<登壇ゲスト>榎木孝明さん(出演)、白羽弥仁さん(監督)、柴田久美子さん(原案)


映画情報どっとこむ ralph 映画『みとりし』

9月13日(金)有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://is-field.com/mitori-movie/

Twitter:
@mi‬torimovie_

みとりしポスター
交通事故で娘を亡くした定年間際のビジネスマン・柴 久生(榎木孝明)。自殺を図ろうとした彼の耳に聞こえた「生きろ」の声。それは友人・川島の最期の時の声だと彼の“看取り士”だったいう女性から聞かされる。”看取り士”とは、最期に残された時間を旅立つ人、見送る人に寄り添い、支える人のことだった。5年後、柴は岡山・備中高梁でセカンドライフを”看取り士”として、9才の時に母を亡くした23才の新人・高村みのり(村上穂乃佳)たちと最期の時を迎える人々を温かく支えているのだった。

「看取り士」とは?
誰にでもおとずれる最期の時、住み慣れた自宅や、本人の希望する形で、温かい死を迎えるために、旅立つ人、見送る人をサポートし、医療行為はしないけれどもそれぞれの心に寄り添いながら見届ける人。現在、日本には約540人の看取り士が活躍している。(「日本看取り士会」調べ)



***********************************

榎木孝明  村上穂乃佳
高崎翔太 斉藤 暁 大方斐紗子 堀田眞三 片桐夕子 石濱 朗
仁科 貴 みかん 西沢仁太 藤重政孝 杉本有美 松永 渚 大地泰仁 白石 糸
川下大洋 河合美智子 つみきみほ 金山一彦 宇梶剛士 櫻井淳子

原案:『私は、看取り士。』柴田久美子著(佼成出版社刊) 企画:柴田久美子 榎木孝明 嶋田豪
統括プロデューサー:嶋田豪 プロデューサー:高瀬博行 音楽:妹尾武 撮影:藍河兼一 照明:鈴村真琴
録音:西岡正巳 美術:阿久津桂 編集:目見田健 音響効果:丹雄二
主題歌:「サクラの約束」歌:宮下舞花 作詩・作曲:犬飼伸二 音楽プロデューサー:犬飼伸二
特別協力:(一社)日本看取り士会 (一社)在宅ホスピスなごみの里 後援:(公社)日本医師会
協力:池本助夫 正好文化事業股份有限公司 泰邦株式会社 特許業務法人オンダ国際特許事務所 上村邦子 
株式会社北陽 株式会社佼成出版社 高梁市観光協会
キャスティング:クリエイターズ・フィールド 製作プロダクション:アイエス・フィールド
監督・脚本:白羽弥仁
2019 / 日本 / カラー / 110分 / ビスタサイズ / 5.1ch
©2019「みとりし」製作委員会 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ