男はつらいよ 寅さんファン感謝祭

“祝! 50周年 寅さんファン感謝祭”開催 山田洋次監督、倍賞千恵子、佐藤蛾次郎登壇!


映画情報どっとこむ ralph 今年12月27日に50作目となる新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が公開されることとなった、国民的映画シリーズ『男はつらいよ』。

そしてついに本日2019年8月27日、第1作劇場公開日・1969年8月27日から数えて、ちょうど50年を迎え、日本中に笑いと元気を届けてきたシリーズの50周年を祝して、”祝! 50周年 寅さんファン感謝祭”を実施致しました!ファンへの感謝の気持ちを込めて、4Kデジタル修復版として甦った『男はつらいよ』(第1作)を”ワイワイガヤガヤ上映”!

上映終了後の50周年イベントでは山田洋次監督、シリーズお馴染みの倍賞千恵子さん・佐藤蛾次郎さんに第1作の撮影秘話や思い出話、さらには50年という歳月があってこそ誕生した奇跡の新作へ想いをたっぷり語っていただきました。

男はつらいよ 寅さんファン感謝祭 山田洋次監督、倍賞千恵子、佐藤蛾次郎

“祝! 50周年 寅さんファン感謝祭”
日時:8月27日(火)
場所:新宿ピカデリー
登壇:山田洋次監督、倍賞千恵子、佐藤蛾次郎

映画情報どっとこむ ralph 『男はつらいよ』第1作が公開され丁度50年目のこの日。

満席のお客様からの盛大な拍手の中登場したのは、シリーズを手掛ける山田洋次監督、日本中から愛されている寅さんの妹・さくらを演じた倍賞千恵子さん、寅さんを“兄貴”と慕う題経寺の源公を演じた佐藤蛾次郎さん。

この記念すべき日を迎え
男はつらいよ 寅さんファン感謝祭
山田監督:50年前の今日は新宿の大きな劇場に初日を観に行きました。最初第1作目が出来上がって関係者試写を観た時はスタッフが誰も笑わないもんだから、『俺は真面目な映画を作っちゃったんだな』と思いました。喜劇を作ったつもりだったから落ち込んじゃって。あぁ、もうお終いだと思って反省してたんです。でも、映画が公開してみると、『お客さんがたくさん入ってるから劇場に来いよ』と言われて行って、劇場のドア開けたらお客さんがみんな笑っていて。俺の作った映画は笑えるんだって、観客に教えられました。その時、今日のことを一生覚えていなきゃいけないなと思いました。日本人は昔の方が今より活気があったと思います。最近は寅さんみたいな気楽な人が生きづらいような時代になってしまったなと思うことがあるから、今日皆さんが映画を観て笑ってくれているのを見て、ほっとしたし懐かしいなと思いました。

と50年前のこの日を振り返りかえりながら語りました。そして、

倍賞さん:50年前の初日のことはあんまり覚えてないんですけど、当時最初に台本をもらった時、自分が育ってきた場所にいたような人たちがたくさん出てくる内容に、なんて懐かしいんだろうと思いました。早くこの仕事がしたくて、クランクインが待ち遠しかったです。
倍賞千恵子 男はつらいよ 寅さんファン感謝祭
と、初めて『男はつらいよ』の撮影に参加する当時の思い出を話しました。さらに、

蛾次郎さん:源公というのは難しい役なんです。バカな役なんですけど、僕バカじゃないんで難しいんですよね。一生懸命バカに見えるように頑張りました(笑)。監督にもいろいろアドバイスしていただいて。

と1作目の撮影現場を振り返ります。
12月27日に第50作目として公開される『男はつらいよ お帰り寅さん』。
新作の撮影について

山田監督:満男と(後藤久美子演じる)泉は二人とも青春時代に寅さんからとても大きな影響を受けています。いい加減でデタラメなおじさんなんだけども、特に思春期の頃は自分の両親とは違う価値観を持った大人がいることがとても大事。寅さんは満男に対してそんな存在でした。満男も泉もそんな寅さんと関わりを持っていた人だから、50年経ってその二人の話を描けば、いろんな寅さんを思い出すだろうなと思いました。49回分の寅さんを思い出して繋いでいくと不思議な映画になる気がしました。出来上がってみたら、この50年、みんなの人生があったんだなとドキュメンタリーを撮っているような気がして、でも渥美さんだけが歳をとらなくて僕自身も不思議な気持ちになる映画になりました。改めて他の俳優が誰も持ってないものを持っている渥美清の魅力を感じました。僕たちは50年かけて長い長い映画を作りました。

と渥美清さん、そして作品への思いを話しました。

映画情報どっとこむ ralph ファン感謝祭ということで本日会場に集まったお客様から登壇者へ質問が。

最初の質問で渥美清さんとの思い出を聞かれると、

蛾次郎さん:撮影所で近所の中華屋さんにみんなでよく通ってました。今だに寅さんセットがあるんです。

と語る蛾次郎さん。
男はつらいよ 寅さんファン感謝祭
倍賞さん:27年間寅さんの妹をやっていて、私には『男はつらいよ』の家族と自分の家族、二つありました。よく『渥美さんから何を学びましたか?』と聞かれるんだけど、長い間一緒に仕事をしてて渥美さんから教わったことは“相手の立場に立って考える”ということでした。私が悩んでいると、美味しいご飯を食べさせてくれたり、欲しいものを買ってくれたり、そんな風に励ましてくれて幸せにしてくれる人でした。人間として一番大切なことを教えてもらいました。

と渥美さんとのエピソードを明かすと、

蛾次郎さん:僕も、妊娠中の奥さんにセーターを買っていただきました。

と告白。さらに

山田監督:渥美さんは僕が脚本を書いていると、飯でも食いませんかって誘ってくれたしご馳走してくれました。ある時、タクシーの中で仕事に疲れていた僕が『熱海行きたいね』ってさりげなく渥美さんに言ったら、『じゃあ今から行こう!運転手さん、熱海まで!』って言い出して。その時は次の日朝から仕事があったから結局引き返したんだけど、今でもあの瞬間がとても楽しかったことを思い出します。行きたいって言ったら、行きましょう、って言えるのが渥美さんのすごいところだなって。本当に粋な人だね。

とシリーズを支えた主演の渥美さんとの思い出と一緒にその人柄を話しました。
男はつらいよ 寅さんファン感謝祭

続いて、第1作を撮影されている時に、50年続くシリーズになるという予感はあったのか、という質問には

山田監督:そんなものは全くないですよ。映画は普通一本で終わりだから。そう思ってたらヒットしたから続編を作りました。次が最後と思いながら作るとその度にヒットしてやめられなくなっちゃっいました。50年も続くなんて思ってなかったです。

と答える山田監督。

最後に・・・・

山田監督:今日皆さんにこの催しに来ていただけて心から感謝しています。50作目も観ていただけますように。

とメッセージを送りました。

そして『男はつらいよ』50周年を祝しつつ、映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の大ヒットと、寅さんがこれからも皆様に愛され続けることを祈念し、登壇者と会場のお客様揃って1本締めがされました。こうして、シリーズを愛する皆さんの一体感に包まれ、大盛況のまま笑いと涙に包まれたイベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 『男はつらいよ お帰り 寅さん』

12月27日(金)全国公開

映画公式サイト:
tora-san.jp/movie50/
公式twitter:
@torasan_50 th

お帰り、寅さん―

寅さんの甥・満男と、満男がかつて想いを寄せたイズミのその後の物語。
20数年ぶりに再会を果たす二人、そして、くるまやの人々。
懐かしい人たちとの再会、そんな折に何かつけて思い出されるのは寅さんだった…。

***********************************

原作・監督:山田洋次
脚本:山田洋次 朝原雄三
出演:渥美清 倍賞千恵子 前田吟 吉岡秀隆 後藤久美子 浅丘ルリ子
制作・配給:松竹株式会社
©2019松竹株式会社
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ