Alex Honnold free solos on El Capitan's Freerider in Yosemite National Park.

アレックス・オノルドが巨岩エル・キャピタンに挑む!『フリーソロ』予告編とサブ写真が解禁


映画情報どっとこむ ralph 『フリーソロ』(原題:「Free Solo」)が9月6日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開することが決定しました。

この度、本作の予告編とサブ写真が解禁となりました。

Alex Honnold free solos on El Capitan's Freerider in Yosemite National Park.
全世界を興奮と熱狂の渦に巻き込み、本年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞をはじめ、2018トロント国際映画祭観客賞、2019英国アカデミー賞を受賞(共にドキュメンタリー部門)など、世界で45賞ノミネート、20賞受賞の快挙を成し遂げた傑作『フリーソロ』。

ナショナル ジオグラフィック ドキュメンタリー フィルムズ製作による本作は、稀代のクライマー、アレックス・オノルドによるカリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンにフリーソロで挑む一部始終を臨場感溢れるカメラワークで捉えている。監督は2015年の山岳ドキュメンタリー『MERU/メルー』で絶賛を博したエリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ、ジミー・チンのコンビで贈る。

冒頭から目を疑うような光景が続出し、誰もが手に汗を握り、息をのまずにいられない驚異の傑作、その全貌がついに明らかになる。
『フリーソロ』
映画情報どっとこむ ralph この度、解禁された本予告は、975メートルもの高さがある世界屈指の巨岩にしてクライミングの聖地エル・キャピタンを前に「絶対やる」と迷いなくコメントするオノルドの姿から始まる。

ロープや安全装置を一切使わず、素手のみでそこを登り切った者はいまだかつておらず、失敗=死を意味する挑戦だ。その後、そんな彼の身を案じ「何かあったら…」と大粒の涙を流す恋人サンニや、「滑落する彼を想像して、撮るべきか葛藤している」と語るジミー・チン監督が映し出される。本作がただクライミングを記録した映画というだけでなく、オノルドと同様に”死“を意識せざるを得なかった周りの人間たちとのドラマが詰まっていることが想像できる映像となっている。スリリングな緊張感と熱い感動に世界が絶賛した傑作ドキュメンタリーに期待して欲しい。


映画情報どっとこむ ralph 『フリーソロ』
原題:「Free Solo」

9月6日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

『フリーソロ』
物語・・・
身体を支えるロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登るフリーソロ・クライミングの若きスーパースター、アレックス・オノルドには、途方もなく壮大な夢があった。それはカリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑むこと。この世界屈指の危険な断崖絶壁をフリーソロで登りきった者は、かつてひとりもいない。幾度の失敗と練習を重ね、2017年6月3日早朝、アレックスは一人エル・キャピタンへと歩を進めていく。それは人類史上最大とも呼ばれる歴史的な挑戦の始まりだった……。
Alex Honnold free solos on El Capitan's Freerider in Yosemite National Park. 『フリーソロ』 『フリーソロ』 『フリーソロ』 『フリーソロ』 『フリーソロ』 『フリーソロ』
***********************************


監督・製作:エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ、ジミー・チン(『MERU/メルー』)
出演:アレックス・オノルド、トミー・コールドウェル、ジミー・チン、サンニ・マッカンドレス
撮影監督:ジミー・チン、クレア・ポプキン、マイキー・シェイファー 音楽:マルコ・ベルトラミ(『クワイエット・プレイス』『LOGAN/ローガン』) 主題歌「Gravity(原題)」:ティム・マッグロウ
2018年/アメリカ/100分/原題:Free solo 日本語字幕:畑アヤ子 字幕監修:平山ユージ 提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム
© 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ