「マイ・エンジェル

有楽町スバル座、最後の洋画ロードショーは『マイ・エンジェル』


映画情報どっとこむ ralph マリオン・コティヤール主演 2018カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品
愛し方が分からない母と、愛されたことのない娘。手探りで紡ぎ上げる、二人の<愛>の形とは。

2018年カンヌ国際映画祭「ある視点部門」正式出品作品、『マイ・エンジェル』が、8月10日(土)より、有楽町スバル座“最後の洋画ロードショー”作品として公開、ほか全国順次ロードショーとなります。
「マイ・エンジェル
映画情報どっとこむ ralph 昭和21年12月にスバル興業が《本邦初のロードショー劇場》としてオープンした“スバル座(旧劇場)”は、戦争中は厳しく禁じられていた外国映画を含め、新しい文化にいち早く触れたいという映画ファンを集め大盛況となり、その後の業界をリードしました。
(※有楽町スバル座公式サイトより)

話題の洋・邦画を上映して来た有楽町スバル座は、施設の老朽化等の理由から、今年10月、現在の有楽町ビル2階に再開館以来53年(旧劇場開館以来73年)の歴史に幕を下ろします。

歴代興行収入ベスト1の『シャイン』をはじめ、かつては『ブリキの太鼓』など大人向けの文芸作品やアート系の映画を上映する映画館としても知られていました。

興行収入では『シャイン』(97)が1位ですが動員数では『イージー・ライダー』(70)が『シャイン』より77000人多い動員で、当時の入場料金が安かったためだと考えられます。

その有楽町スバル座が最後にロードショーする洋画は、オスカー女優マリオン・コティヤールが、異例と言うべき新人女性監督とのコラボレーションに挑んだフランス映画『マイ・エンジェル』。 かつて足繁く通われた往年の映画ファンの皆様からミニシアター全盛期世代の映画ファンの皆様、そして初めてご来場される皆様も、この“最後の洋画ロードショー”の機会に、有楽町スバル座に足をお運びいただきたく。

映画情報どっとこむ ralph マイ・エンジェル

英題:angel face

my-angel-movie.com 

オスカー女優・マリオン・コティヤールが出演を熱望した、気鋭の新人女性監督による、美しくも切ない感動作。
「マイ・エンジェル 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したマリオン・コティヤールが、我が子を想いながらも、愛し方の分からない“母親”という難役を、渾身の役作りで体現。さらに注目は、厳しい現実を生きる少女を演じ過酷な世界を生き抜く強さを表現してみせた小さな主演女優エイリーヌ・アクソイ=エテックス。監督は、本作が長編デビュー作となるヴァネッサ・フィロ。本作で豊かな感性を発揮し、コティヤールに「素晴らしい才能の誕生」と言わしめた。
「マイ・エンジェル
物語・・・
南仏コート・ダジュールの海辺に暮らす、シングルマザーのマルレーヌと8歳の娘エリー。
きらびやかな街の片隅に取り残された母娘の、胸が張り裂けるほどの<愛>の物語。
南仏コート・ダジュールのシングルマザー、マルレーヌは愛する8歳の娘エリーと二人、気まぐれなその日暮らしの生活を送っていた。貧しいながらも幸せに暮らす二人だったが、再婚相手の男性との関係が破綻したマルレーヌは、厳しい現実から逃れるようにエリーの前から姿を眩ましてしまう…。

***********************************

出演:マリオン・コティヤール(『サンドラの週末』『君と歩く世界』『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』)、エイリーヌ・アクソイ=エテックス、アルバン・ルノワール(『ザ・スクワッド』『ゴール・オブ・ザ・デッド』)
監督/脚本:ヴァネッサ・フィロ
撮影:ギョーム・シフマン(『アーティスト』)
2018 年/フランス/シネマスコープ/108 分/PG12 
© 2018 WINDY PRODUCTION – MOANA FILMS – MARS FILMS LYNK HOLDINGS LIMITED – MY UNITY PRODUCTION
  
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ