バリフェス_高円寺シアターバッカス

バリ島にまつわる映画上映とライブ「バリフェス CINEMA&CULTURE!」開催!at 高円寺シアターバッカス


映画情報どっとこむ ralph 独自の宗教観に基づくディープカルチャーで世界の人々を魅了するバリ島にまつわる映画上映とライブイベントを開催します!


マイクロシアター「高円寺シアターバッカス」では、9月15日(日)16日(祝)の2日間、バリ島にまつわる映画上映とライブイベントを開催します。

「バリフェス CINEMA&CULTURE!」_高円寺シアターバッカス 本イベントの核となるのは、 映像作家・ 仁田美帆氏が バリの 伝統 影絵芝居「ワヤン・ クリッ」の 老影絵師 を 5 年間に渡って 追い 続け た ドキュメンタリー 『ダランの家』 2018 年)。今回 のイベント での上映が完成披露となります 。 併せて 、 仁田氏が 伝説的 な バリ舞踊 家 の晩年を 描いた 前作 『タクスゥ 魂の踊り子 』 2011 年) も 上映いたします。


また影絵師、ミュージシャンとして活躍する 川村亘平斎 氏の 影絵 芝居「ワヤン・クリッ」の パフォーマンス や 、 グンデル・ワヤングループ“ パドマ ”のガムラン演奏、 20 世紀初頭のバリ 激動 の歴史 を描いた 大作 『バリ島物語』 (双葉社刊、全五巻 を完結させたばかりの 漫画家、 さ そうあきら 氏のトークショー 、 バリ 島 をイメージしたエスニックなフード などを通じ て 、奥深い バリ カルチャーの魅力 を観客のみなさんと共に楽しむ“お祭り”を目指します。

さらに16 日には 、 トークゲストとして インドネシアと も 縁の 深い 深田晃司監督 (『海を駆ける』 )に も ご登壇いただきま す 。

他にも、
・仁田美帆氏が伝説的なバリ舞踊家の晩年を描いた前作『タクスゥ-魂の踊り子-』の上映
・インドネシアとも縁の深い深田晃司監督(『海を駆ける』『よこがお』)のアフタートーク(16日のみ)
・バリの伝統的なガムラン音楽「グンデル・ワヤン」グループ「パドマ」のパフォーマンスとトーク(15日のみ)
・影絵師・ミュージシャンとして活躍する川村亘平斎氏の影絵芝居「ワヤン・クリッ」とトーク
・20世紀初頭のバリ激動の歴史を描いた大作『バリ島物語』を完結させたばかりの漫画家・さそうあきら氏のトークショーとサイン会
・バリ島をイメージした「ナシチャンプル」の販売

などを通じて、奥深いバリカルチャーの魅力を観客のみなさんと共に楽しむ『お祭り』を目指します。

映画情報どっとこむ ralph ▽日時
2019年9月15日(日)・16日(月・祝日)開場10:30 / 開演:11:00

▽場所
高円寺シアターバッカス
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目21-6 レインボービル3F

▽メインプログラム

ダランの家_高円寺シアターバッカス 『ダランの家』-完成披露特別上映-
(2018年/66分/監督・撮影・編集:仁田美帆)
バリ島の祭礼に欠かせない宗教芸能で、大衆芸能としても愛される影絵芝居「ワヤン・クリッ」を継承する老ダラン(人形遣い)のイ・マデ・シジャと、その家族の5年間を追ったドキュメンタリー。

『タクスゥ –魂の踊り子』
(2011年/55分/監督・撮影・編集:仁田美帆)
2010年に推定86歳で亡くなった天才舞踊家ニ・クトゥット・チュニックの晩年を捉えたドキュメンタリー。
生涯踊り子として生きた彼女の姿を通して、バリ文化の奥深さや霊的な空気を感じる映像詩。

監督・仁田美帆:
映像作家。1979年東京生まれ。美術大学卒業後、映像制作会社を経てドキュメンタリー映画の制作を開始。
インドネシア・バリ島の舞踊や影絵芝居などを中心に国内外の伝統芸能や伝承を取材してドキュメンタリー映画を制作。
テレビ、ウェブのディレクターや東京外国語大学オープンアカデミーの講師も務める。

アフタートークゲスト・深田晃司:
映画監督。『ほとりの朔子』(2013)でナント三大陸映画祭グランプリ、『淵に立つ』(2016)でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞に輝く。
2018年にインドネシアのバンダ・アチェを舞台にディーンフジオカさんを起用して『海を駆ける』を発表。現在最新作『よこがお』が公開中。

映画情報どっとこむ ralph 【バリフェスCINEMA&CULTURE!タイムテーブル】
●9 月15 日(日)
11:00~12:00『タクスゥ-魂の踊り子』上映
12:00~12:20 アフタートーク:仁田美帆監督、増野亜子氏(民族音楽研究者)
12:20 フード販売《バリ島風ナシチャンプル》eetee 食堂
※予約引換:12:20~17:30 当日販売は売り切れ次第終了
13:30~14:35『ダランの家』上映
※演出の都合上、現地語に日本語字幕はございません
14:40~15:00 アフタートーク:仁田美帆監督
15:30~16:10 パドマ(増野亜子、城島茂樹)
“グンデル・ワヤン”演奏+トーク
16:40~17:30 さそうあきらトーク&サイン会
17:50~18:50『タクスゥ-魂の踊り子』上映
18:50~19:10 アフタートーク:仁田美帆監督
19:25~20:30『ダランの家』上映
※演出の都合上、現地語に日本語字幕はございません
20:35~21:00 アフタートーク:仁田美帆監督
●9 月16 日(月)
11:00~12:05『ダランの家』上映
※演出の都合上、現地語に日本語字幕はございません
12:15~13:00 さそうあきらトーク&サイン会
13:00 フード販売《バリ島風ナシチャンプル》eetee 食堂
※予約引換:13:00~19:00 当日販売は売り切れ次第終了
14:00~15:00『タクスゥ-魂の踊り子-』上映
15:05~15:30 アフタートーク:仁田美帆監督、深田晃司監督
16:00~17:05『ダランの家』上映
※演出の都合上、現地語に日本語字幕はございません
17:10~17:30 アフタートーク:仁田美帆監督、川村亘平斎
18:00~18:30 川村亘平斎、バリ伝統影絵芝居“ワヤン・クリッ”パフォーマンス
19:00~20:05『ダランの家』(特別字幕版)上映
20:10~20:40 アフタートーク:仁田美帆監督、深田晃司監督
※トーク進行:村山章(映画ライター)

***********************************


関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ