映画情報どっとこむ ralph 押見修造×井口昇×岡田麿里×伊藤健太郎×玉城ティナ

この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』が9月27日に全国公開となります。原作者からの逆指名を受けた井口昇監督のもと、絶望の思春期を突き進む、超<変態>狂騒劇が幕を開けます!
惡の華

この度、ガールズ・スリーピースバンド、リーガルリリーが手掛ける本作の主題歌「ハナヒカリ」が9月25日(水)にリリースされることとなりました。

初回生産限定盤ジャケットは、漫画「惡の華」原作者である押見修造の描き下ろしイラストのデジパック仕様に。

水彩画タッチで描かれた「惡の華」のヒロイン・仲村佐和の儚げな表情は、原作のラストシーンを彷彿とさせるファン垂涎のアートワークに仕上がっています。「ハナヒカリ」の音源は、先日公開された、映画『惡の華』の予告編で一部いち早く聴くことができます。『惡の華』の世界観と共鳴しあい、より一層深みを増したものに仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph リーガルリリー Vo.Gt.たかはしほのかさんのコメントが到着しました!

たかはしさん:「惡の華」は、高校生の時に何度も読み返した漫画の1つで、当時の、自分が宝物にしていた記憶が映画の中でも感じられました。役者さんも、まるで漫画の中の行間も表現するように、自然な雰囲気をまとっていました。とても素晴らしい作品でした。挿入歌「魔女」は、高校生の頃、「惡の華」をよく手にとっていた頃に作りました。私の内なる爆発物は、音楽にすることによって、叫んでもだれにも怒られません。映画チームの方がこの曲を気に入ってくれて、この話をいただいたので、とても嬉しかったです。偶然は素敵なものです。作品と、監督、役者、この曲の全ての爆発が交わるシーンは、とても素敵なものでした。
主題歌には「ハナヒカリ」という曲を書き下ろしました。高校生から4年ほど経ちましたが、爆発は、形を変えて、音にすると、かなしみといらだちを行ったり来たりするだけになりました。
なぜ、そこで爆発できないのかというと、もうだれも守ってくれないからです。次は自分が誰かを守るようになるのです。そういうことを思って書きました。
リーガルリリー

映画情報どっとこむ ralph 2019年9月25日(水)発売
1st Single「ハナヒカリ」
■初回生産限定盤(CD) KSCL-3197~3198 / \1,111+税
押見修造描き下ろしイラストジャケット / デジパック仕様 / 封入特典アリ
■通常盤(CD) KSCL-3199 / \888+税

<収録楽曲>
ハナヒカリ※映画『惡の華』主題歌
魔女※映画『惡の華』挿入歌

映画情報どっとこむ ralph 映画『惡の華』

9/27(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
akunohana-movie.jp

公式twitter:
@akunohana_movie

『惡の華』本ビジュアル

【ストーリ―】
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

***********************************

伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  監督:井口昇  脚本:岡田麿里 
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ