SSFF & ASIA

米国アカデミー賞への切符を手に入れるのは?『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)』 2020年作品公募開始


映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞への切符を手に入れるのは? 映像作家の登竜門 ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020年作品公募開始 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は、2019年8月1日(木)より、22回目となる2020年の開催に向けた作品募集を開始いたしました。 応募対象となるのは、次年度の米国アカデミー賞短編部門へのノミネート選考対象となる「オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)」 および「ノンフィクション部門」の4部門に加え、CGを使用したアニメーション作品を対象とした「CGアニメーション部門」、東京をテーマにした作品を募集する「Cinematic Tokyo部門」。
SSFF & ASIA 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は、2019年8月1日(木)より、22回目となる2020年の開催に向けた作品募集を開始いたしました。
https://www.shortshorts.org/ja/creators/

映画情報どっとこむ ralph 応募対象となるのは、次年度の米国アカデミー賞短編部門へのノミネート選考対象となる「オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)」 および「ノンフィクション部門」の4部門に加え、CGを使用したアニメーション作品を対象とした「CGアニメーション部門」、東京をテーマにした作品を募集する「Cinematic Tokyo部門」。2020年の映画祭では、各部門優秀賞の発表と共に、オフィシャルコンペティションの優秀賞全3作品から選ばれるグランプリにジョージ・ルーカス アワードが授与されます。また、企業・行政によるブランデッドムービーを特集する「BRANDED SHORTS」も同時に募集スタートとなります。

SSFF & ASIAでは、2016年のグランプリ作品が第89回アカデミー賞短編実写部門でオスカーを獲得するなど、当映画祭を通じて躍進する監督が多数登場。昨年のシンガポール作品に続き、今年の映画祭でもジョージ・ルーカス アワード(グランプリ)は中国人監督 ツェンファン・ヤンによる『見下ろすとそこに / Down There』が受賞。アジアのフィルムメイカーたちの勢いも感じられます。


SSFF & ASIA 2019 公式審査員をつとめた安藤桃子監督は「映画である理由を見出せる作品、生きている・魂が感じられる作品を特に評価した」とコメント。SSFF & ASIAでは、ショートフィルムだからこその強さ・魅力をもった作品と出会えるのを楽しみにしています。


映画情報どっとこむ ralph SSFF&ASIA
<SSFF & ASIA 2020 募集要項>

■募集期間:2019年8月1日(木)14:00より開始
※応募締切は各部門によって異なります

■応募方法・応募に関する詳細:SSFF & ASIA 2020 作品募集ページを参照ください
https://www.shortshorts.org/ja/creators/

■発表方法:2020年4月末までに、ウェブサイトにて上映作品を発表予定

■応募に関する問い合わせ先:
submission@shortshorts.org


***********************************







関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ