『北の果ての小さな村で』 能町みね子

「世界で一番行きたい場所がグリーンランドでした」能町みね子登壇!仏映画『北の果ての小さな村で』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 北極に位置する世界一大きな島グリーンランドを舞台にしたフランス映画『北の果ての小さな村で』を、7月27日(土)よりシネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国にて順次公開となります。

その公開に先立ちまして、7月22日(月)にシネスイッチ銀座にてトークイベント付特別試写会を行い、コラムニスト・イラストレーターとして雑誌・書籍をはじめ、近年ではその知識量と絶妙な着眼点での語り口からラジオやテレビでもご活躍の能町みね子さんと、雑誌ソトコトの現編集長・指出一正さんが登壇しました。
『北の果ての小さな村で』 能町みね子 日付:7月22日(月)
会場:シネスイッチ銀座
登壇:能町みね子 (文筆業・自称漫画家)、指出一正(ソトコト編集長)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の満席の会場には、梅雨のじめじめを吹き飛ばすような、お客さんのさわやかな感動が満ち溢れていた。
『北の果ての小さな村で』 能町みね子  指出一正 9年前にグリーンランドを訪れた経験のある能町さんは、

能町さん:私が行ったのは首都のヌークだったのですが、映画を観て“こういうところだったな”と思い出しました。ヌークは、映画の舞台のチニツキラーク村に比べ ると“都会”というか、人口も多いのですが、似ているところもあるし、田舎に行くともっとこうなるのか、とも思いました。

と自身の思い出と照らし合わせて感想を語った。特に印象に残ったところとして「狩猟のシーン」を挙げ

能町さん:半分ドキュメンタリー的な映画ですけど、どうやって撮ったんだろう、昔ながらのグリー ンランドの生活ってこういうことなんだな。

と感じたと言い、アウトドア雑誌の編集部にいたことがあるというソトコトの指出編集長は

指出編集長:この映画の狩猟と漁のシーンは本物。扱っている道具もすべて北欧のブランドなんですよ。地元の人が普段から使っているんでしょうね。

と専門的な観点から見どころを紹介する場面も。 著作「逃北~つかれたときは北へ逃げます」で、北海道や青森からグリーンランドまで、北を旅した思い出を綴っている能町さん。
『北の果ての小さな村で』 727公開<能町みね子能町さんGR旅行写真
なぜ「北」の地へ惹かれてし まうのか聞かれると、

能町さん:南の島が好きっていうのは、何で?と言われないのに、北が好きというと、北の人にすら何で?って言われるんですよ(笑)私は自分を全面的に肯定する気持ちがなくて、そんなに自信がなくて少し卑屈なんです。で、北のほうに行くと地元の方に“こんな町、なにもないのに…”と言われるんですね。 そして私が、“いや、そんなことないですよ”と返す、その一連のコミュニケーションが好きなんです。実は地元のことが好きなんだろうな、と気持ちがくすぐられて、そこ から少しずつ入り込んでいくのが好きなんですよね。

と、独特の理由を明かした。


グリーンランドには、昔から地図をみて気になっていたと言い、

能町さん:どういう人が住 んでいるのか、どんな景色が広がっているのか想像ができなかった。9 年前は、グーグルストリートビューもなくて、地図やガイドブックもなかったから何も分 からなかった。グリーンランドは世界で一番行きたいところでした。実は海外に行っていった地としては、タイ、アイスランド、グリーンランドと、グリーンラ ンドが 3 か国目だったんですよ(笑)。

と果てしないグリーンランドへの想いを語った。

また、イベント内では本作の主人公、デンマークからグリーンランドにやってきた新人教師アンダースから届いた、サプライズ動画メッセージも披露された。
『北の果ての小さな村で』 アンダースのメッセージ動画 映画 撮影後もチニツキラーク村で教師を続けているアンダースの元気な姿に、会場内からは驚きと感嘆の声が多く挙がった。


最後に・・・本作の見どころについて、

指出編集長:小さいけど、何もないかもしれないけれど、でも、いい場所というのは、日本だけじゃなく、世界中にもたくさんあると思います。この映画を 通して、グリーンランドのチニツキラーク村というかけがえのない土地を皆さんは発見したと思います。こんな世界があるんだな、いろんな暮らしがあるんだ なということを知ることで、複眼的に社会を見れるようになると思います。

能町さんは、徐々に村の生活や人々に打ち解けていくアンダースの心境の変化につ いて

能町さん:どこにいっても世界中でああいう村社会みたいなものがあるんだろうなと思いました。どこでも大歓迎とはならない、そのリアリティを感じました。

と語り、 グリーンランドへの愛が溢れたトークイベントとなった。

映画情報どっとこむ ralph 2018年 サンダンス映画祭 ワールドシネマ部門正式出品

『北の果ての小さな村で』

原題:Une année polaire
英題:A POLAR YEAR

7月27日(土)より、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー

www.zaziefilms.com/kitanomura/

『北の果ての小さな村で』
<STORY>
北極に位置するグリーンランド東部の、人口わずか80人の小さな村チニツキラークに、デンマークから28歳の青年教師アンダースが、子どもたちにデンマーク語を教えるために赴任した。家業の農場を継ぐか否か、迷った末の“自分探し”の選択だったが、そんな甘い考えはすぐに打ち砕かれる。言語、習慣の違いで授業はままならず、考え方の違いから村人からは孤立気味。そして想像以上に過酷な自然…。そんな時、狩猟のために学校を休んだ児童の一人アサーの家を、叱責するつもりで訪ねたアンダースは、少年の祖父母から様々なことを教えられることになる。それはこの地で暮らす者に必要な生活の知恵だけでなく、しなやかに強く生きていくための哲学でもあった…。

***********************************


監督・撮影・脚本:サミュエル・コラルデ

出演:アンダース・ヴィーデゴー、アサー・ボアセン、チニツキラーク村の人々

2017年/フランス/グリーンランド語、デンマーク語/94分/カラー/5.1ch/1:2.39/字幕翻訳:伊勢田京子
配給:ザジフィルムズ
© 2018 Geko Films and France 3 Cinema

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ