代官山蔦屋『サケボム』トークイベントレポ


5月 24日(土)より新宿シネマカリテほか公開中で
濱田岳が、自身初の英語劇に挑戦した、明日ちょっとガンバレる青春“ほろ苦”ロードムービー

『サケボム』

23日(金)『サケボム』公開記念イベントが代官山蔦屋書店にて、主演の濱田岳さん、サキノジュンヤ監督を迎えて開催されました。

サケボム代官山蔦屋トークレポート1
はじめにサキノ監督は、濱田さんの出演経緯について、

「実は、海外生活が長いこともあって、最近の日本の役者さんってあまり知らなかったんです。それで、プロデューサーに相談したら、濱田さんのことを教えてもらいまして、すぐに過去作を観たら、素晴らしくって、濱田さんしかいない!って考えたんです」

と語り、これに対し、濱田さんは、本作への出演を決めた理由として、

「僕は海外に行った経験が少ないので、(主人公の)ナオトの境遇は僕に近いと思いました。それにせっかくいただいたチャンスですし、アメリカ人の日本人に対するイメージを変えるような日本人像を演じることができるんじゃないかと思ったんです。だって、彼らは日本のワビサビって知らないでしょ?それを伝えることができたらと思いましたね」

と語りました。

また濱田さんは、日本とアメリカの脚本の違いについて、

「日本だと脚本は縦書きなんですが、アメリカだと横書きで、それにも最初は戸惑いました。周りはアメリカ人のスタッフばかりですしね」

と初の海外撮影に最初は戸惑っていたというが、サキノ監督は、

「でも、濱田さんは、初めてなことばかりだったはずなのに、全く動じた様子がありませんでした。アメリカ人のスタッフとも、普通に打ち解けてやっていま

したし、本当に驚きました」

と濱田さんの大物ぶりを絶賛した。濱田さんは

「ピアノの発表会とか緊張する場所に出たら、お客さんが皆じゃがいもに見えるようにイメージしなさいって言うでしょ?僕にとって、その感覚に近かったですよ」

と語り会場の笑いを誘いました。

さらにサキノ監督は、本作で初の全編英語劇に挑んだ濱田さんの英語力について触れ、

サケボム代官山蔦屋トークレポート2「最初はどうなるか正直不安でしたけど、ちゃんと台詞も入っていて、何より役者とのやりとりが完璧なんですよ。それに濱田さんの場合、NGがほとんどなかったんです。むしろアメリカ人の役者の方が NG出していて。これは濱田さんの役者としての天性なのかもしれないですけど、驚きました」

と語り、濱田さんの役者としての凄みを賞賛した。そして、サウスバイサウスウエスト映画祭をはじめとした海外映画祭での反応についても触れ、

「これはお世辞抜きで、いろんな海外映画祭でも濱田さんは絶賛されていました。彼は普段から英語が話せる人なのか?って沢山質問されました。普通、英語があまりうまくない人を使う場合、編集テクニックで誤摩化したりするんですが、濱田さんの場合、そんなことをする必要が一切なかったんです」

と語ると、

「でも、僕は完成品を観たのがアメリカでの上映でだったから、当然日本語字幕なんてついていないでしょ。自分で演じているんだけど、自分が何を話しているのか全然わからなくって」

そして意外にも本作ではじめて海外映画祭に参加した経験について質問がおよぶと、

「海外のお客さんが大笑いしたりしているのを真近で感じて思ったのは、やっぱり映画ってお客様のものだなってことですね。そういう意味でも凄く勉強になりました。『サケボム』は僕にとって、キャリアのひとつとしても本当に素敵な経験をさせてもらった作品ですし、生涯忘れられない作品になりました。

ぜひ日本のお客様にも楽しんで欲しいです」

と観客にメッセージを送りました。

会場は、濱田さんとサキノ監督の息の合った掛け合いに終始笑いが絶えず、暖かい雰囲気に包まれました。

サケボム代官山蔦屋トークレポート
映画『サケボム』
公式サイト:http://sake-bomb.com/

2014年5月24日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
/6.14.大阪・TOHOシネマズなんば、山梨・TOHOシネマズ甲府、福岡・TOHOシネマズ天神ソラリア、愛知・名演小劇場、鹿児島・天文館ソラリア

過去記事:順番逆ですが
濱田岳登壇『サケボム』初日舞台挨拶レポ 

********************************************************************


創業 300年の伝統を誇る酒蔵の次世代を担うとってもコンサバな青年・ナオト。

ある日、突然の別れを告げていなくなってしまった元カノ・オリビアをあきらめきれず、一途に彼女を追いかけて、生まれてはじめてアメリカにまでやってきた!唯一の頼りにしてやってきた叔父さんは、従兄弟のセバスチャンが助けてくれると言うが、ひねくれ者の彼が素直にそうするわけもなく…。思いがけずに始まった何もかもが正反対のふたりの旅。

最初こそギクシャクしていた2人だったが、旅を通して、ナオトの存在は、コンプレックスのかたまりだったセバスチャンのささくれだった心を癒していく…。果たして2人の珍道中の結末は?そしてナオトの想いは元カノに届くのか!?

出演:濱田岳、ユージン・キム、マーレン・バーンズ、渡辺裕之
/
でんでん


監督:サキノジュンヤ
脚本:ジェフ・ミズシマ
配給:ピクチャーズデプト
2013年/アメリカ=日本/カラー/82分/1:2.35/5.1ch/英語・

日本語字幕/原題:SAKE-BOMB
(c)2013 pictures dept./Sake Bomb Films,LLC
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ