おいしい家族

松本穂香主演『おいしい家族』主題歌「みたいなこと」(yonige)が予告編で解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 第40回すばる文学賞佳作受賞・ndjc2015選出など、文学・映像両才能を発揮する新鋭作家ふくだももこの長編初監督作品『おいしい家族』の公開が決定しました。主人公・橙花を演じるのは、話題の若手女優・松本穂香。本作で長編映画初主演を務めます。
おいしい家族 亡き妻の服を着て暮らす父・青治には、多方面で活躍する板尾創路。青治のパートナーであり、お調子者の居候・和生には、浜野謙太が好演。人も気候も穏やかな島を舞台に、新たな家族像を作り上げました。

またこの度、本作の予告編の解禁に合わせて主題歌「みたいなこと」(yonige)の楽曲が解禁になった。予告編では、松本穂香演じる主人公・橙花(とうか)が久々に実家に戻ると、父の青治(板尾創路)から「父さん、母さんになろうと思う。」と衝撃的な告白を受け、混乱する橙花の姿や、そんな青治を優しく受け入れる、家族の和生(浜野謙太)、翠(笠松将)、ダリア(モトーラ世理奈)の姿が映しだされている。


予告編の後半には、今回の解禁で、初披露となった主題歌の「みたいなこと」を聴く事が出来る。

主題歌を担当したyonigeはふくだ監督、松本穂香と同郷の大阪出身で、au“三太郎シリーズ”「笑おう」編のTVCM曲「笑おう」の楽曲などで、知名度をグンと上げ、若者を中心に大きな注目を集めている。
yonige
一足早く本作を鑑賞したボーカルの牛丸ありさは、それぞれの個性を受け入れ合う世界観が描かれた本作を見て、「あなたの勝手にして欲しい。あなたの好きなようにして欲しい」とコメントしている。予告編の最後には、ふくだ監督自身が敬愛する小説家の西加奈子の「人間の美しさでなく、人間の歪さを肯定する作品です。」というコメントで締めくくられている。

映画情報どっとこむ ralph さらに、西のコメントの解禁と併せて、ヒューマントラストシネマ渋谷を始めとした上映劇場で、女優の伊藤沙莉、漫画家のおくやまゆか、モデルの村田倫子など多ジャンルの著名人のコメントが収められたコメントチラシの配布とパネルの展示が随時行われる。

また、7/4発売の文芸誌「すばる」で掲載された小説版「おいしい家族」が単行本として、9/26に発売することが決定し、文学・映像で才能を発揮している“ふくだももこ”を2つの表現方法で、堪能する事が出来る。

『おいしい家族』
映画『おいしい家族』
は、9月20日(金)より ヒューマントラストシネマ渋谷他全国公開。

【ストーリー】
松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

***********************************

出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎 
監督・脚本:ふくだももこ 音楽:本多俊之
製作:新井重人 松井智 
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝 金井隆治 プロデューサー:谷戸豊 清家優輝
アソシエイトプロデューサー:山野邊雅祥 撮影:高橋草太 
照明:山本浩資 録音:原川慎平 
美術:大原清孝 編集:宮島竜治  製作:日活/ハピネット 
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
企画・配給:日活
©2019「おいしい家族」製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ