映画情報どっとこむ ralph 本年3月22日より全国公開されました日露合作映画、『ソローキンの見た桜』が10月1日(火)よりロシア全土での公開が決定しました!

(ロシア配給窓口:A Synchrony Media & Entertainment)ロシアタイトルは『В плену у сакуры』(日本語訳『桜にとらわれて』)に決定。

本年4月に開催された第41回モスクワ国際映画祭ではアウト・オブ・コンペティション部門に正式出品され、ロシアでも話題になりました。ロシアでの公開は近年の日本映画(アニメやホラー作品を除く)では最大級の200スクリーン規模での公開となります。

本作は日露戦争時代、日本で初めて作られた松山市の捕虜収容所を舞台に、ロシア兵と日本人看護師の数奇な運命を描いた心揺さぶる感動のドラマ。劇中には、エルミタージュ美術館前に広がる宮殿広場や、聖イサアク大聖堂広場、ネフスキー大通り、跳ね上げ橋(ネヴァ川)、サンクトペテルブルク国立大学など、サンクトペテルブルクの中でも特に有名なスポットで撮影されました。
監督は、ロシアの巨匠アレクサンドル・ソクーロフの「太陽」にメイキング監督として参加し、前作「レミ二センティア」で衝撃的なSFの世界を創り上げ話題となった井上雅貴。ロシアでの劇場公開決定にあたり、井上監督よりコメントが届いております。ぜひ本情報の、ご掲載・お取扱いのほどよろしくお願い致します。

<井上雅貴監督>
日本人監督の映画が、映画祭ではなく興行としてロシアで公開されるのはなかなか無い事です。日本の公開時よりも緊張しますが、モスクワ国際映画祭での反応は非常に良かったので、きっと楽しんでいただけると思います。ぜひロシアでも大ヒットとなり、その熱量が日本に伝わって来ると嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 『ソローキンの見た桜』

公式サイト:
https://sorokin-movie.com/

<ストーリー> 
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに—— 日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・・

***********************************

出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ 山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政 海老瀬はな 戒田節子 山本修夢
藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎 斎藤工 イッセー尾形

監督・脚本・編集:井上雅貴
製作:「ソローキンの見た桜」製作委員会
配給:KADOKAWA  
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ