映画情報どっとこむ ralph 魔夜峰央原作の超人気作品「パタリロ!」。2016 年の 2.5 次元ミュージカル化に続き、映画化!「翔んで埼玉」の大ヒットで魔夜峰央先生ブームが再来してい る中、今度は劇場版「パタリロ!」が新たなセンセーションを巻き起こします。 6月28日(金)に初日を迎えました!

そしてこの度、主演のパタリロ=加藤諒さん、舞台「パタリロ!」シ リーズから本作まで全てを手掛けている小林顕作監督。さらに原作者であり、本作に出演している魔夜峰央先生が登壇して行われました!

TOHO シネマズ新宿をイベント会場に、6月28日(金)公開初日舞台挨拶は加藤諒さん、小林監督、魔夜先生が登場して大盛り上がり!

そして、2日目の6月29日(土)公開記念舞台挨拶には加藤諒さんとタマネギ9号、11号、19号、21号が登壇して行われました!

と、言うことで先ず2日目の模様をご紹介!

劇場版「パタリロ!」公開初日舞台挨拶
日付:6月29日(土)
場所:TOHO シネマズ新宿 スクリーン7
登壇:
加藤諒、細貝圭、金井成大、石田隼、三津谷亮

映画情報どっとこむ ralph 約 400 人の観客が本作を鑑賞した余韻もつかの間、「ビバ昭和!ビバ花とゆめ!」の BGM が鳴り響く中まず最初に登場したのは、パタリロ皇太子の衣裳を身にまとう加藤諒さん。

そして、タマネギ 21 号の細貝圭さんが「タマタマタマタマタマタマ…」と登場するも、後に続くタマネギ 9 号の金井成大さん、タマネギ 11 号の石田隼さん、タマネギ 19 号の三津谷亮さんからは「何?タマタマって?」「何やってる の?」という想定外の反応に「え?打合せで…だってさ…」と動揺する三津谷さん。「打ち合わせしてないでしょ?怖いんだけど…」と 舞台挨拶が始まる前から衝突するタマネギ部隊。


加藤さん:三っちゃんは、役になりきって舞台挨拶をしてくれるっていうことでし ょ?

とフォローに入ると

三津谷さん:タマ!そうタマ!殿下のために今日は!

と気合十分。

加藤さん:本日、2 日目ご来場ありがと うございます。客席に沢山のお客さんが入っているのを間近でみることが出来て本当に嬉しいですし、安心しております。今日こ こにマライヒとバンコランがいないのは寂しいですが、今日はあのタマネギ部隊の…あのね、あの、タマネギ部隊が来て下さって いるので(笑)

と言葉に詰まるところをすかさず「顔引きつっていたけどね(笑)」とタマネギ部隊から総ツッコミが。

続いて

三津谷さん:タマネギ19号の三津谷亮です!

と元気良く挨拶を。

金井さん:タマネギ9 号を演じました、フェロモンキャンディ・金井成大で す(笑)フェロモンキャンディをこれからもよろしくお願いします(笑)

と挨拶。

細貝さん:Hi, everyone. I played role of TAMANEGE Twenty first~

と英語で流暢にスピ―チを披露。すると

石田さん:皆さん本当に『パタリロ!』 を観て下さりありがとうございます。本当に細貝圭は自分自身もすごく感銘なことを受けています(笑)

と何故か通訳に入る場面も。

しかし、細貝さん本人から改めて

細貝さん:タマネギ 21 号を演じさせていただきました、細貝圭です。2 年前に撮影した映画がこうしてよう やく公開されて、嬉しく思っていますし、すごい不思議な気持ちです(笑)

挨拶。最後に

石田さん:タマネギ 11 号役の膝に キスした石田隼です。今日は素的な一日にしまししょう。

と挨拶。

パタリロ皇太子とタマネギ部隊による異様な舞台挨拶に「ヤバ いよ…この舞台挨拶」と何かの危険を察知した細圭。

加藤さん:『パタリロ!』の舞台挨拶っていつもこんな感じですよね?

と 関係者に意見求める場面も。

映画情報どっとこむ ralph 上映後ということもあり、

加藤さん:ちょっと感想聞いてみよう…か?

ということに。女性のお客様は 「面白かったです!」と絶賛。

細貝さん:誰が良かったですか?

と聞かれる女性。すると、「細貝さん!」と即答!細貝は「やった ぜ!」と喜びを爆発させる場面も。

加藤さん:え?

細貝さん以外のタマネギ部隊からは「(本編)観てないなあの人!」「ちゃんと見ていないんじゃないの?」と横やりが。

加藤さん:あのー、細貝圭君のファンということですか?

という質問に対して女性は「そうです!」と答えると、

細貝さん:初めまして!

と挨拶。その女性も「初めまして!」と挨拶返しすると、会場が微妙な空気に。タマネ ギ部隊からは「何だこれ!(笑)」「何の時間だよ!(笑)」とツッコみが。

さらに続けて、

三津谷さん:何の時間だよ!この野郎!

と大声で叫ぶ場面も。


話は変わり、

三津谷さん:久しぶりにタマネギ被ったけど。

と切り出すと、

加藤さん:三っちゃんは、映画ではタマネギ部隊で、舞台ではこのロビー少尉を演じていて

と言い、

三津谷さん:短時間しか被っていないけど、もう痛くなっ ている。

と思わず本音を吐露する場面も。

石田さん:タマネギの職業病なんです(笑)慣れてくるとだんだん頭の形が タマネギになってくる(笑)

と笑いを誘う一幕も。

加藤さん:三っちゃんは、小林亮太君のキスシーンがあったよね?

と切り出 すと

三津谷さん:小林亮太君とのキスシーンが初対面!

という三津谷さんの発言を受けて、

細貝さん:亮太が可哀そう…。

と同情する場面も。さらに

三津谷さん:キスする前は、ぎこちなかったんだけど、最初のキスシーンがあったからこそ、その後のシーンでは (愛)育めた(笑)

と照れ照れ。

細貝さん:三津谷がリードしてあげたの?

と直球な質問に

三津谷さん:ポジション的には、俺が男のポジションでやっていたつもりなんだけど、やっぱり先輩風ふかしながら…おいっ…おいっっ…うぇっっん!

と 擬音を交えながら状況説明すると

細貝さん:気持ち悪い!(笑)

と一言。

加藤さん:そんな感じだっけ、もっとソフ ティーだった気が(笑)

と腑に落ちない様子。

三津谷さん:あそこのキスシーンは、顕作さんこだわって下さって、もっともっとソフ トに。でももっとエロく。

と演技指導を受けたそう。

加藤さん:石田君は膝にキスしていたじゃない?どうだったの?

という質問に

石田さん:味はー、しょっぱかったね(笑)やっぱり、汗をかいていたんだろうね(笑)

と会場の笑いを誘う場面も。撮影現場でのエ ピソードに話が及ぶと、

細貝さん:隼は撮影中に手袋をなくしてさ!

と切り出すと、

加藤さん:それは、知ってる(笑)

と反応。

石田さん:最初は、亮君の手袋借りたけど、亮君が次のシーン出るから手袋はないといけないと…ヤバい、1 個ないじゃん!となって、春日部市役所のガチの警備員の軍手を借りた(笑)

と言うと会場は大爆笑!

加藤さん:じゃあ、1 シーン(石田は)軍手 になっているということ?(笑)

と言うと

石田さん:よく見れば軍手になっているかも(笑)

加藤さん:もう 1 回見てください!

とそのシーンをおススメ。

細貝さん:(警備員への)交渉に 30 分ぐらいかかっていたよね?(笑)

石田さん:市役所貸していただいたのに、軍手は貸してくれないんだ…(笑)

と言うに「いや、無くしたお前が悪い!(笑)」と全員から総ツッコミ が。

石田さん:本当は無くしてなかった。

と真相を伝えると

加藤さん:え?どこにあったの?

石田さん:ベンチコートのポケット が破れてて…(笑)

と当時大騒ぎだった撮影エピソードで盛り上がる場面も。

加藤さん:今回、須賀さんがタマネギ63号として出演していたけど、共演されてみてどうだったの?

と聞かれると

石田さん:もう、可愛いよね(笑)タマタママタマ…と良く走るけど、あ の動きが一番似合ってる(笑)須賀君が(笑)

と言うと「あ~確かに確かに!」と全員同意する場面も。

三津谷さん:撮影初日が4人一緒で。小林亮太君と俺と…で俺たちがキスしているシーンを(須賀君が)目撃するシーンで、その時にけっこうガチでショック受けてる表情してて、多分気持ち悪かったんだろうなって(笑)

と話すと

加藤さん:それね、凄く戸惑ってた (笑)、どうしたらいいんだろうと(笑)

とその当時の様子を語る場面も。続けて

加藤さん:須賀さんは映画を見た感想を『タマネギ部隊がすごい面白かった(笑)』」といってましたよ!

と伝えると「ありがたい!」喜ぶタマネギ部隊の面々。

映画情報どっとこむ ralph

最後に、

加藤さん:この作品は皆大好きなので、皆さんにも愛してもらえるような作品になったらいいなと思います。ツイッターとかで拡散し ていただいたり、石田君の軍手を探しにまた見に来てはいかがでしょうか?(笑)皆さん、ありがとうございました!

と会場 から割れんばかりの拍手が鳴る中、幕を閉じました。



劇場版「パタリロ!」

6月28日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国順次ロードショー!

公式サイト:
https://patalliro-themovie.jp/

主人公のパタリロを演じるのはもちろん舞台版と同じく加藤諒。「生きたパタリロ」とも呼ばれる存在感を大爆発させ、歌って、踊って、スベって、ドタバタと躍動しています。青木玄徳と佐奈宏紀が演じる、バンコランとマライヒの倒錯した純愛も大きな見所です。またタマネギ部隊の一員として須賀健太が出演している他、哀川翔、西岡德馬、鈴木砂羽、松村雄基、近江谷太朗、木下ほうかといった超豪華俳優陣も大きな話題となっています。

監督は舞台「パタリロ!」の演出も手がけ、俳優・声優・脚本家・演出家・ダンサー・ミュージシャンとマルチに活躍するクリエイターの小林顕作。「舞台を“少しだけ映画寄り”にしてみました」と語り、主要なスタッフ・キャストは舞台版のメンバーがそのまま担当。独特の空気感とぶっ飛んだ面白さは保証書付きです。

***********************************

原作:魔夜峰央「パタリロ!」(白泉社刊)
監督:小林顕作
監督補:小泉宗仁
脚本:池田テツヒロ
音楽:小林顕作
撮影:伊集守忠
照明:酒井隆英
舞台照明:坂本明浩 衣装デザイン:朝月真次郎
美術:片平圭衣子 ヘアメイク:堀川貴世
振付:足立夏海 平原慎太郎

出演:加藤諒/青木玄徳 佐奈宏紀/細貝圭 金井成大 石田隼 吉本恒生 三津谷亮 小林亮太/ 松村雄基 近江谷太朗 木下ほうか 池田鉄洋/須賀健太 鈴木砂羽/魔夜峰央/西岡德馬/哀川翔 ほか
2019 年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/103 分
配給:HIGH BROW CINEMA
©魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ