自伝を完全映画化!『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』本予告と本ポスターが解禁


映画情報どっとこむ ralph 1994年のCDデビュー以来、全世界でのトータルCDセールスは驚異の8,000万枚以上を記録、現在活躍するクラシック・アーティストとしては圧倒的にNO. 1の数字を保持する世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリ。

その激動の半生を、ボチェッリ自ら執筆した自伝的実話小説を基に『イル・ポスティーノ』(94)のマイケル・ラドフォード監督が完全映画化した『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』が11月15日(金)より、新宿ピカデリーほかにて全国ロードショーが決定、この度本予告と本ポスターが解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁となった本予告では、幼少期に偶然“オペラ”と出会いその魅力に取り憑かれ、オペラ歌手を夢見るも授業中の事故で失明。舞台や指揮者が見えないというオペラ歌手としては圧倒的なハンデを背負ってしまったアモスが、それでも夢を諦めきれず様々な困難に遭遇しても自分を信じてただ歌い続け、最後は実際のコンサートで大観衆を前に歌い上げる“アンドレア・ボチェッリ”自身の姿を映し出したもの。

ほか、アモスを導くマエストロ役として出演した、アントニオ・バンデラスの姿を捉えているのも必見!アモスを息子のように優しく、時には厳しく指導する穏やかな指導者役として登場、『デスペラード』など、ラテン系セクシー俳優のイメージが強いこれまでの役柄とは一転した彼の渋みの増した演技を味わうことができるのも魅力です。本ポスターは、華やかな舞台を背景に歌い上げる、アモスを捉えたもの。本予告の実際の“アンドレア・ボッチェリ”の姿とリンクするような、感動のシーンを切り取ったものとなっております。

作品の中で披露されるアモスの歌唱シーン、青年期以降は全てボチェッリ本人の吹き替えによるもの!96年に世界中で大ヒットした「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」をはじめ「アヴェ・マリア」「誰も寝てはならぬ(トゥーランドットより)」などを披露。2018年公開のディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』で同じくクラシック・テノールの歌手である息子マッテオ・ボチェッリと共演、親子でエンディングテーマを披露するなど、その歌声はファンのみならず世界中の人々を魅了し続けている歌声をぜひご堪能ください。

なお、ボチェッリの役どころであるアモスに、人気のTVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」でその頭角を顕した新鋭のトビー・セバスチャンを大胆に起用したところも話題となっております。

映画情報どっとこむ ralph 『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』

11/15(金) より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

アンドレア・ボチェッリ
イタリア・トスカーナ地方の小さな村。アモスは眼球に血液異常を持って生まれ、幼い頃から弱視に悩まされていながらも、明るく過ごしていた。しかし12歳の時に学校の授業中、サッカーボールが頭に当たり持病が悪化、失明してしまう。不自由な暮らしに鬱憤を抑えきれず両親を困らせるアモス。そんな彼を見かねた叔父が、元来歌が上手なアモスを音楽学校に連れていく。そのあまりにも美しい歌声が評価され、コンテストで見事優勝する。しかし喜びも束の間、すぐに声変わりが始まり、美しい声が出なくなってしまう。それを機に歌手を諦め、親友とともに猛勉強の末、弁護士を目指すが、数々の有名オペラ歌手を育てたスペイン人の歌唱指導者、マエストロ(アントニオ・バンデラス)との出会いが彼の人生を一変させる。

映画情報どっとこむ ralph アンドレア・ボチェッリとは
12歳のときにサッカー・ボールが頭に当たり、脳内出血が原因で失明。その障害を乗り越え法学博士号を取得、弁護士としての人生を歩み始めていたが、歌手の夢があきらめられず夜は地元のバーでピアノを弾きながら歌っていたところ、ロックスターのズッケロの目に留まり、当時ズッケロが一緒に仕事をしていた世界的テノール歌手=ルチアーノ・パヴァロッティも彼の歌声にいたく感銘を受け、ついに歌手デビュー。1994年のCDデビュー以来、トータル・セールスは8000万枚以上、ゴールデン・グローブ賞1回、クラシック・ブリット・アワード7回、ワールド・ミュージック・アワード7回という受賞暦を誇り、あのハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにもその名は刻まれている程のスーパー・スターとなった。エド・シーラン、スティーヴィー・ワンダー、アリアナ・グランデなどジャンルを超えた共演のオファーが引きも切らない、世界最高峰のテノール歌手。

***********************************

監督:マイケル・ラドフォード(『イル・ポスティーノ』
原案:アンドレア・ボチェッリ(「タイム・トゥ・セイ・グッバイ/伊: CON TE PARTIRÓ」)
脚本:アンナ・パヴィニャーノ(『イル・ポスティーノ』)/マイケル・ラドフォード
出演:トビー・セバスチャン(『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズ)/アントニオ・バンデラス(『デスペラード』
2017年/イタリア/英語・イタリア語/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/115分/
配給:プレシディオ/彩プロ PG-12
(C)2017 Picomedia SRL.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ