黒猫リリース_エセルとアーネスト

黒猫登場シーン映像を解禁!『エセルとアーネスト ふたりの物語』


映画情報どっとこむ ralph アニメーション映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、9月28日(土)より岩波ホールほか全国順次公開となります。この度、劇中の重要なキャラクターである“黒猫”登場シーンを集めた本編映像を初公開いたします。



猫好き必見!40年間、ある夫婦に連れ添った猫がいた――。
絵本作家レイモンド・ブリッグズが自身の両親を描いた感涙必至の大人のためのアニメーション。
『スノーマン』『風が吹くとき』などでイギリス人なら知らない人はいない国民的絵本作家レイモンド・ブリッグズが、自身の両親の人生を愛情込めて描いた原作を映画化。1928年、ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルが恋に落ち、結婚。戦争を乗り越え、戦後の新しい時代を生き、ふたりが世を去る1971年までを感動的に描くとともに、激動の20世紀を生きた市井の人々の歴史が浮かび上がる大人のためのアニメーション映画です。

映画情報どっとこむ ralph 黒猫リリース_エセルとアーネスト[1] エセルとアーネストのふたりの人生にそっと寄り添うように存在するのが、黒猫の“スージー”。
エセルとアーネストが結婚し、新居に引っ越した日に現れた黒猫は、ブリッグズ家と戦中戦後の暮らしを共にします。戦後、スージーが横
切る庭先で、新聞を読みながら「同性愛を合法化するらしい」と話すアーネストに「同性愛って何?」と聞き返すエセル。時代の変化はふ
たりの会話のなかにも表れています。やがて、エセルの亡き後は、アーネストの話し相手となるスージー。
原作者のブリッグズは、黒猫をエイジレスな(=年齢のない)ものとして登場させていて、エセルとアーネストが年老いていき、息子レイモンドも成長していくなかで、およそ40年間にわたり、唯一の変わらない存在として物語に寄り添っています。実際のブリッグズ家は、何代か黒猫を飼っていましたが、作品で描かれる40年寄り添った猫は<不思議な力を持った者>として描かれているのです。

映画情報どっとこむ ralph このたび解禁となった黒猫スージーの登場シーンを垣間見るだけでも、エセルとアーネスト夫妻の豊かな時の流れに想いを馳せることができるはず。

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』
原題:Ethel & Ernest

9月28日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー!

公式サイト:
ethelandernest

エセルとアーネスト エセルとアーネスト エセルとアーネスト エセルとアーネスト エセルとアーネスト エセルとアーネスト エセルとアーネスト エセルとアーネスト ものがたり
激動の時代を懸命に生きた、ごく普通の夫婦の40年にわたる心暖まる本当の物語。
1928年ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルは恋に落ち、結婚。最愛の息子が誕生し、第二次世界大戦、戦後の発展と時代の変化、そして静かに忍び寄る老い・・・しかしいつもエセルの横にはアーネストがいた。激動の20世紀を生きた庶民の歴史を、暖かなまなざしで描いた感動の物語。

***********************************


監督:ロジャー・メインウッド
原作:レイモンド・ブリッグズ(バベルプレス刊)
音楽:カール・デイヴィス
エンディング曲:ポール・マッカートニー
声の出演:ブレンダ・ブレッシン/ジム・ブロードベント/ルーク・トレッダウェイ
2016年/94分/カラー/ドルビー・デジタル/ヴィスタサイズ/イギリス・ルクセンブルク/日本語字幕:斎藤敦子
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:チャイルド・フィルム/ムヴィオラ
© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ