八代亜紀「舟唄」の替え歌「ノア 約束の舟唄」を熱唱!


ノア約束の舟1ラッセル・クロウ主演、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が解き明かす、人類史上最古にして最大の謎「ノアの箱舟」伝説を描く壮大なスペクタクル感動巨編

『ノア 約束の舟』

6月13日(金)全国ロードショー。

いよいよ来週、日本で公開となることを記念して、新宿駅東口の新宿ステーションスクエアに、映画に登場するものを、杉とヒノキの木を使用して再現した箱舟を建造し、本日、舟といえばこの方!歌手の八代亜紀が登壇するイベントを実施されました!
八代さん_メイン
会場には、大勢の取材陣、ファンが殺到。多くの通行人も足をとめ、大きな賑わいとなりました。

『ノア 約束の舟』公開記念「ノアの箱舟」出航式イベント 詳細
日時:6月3日(火) 12時開始
場所:新宿ステーションスクエア(新宿駅東口駅前)
登壇者:八代亜紀(63) MC:山中秀樹

新宿ステーションスクエア。MCをつとめた山中秀樹さんの呼びこみで八代亜紀さんが”ノアの箱舟”の中から登場すると、大きな拍手が。

映画に登場する箱舟を忠実に再現し、新宿に現れた箱舟の感想を聞かれると

八代さん:「凄い!本当の箱舟ですね!映画に出てきたもの、旧約聖書に書いてあるものと同じ!」と感激の様子。

本作を観た感想を聞かれると、

八代さん:「とっても感動しました。この感動は『タイタニック』以来ですよ!」

2時間を超える上映時間の本作ですが、

八代さん:「あっという間に終わってしまいました。時間を忘れて観てしまいました。」

これにはMCの山中さんも「良い映画はあっという間に終わりますよね。」と同意。

好きなシーンは?と聞かれると、

八代さん:「どのシーンも本当に素敵だけれど、とにかく、愛する家族への思いと、神からの使命に挟まれるノアの心境が伝わって、とっても切ない映画ですよね・・・」と、主人公ノアの心境を代弁するかのように語りました。

ノアを演じたラッセル・クロウのほか、妻ナーマを演じたジェニファー・コネリー、そしてアンソニー・ホプキンスと3人のオスカー俳優、そしてエマ・ワトソン、ダグラス・ブースら若手の人気俳優も数多く出演する本作、誰が一番好きかという問いには、

八代さん_サブ2八代さん:「どの役者さんも凄いです。胸をえぐられました。でも、観ているうちに、ラッセル・クロウが自分の父親に見えてきてしまいました。私は、若いころ両親を心配させて、勘当同然に(東京に)出てきたんですよ。父を心配させたこと、つらい思いをさせてしまったことが、何だかノアの姿と重なってしまって・・・観ていて号泣してしまいました。」

フランスで開催される世界最古の美術展”ル・サロン賞”を5年連続で受賞するなど、歌手としてだけではなく、画家としての才能も発揮する八代は、映画の中で絵画にしたいシーンは

八代さん:「箱舟が新天地にたどり着き、大きな虹がかかるところ。ド迫力、壮絶なシーンはこの映画で体験できますから。私は静かになったシーンを書きたいですね・・・。旧約聖書にもある、大きな虹がかかるところ。」

と、世界最古の謎に思いを馳せながら答え、

八代さん:「人間の優しさ、弱さが描かれている、胸をえぐるような映画です。絶対に絶対に観てほしいです!」と。

八代さんノアイベント
そしてイベントの終わりには、八代亜紀のあの名曲「舟唄」の歌詞を、本作のために、本日限定でスペシャルバージョンの替え歌にした「ノア 約束の舟唄」をステージで披露!

「舟唄」スペシャルバージョン「ノア 約束の舟唄」

木材太めの ほうがいい
箱舟三階 建てでいい
動物つがいで 乗せりゃいい
箱舟なんとか 浮けばいい

ざんざん降れば ざんざんと
世界を呑み込む 大洪水
嵐が心を流したら
歌いだすのさ 舟唄を

鳩が空からオリーブくわえてヨ
新たな世界にヨ 虹かかる
ダンチョネ

猛暑となった新宿駅前に、八代の美しい歌声が響き、イベントは感動のうちに終了しました。
ノア_約束の舟ポスター 『ノア 約束の舟』
6月13日(金)全国ロードショー
公式HP:http://www.noah-movie.jp/

監督・製作:ダーレン・アロノフスキー(『ブラック・スワン』『レスラー』)
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース
(c) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

********************************************************************
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ