市川雷蔵祭_Flyer

没後50年特別企画「市川雷蔵祭」開催!全国順次上映決定


映画情報どっとこむ ralph この度、KADOKAWAが保有する大映や角川映画の豊富なライブラリー作品を次世代に継承すべく立ち上げたブランド「角川シネマコレクション」。

2月より開催しております「京マチ子映画祭」に続く劇場上映企画となる今回は、角川シネマ有楽町にて8/23(金)より<没後50年特別企画>「市川雷蔵祭」を開催致します。

市川雷蔵は、大映入社後1954年に映画デビューし、1969年に亡くなるまでのわずか15年の映画俳優人生の中で、約160本の作品に出演、37歳という若さでこの世を去った伝説の大スターです。

溝口健二、増村保造、市川崑、池広一夫、三隅研次…数々の巨匠、名匠と組み、名作を世に送り出した不世出の大スターである市川雷蔵-2014年に実施した「雷蔵祭 初恋」では、一大ブームを巻き起こしましたが、5年ぶりにいよいよ稀代の大スター市川雷蔵が再びスクリーンに鮮やかに蘇ります。
市川雷蔵祭_Flyer 本企画上映で上映される『薄桜記』などの4Kデジタル復元版で初上映される作品や、本企画タイミングでデジタル化された作品もさることながら、本企画上映タイミングに合わせたかのように発掘された、市川雷蔵出演作として160本目の作品――勝新太郎と共にノンクレジットでカメオ出演している『旅はお色気』を上映いたします。
市川雷蔵祭「旅はお色気」オフショット写真(C)KADOKAWA1961 (市川雷蔵祭「旅はお色気」オフショット写真(C)KADOKAWA1961)

本作上映と共に、お楽しみ企画として、市川雷蔵さんのご自宅の物置から50年以上前に撮影されたプライベート・フィルムなどが発見され、デジタル化が済んだ一部のフィルムをご遺族のご厚意によりご提供頂き、特別編集版として本映画祭の<特別企画>として上映することが決定しました。映画の中の役者としての市川雷蔵とは異なる、ご家族(お子さん)と遊んでいる姿や、音声は後援会(現在のファンクラブ)の人たちと話しているものなど、私たちが中々見ることができない大スターの貴重な映像をお楽しみいただける機会となっています。この機会を多くの方々にお楽しみただきたく、つきましては、本情報をニュースとしてご紹介頂きたく、「旅はお色気」の蔵出しのオフショットを併せて提供させていただきます。解禁されるオフショット写真は、市川雷蔵と共に主演の小林勝彦さん、黒田義之監督の3人が、撮影の合間に笑顔で話している貴重な蔵出し写真となります。

映画情報どっとこむ ralph <没後50年特別企画>「市川雷蔵祭」
●場所:角川シネマ有楽町ほか、大阪シネ・ヌーヴォ、広島八丁座、大分シネマ5ほか全国順次上映予定!
●日程:8/23(金)~(角川シネマ有楽町は9/26(木)まで)
●上映作品:40作品
※『薄桜記』4Kデジタル復元版は初お披露目。
ほか、『炎上』(4Kデジタル復元版)、『ある殺し屋』、『眠狂四郎勝負』、『旅はお色気』など

公式HP:
www.kadokawa-cinema.jp/yurakucho/

***********************************

配給:KADOKAWA
(C)KADOKAWA 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ