映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』​​​

​​​高橋ヨシキが制作!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』フェイクポスターを映画秘宝最新号で初公開!


映画情報どっとこむ ralph クエンティン・タランティーノ 9 作目の長編監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日(金)に日本公開を迎えます。本作の舞台は1969年のロサンゼルス。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターを初共演させ、二人の友情と絆を軸にハリウッド黄金時代の光と闇に迫った話題作です。

この度、タランティーノ作品恒例!映画ライター&デザイナーの高橋ヨシキが手がけた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』フェイクポスターを映画秘宝最新号で初公開することが明らかに!
映画秘宝『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』​​​
これまでにも『キル・ビル』『ジャンゴ』『ヘイトフル・エイト』と数々のタランティーノ作品に愛を込めて、70年代の東映風ポスターや洋画ポスターを彷彿させるような見事なデザインのフェイクポスターを制作してきた高橋ヨシキ。すっかり毎回恒例となった、同氏によるフェイクポスター企画はタランティーノ監督最新作である本作でも健在!8月21日(水)発売の「映画秘宝」10月号で初お披露目となります。
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』​​​poster
これまでのポスターには『ビルを殺れ!』『鎖無用のジャンゴ』『裏切りの八悪人』と、秀逸なデザインと共に抜群のセンスが往年の映画ファンに突き刺さるフェイク邦題が添えられてきたが、本作につけられたフェイク邦題は『ハリウッド IN’69』。当時、業界を激震させたシャロン・テート殺人事件をはじめ1969年のハリウッドを生きる人々の姿を通し、その光と闇を描いた本作にふさわしいタイトルです。

『キル・ビル』では、「ビルを殺れ!!」というタイトルでフェイクポスターを作成。米・映画情報サイトで取り上げられ、タランティーノ監督の目に留まり、大のお気に入りとなって監督の自宅にポスターが飾られているというエピソードも。今月26日に来日するタランティーノ監督は、本作のフェイクポスターのどのような反応をしめすのだろうか。本誌でしか手に入らない超貴重なフェイクポスターは映画ファンなら額装必至!タランティーノ監督と映画評論家・町山智浩の対談などを収めた大ボリュームの特集ページとともに楽しみながら、いよいよ来週に迫った公開を準備万端で心待ちにしてほしい!

映画情報どっとこむ ralph 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

公式サイト:
http://www.onceinhollywood.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/SPEeiga

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (  <ストーリー>
リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。
そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

***********************************

全米公開: 7月26日
日本公開: 8月30日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット/マーゴット・ロビー/エミール・ハーシュ/マーガレット・クアリー/ティモシー・オリファント/ジュリア・バターズ/オースティン・バトラー/ダコタ・ファニング/ブルース・ダーン/マイク・モー/ルーク・ペリー/ダミアン・ルイス/アル・パチーノ
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ