藤江れいなスピンオフ短編予告と主題歌解禁



瑞々しい田園風景。神奈川県・下村。18年間父と母の愛情を一身に受け育った大塚あやめは、高校卒業を控え進学のためここを出て行く。翌日に卒業式を控えた朝、目を覚ました彼女は…。


2014年秋公開予定の劇場長編映画「いつかの、玄関たちと、」のスピンオフ作品として製作された、勝又悠監督×藤江れいなの最新作。

「ワールド オブ ザ 体育館」

藤江演じるあやめの、卒業式前日にスポットを当てたファンタジックな短編。

「いつかの、玄関たちと、」劇場公開に先駆け、2014年6月下旬よりWEB映画館「Funtheater(ファンシアター)」http://funtheater.jpにてweb限定配信されることとなったそうです。

まずは予告編を公式HPにて初公開: http://taiikukan.itsugen.jp/

主題歌は名古屋を拠点に活動するMASHの新曲「パレード」。また本編の「いつかの、玄関たちと、」も同じくMASHの楽曲が主題歌を飾ることも決定しているそうです。

主題歌:MASH(マッシュ)
公式サイトはhttp://mashhour.jp

ワールド-オブ-ザ-体育館
ストーリーは、

美しい木々に囲まれた町。神奈川県下村。
この町には小学校や中学校はあっても、高校がない。
高校へ通うためには、バスに乗らなければならない。
渇いたチャイムが鳴る。山奥にそびえたつ、北足柄高校。
次の日に卒業式を控えた、大塚あやめ(18)は目を覚ます。
しかし、あやめの目にしたものは、変わり果てた体育館の風景だった。

無造作に設置されたピアノ、規律正しく並んだベッド、スポットライトが当たったステージ、殺風景ないつもの体育館と別物の体育館。

現実なのか夢なのか、見当もつかない、日常とは切り離されたその空間が、あやめを少しだけ大人にする。

いつもいつもひんやりと冷たかった体育館。

これは高校生活という世界の終焉。輝かしい過去に向けた惜別の言葉たちが、舞う。ショパンの「ノクターン」よりも相応しい、煌びやかな光たちに囲まれて、一人きりの卒業式が、今、始まる。

********************************************************************


<キャスト>藤江れいな
<スタッフ>監督・脚本:勝又悠
プロデューサー:中村勇介
制作プロダクション:STROBO RUSH
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ