おっさんたち、はじめてのシンクロ練習!思わず感動!『シンク・オア・スイム』メイキング映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて最多10部門にノミネート!

スウェーデンで実際に起き、ドキュメンタリーも公開されるなど話題を呼んだ“実話”を基に描く、サエないおじさんシンクロチームの人生リスタートをかけた感動のヒューマンドラマ、ジル・ルルーシュ監督による『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』より、初めてのシンクロ練習に戸惑いながらも奮闘するマチュー・アマルリックら出演者たちの姿を収めたメイキングシーンを解禁となりました!
この度解禁されるのは、マチュー・アマルリックを筆頭に、初めてのシンクロ練習に戸惑いながらも奮闘する出演者たちの姿!

オリンピックの女子シンクロナイズド・スイミングチーム(アーティスティックスイミング)の振付師であるジュリー・ファーブルの厳しい指導のもと、だぶついた身体もなんのその、
自身の全てをさらけ出した海水パンツ1枚の姿で、水中で必死に動きをシンクロさせようとする姿は感動の一言。

ジル・ルルーシュ監督の熱い檄をとばす姿も随所に収められたリアルなメイキング映像となっております。



「ジルだったから、この作品に参加した」と語る主演のベルトランを演じたマチュー・アマルリックは、本作の撮影するきっかけはラプノー監督(”Belles Familles”)の撮影で生まれた友情からだったと明かす。

「当時、彼は僕に男子シンクロナイズド・スイミングのドキュメンタリーを見せ、それをテーマにした映画を撮ろうと思っていると語っていました。その2年後に脚本を渡されましたが、僕は読む前に「イエス」と即答しました。

そして、ジルへの質問は「(撮影は)いつだ?」の一つしかありませんでした。
当時、僕は自分が監督・出演の映画(2017年『バルバラ セーヌの黒いバラ』)を撮っていたのですが、残念ながらそのスケジュールと重なってしまい、ジルからの依頼に応えることができなくなりました。ですが翌日、ジルは僕を待っていてくれるという連絡をくれたのです。僕の作品の撮影が終わるタイミングで、『シンク・オア・スイムーイチかバチか俺たちの夢ー』の撮影をスタートさせる予定でしたが、制作が遅れてしまい、僕はその頃になってもまだ自分の作品の編集をしていました。その結果、昼間は僕の作品の編集をし、夜はプールでジルの作品の撮影をしていたのです。」と、ジル監督に絶大な信頼を寄せた本作への想いを語っています。
シンク・オア・スイム
映画情報どっとこむ ralph うつ病でニートのベルトラン役は『潜水服は蝶の夢を見る』(07)のマチュー・アマルリック、妻と母に捨てられすぐにブチきれるロラン役は『ザ・ビーチ』(00)のギョーム・カネ、会社経営に失敗して自己嫌悪に陥るマルキュス役は『チャップリンの贈りもの』(14)のブノワ・ポールヴールド、ミュージシャンになる夢を捨てられないシモン役は『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(86)のジャン=ユーグ・アングラード。数々の映画賞受賞歴を持つ主役級の役者たちが、まさに文字通りの〝体当たり演技″でスクリーンを湧かせてくれます。

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

原題『Le grand bain』
英題『SINK OR SWIM』
2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトラン(マチュー・アマルリック)。
子供たちからは軽蔑され、義姉夫婦からも嫌味を言われる日々をどうにかしたいと思っていたある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング※」のメンバー募集を目にする。
途端に惹きつけられたベルトランはチーム入りを決意するが、そのメンバーは皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中のおじさん集団だった!
シンクロ選手のコーチ、デルフィーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)のもと、あらゆるトラブルに見舞われながらもトレーニングに励むおじさんたち。
そして無謀にも、世界選手権で金メダルを目指すことになるのだが・・・!?


※2017年7月22日、国際水泳連盟が種目名を「シンクロナイズド・スイミング」から「アーティスティックスイミング」に変更すると発表。伴い、日本水泳連盟も2018年4月1日から種目名等を「アーティスティックスイミング」に一斉に変更した。


***********************************

監督:ジル・ルルーシュ 
脚本・脚色:ジル・ルルーシュ、アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ 
出演:マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールヴールド、ジャン=ユーグ・アングラード
2018/フランス/スコープサイズ/122分/カラー/フランス語/DCP/5.1ch
日本語字幕:加藤リツ子
配給:キノフィルムズ/木下グループ/PG-12
(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ