『イソップの思うツボ』トークセッション

浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督が登壇!『イソップの思うツボ』トークセッション


映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』クリエイターが再集結し、前代未聞のトリプル監督でおくる『イソップの思うツボ』が 8 月 16 日 金 より全国ロードショーとなりました。

動員数 220 万人以上、興行収入 31 億円を突破 !2018 年最大の話題作となった『カメラを止めるな 』の上田慎一郎さんによるオリジナル脚本 トリプル監督作品『イソップの思うツボ』。上田監督と共に監督を務めるのは、『カメ止め』で助監督を担当し、スピンオフ版の監督も務めた中泉裕矢監督と、同作でスチールを担当した浅沼直也監督。

3人が共同で監督を務め、そ れぞれの特徴を生かして演出された、『カメ止め』を超える≪ネタバレ厳禁≫の濃厚な時間が待ち受ける !

この度、8月10日 土 に本作の 公開記念イベントが行われ、 『イソップの思うツボ』でメガホンを執った浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督、そしてYouTube クリエイターの RATE 先生と財部亮治が登壇しました。
『イソップの思うツボ』トークセッション
日時:8月10日
会場:YouTube Space Tokyo
登壇:浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督、そしてYouTube クリエイターの RATE 先生と財部亮治

映画情報どっとこむ ralph 8月10日、映画『イソップの思うツボ』公開記念イベントが YouTube Space Tokyo にて開催 され、本作でメガホンを執った浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督、 そして近年より注目を集める YouTube クリエイター で 、 VFX 映像制作で話題の RATE VFX チャンネルの RATE 先生と、シンガーソングライターとしても活躍する財部亮治さんが登壇。
『イソップの思うツボ』トークセッション 8月16日の劇場公開に先駆けて本作を鑑賞したという

RATE先生:2回見たくなる映画ってあると思うんですけど、この映画は 3 回くらい見ないと。別の目線でまた見たい。

と繰り返し見たくなる本作の魅力を語り、

財部さん:女の子たちのお話でちょっとほんわかした感じでスタートしたんですけど、途中くらいから 全然違って…。スピード感が凄すぎて、最後まで油断できない。

と次々に巻き起こる予測不能の展開への驚きを語りました。
RATE先生からヒット作を生み出す秘訣を聞かれ

上田監督:中学の頃からハンディカムで自主映画を作り始めたんですけれども、その時は作るっていうことが最大のご褒美みたいな感じで した 。大人になって映画祭に入るようにとか 、偉い人に認められるようにするにはこうゆう作品がいいんじゃないかとか、 いろん な下心を持ちながら作っていた時期があったんですけど、『カメ止め』はそうゆうの一切忘れて自分の好きなものをやってみようと思って作ったら一番上手くい きました。

と好きなものを追求した結果、成功したことを明かすと、

上田監督:作り手の方が本気で楽しんだもののほうが見てくださる方に楽しさが伝わるって いうのがありますよね。

と財部はその答えに賛同。

過去にあまり例を見ない3人での 共同監督 として 作り上げられた本作。

上田監督: この映画は構想 3 年って 言って ますけ ど 、初めの2 年は3人で一本の長編をつくるっていう企画だけが決まっていて 、 好み もタイプも違うのでどのような物語をつくるのかが決まらなく て、 ずっと喧々諤々としてましたね。

と、その苦労を 振り返り、どのように一つにまとめたのか財部さんに尋ねられると、
上田監督: まとまらない部分も魅力になればいいなって覚悟があったのでやれたのだと思います。バランスを取ろうと、すり合わせようとはしない で、それぞれの色をはっきり出してやって、でも引いてみたら一枚の絵になってる。

と、3人の共同監督だからこその特徴をアピールしました。

RATE 先生も、財部さんもかなりのハイペースで動画をアップしていることに話が及ぶと、

RATE 先生:妥協するところは妥協する。前はこだわりすぎていました。それより一日でも早く皆さんにお届けする方が良いなと

とがそのポイントを明かすと、

上田監督:最初は質も求めますけど、質が量に昇華するというか・・・。

と同意。1 カ月に1 本映画を撮っていた時期もあるという中泉監督は

中泉監督:何も分からないまま始めたので、クオリティは一回置いておいて、とにかく1カ月に1 本映画を作る。それをやったことが、学校にいくとかよりも数倍身になりました。

と同じくハイペースに映画を作ったことが一番の勉強になった経験を振り返ります。続いて

財部さん:数をこなすことによって得られるものがめちゃくちゃあるし、その中で自分の向きたい方向も固まっていく。足踏みして留まっていても仕方ない。その軌跡が自分の中に出来て、失敗も次に繋がればいいかな。

と語り、デジタル時代の映画監督と YouTube クリエイターという、クリエイター同士ならではの話題に花を咲かせました。

来場したクリエイターからアイディアの出し方を質問されると、

浅沼監督:僕は社会に興味があって、社会で起こっていることに対して、現地にいって感じで作ろうと思っています。僕はたくさん作るタイプではないので、そこにずっと取材をしながら出てくるようなストーリーで映画を作ったり。

と回答。また、

上田監督:こんなん映画になるかっていう発想を、なんとか映画として成立させよう!というチャレンジも含めた感じで映画をつくることが多い。

と、実際の体験をもとに『お米とおっぱい』を生み出したエピソードも交えて回答しました。

最後に・・・

上田監督:僕も YouTube をやりたいなってとどっか隅で思ってたんですよ。映画って出来上がってから反応をもらえるのが結構長くかかるので。もっと自分を遊べるような場を作りたいなと思ったので、今日本当にやってみようと思いました・・。

と上田チャンネル開設への野望を語り、大盛り上がりのなかイベントは終了となりました。

映画情報どっとこむ ralph 『イソップの思うツボ』

8 月16 日(金)より全国ロードショー!
公式 Twitter:@turtle_themovie
『イソップの思うツボ』ビジュアル 構想3 年、監督3 人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!!
あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い!
やがてむき出しになる、3 つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?
“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。
大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。
“復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。
三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる――。これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない!
騙されるな!!!!!!
誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮!予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!
結末は、あなたが思い描くどれとも、、、違う!!!

***********************************

製作:埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
脚本:上田慎一郎
共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢
監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢
出演:石川瑠華 井桁弘恵 紅甘
斉藤陽一郎 藤田健彦 髙橋雄祐 桐生コウジ 川瀬陽太 渡辺真起子 佐伯日菜子
制作・企画:デジタルSKIP ステーション 制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース
2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分
©埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ