「よこがお」冒頭シーン画像[1]

今週公開『よこがお』筒井真理子×池松壮亮、意味深な本編冒頭映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2016年『淵に立つ』で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞、世界から注目を集めた若き鬼才・深田晃司監督。

あれから2年、同作で毎日映画コンクール女優主演賞他、数々の映画賞を受賞した筒井真理子さんを主演に迎え、自身のオリジナル脚本による渾身の問題作『よこがお』がいよいよ、今週末7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿他全国公開となります!
「よこがお」 ある事件がきっかけで、

「無実の加害者」に仕立てあげられ、築き上げた幸せをすべて奪われた女・市子。自分を見捨てた人生に復讐するため、自由奔放な女“リサ”へと姿を変えて、ある計画を実行するのだが…。人生を取り戻すため、女が仕掛けた哀しくも危険な復讐とは?「これが私だったら」

と誰もが恐れずにはいられない、極上のヒューマン・サスペンス。
“演技者としての天才的なセンスを持つ”と監督が絶賛する女優・筒井真理子が演じるのは、市子/リサという異なる横顔をもつヒロイン。彼女の運命を握る、基子と和道を演じたのは、市川実日子と池松壮亮。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作で初共演となった筒井真理子と池松壮亮による、本編冒頭シーンの映像が解禁!

筒井真理子演じるヒロイン・市子が、池松壮亮演じる和道の働く美容院に客として現れ、意味深な会話を交わす本編映像が公開となりました。



和道の前では、“リサ”と名乗る市子。「前に一度いらしてないですか?」「どこかでお会いした気がするんですけれど」と問いかける和道に対し、「いえ、初めてです」と答えながらも自分の身の上話を続けるリサに戸惑う和道。よくある美容院での会話にみえるが、筒井演じるヒロインが和道をじっと見つめる意味ありげな横顔には、このあとの物語の波乱を予感させ、一気に作品世界に引き込む場面となっている。

深田作品に今回初参加となった池松壮亮について、「和道役は、筒井さんと『演技力でも釣り合いながら対峙できる俳優さんでなければ』と思って池松さんにお願いしました」と語る深田監督。さらに「脚本ではもっとチャラい美容師役でしたが、20代後半とは思えない落ち着きぶりの池松さんが演じることで、ニュアンスが変わっていきました」と評された池松演じる和道がどうヒロインの運命を変えていくのか。

映画情報どっとこむ ralph 『よこがお』

公式サイト:
yokogao-movie.jp

7/26(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿他全国公開
「よこがお」 【ストーリー】
リサと名乗るその女は、和道の前に突然現れた。美容師と客として、リサと接していた和道だったが、やがて彼女の不思議な魅力に惹かれていく。リサの本当の名前は市子。かつては優秀な訪問看護師だった。基子という訪問先の娘で、市子に憧れ以上の感情を頂く者もいた。ところがある日、基子の妹サキが失踪する。事件への関与を疑われた市子は、ねじまげられた真実により、築き上げた幸せのすべてを失う。市子は、“リサ”となって、ある危険な復讐を計画するのだが・・・

***********************************

出演:筒井真理子/市川実日子 池松壮亮/須藤蓮 小川未祐/吹越満
脚本・監督:深田晃司
配給:KADOKAWA  
【2019/111分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ】 
©2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS
   
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ