村上龍の小説がハリウッドで映画化 サイコスリラー『ピアッシング』衝撃の冒頭映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する作家の作品が多くの海外映像クリエイターたちに影響を与えてきた中、ひと際異彩 を放つ作品として村上龍の小説がハリウッドで映画化。

殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女が出会い、オープニングからラストまで緊迫感が持続するサイコスリラー『ピアッシング』(原題: Piercing)が、6月28日(金)より新宿シネマカリテほか全国ロードショーとなります。

この原作に魅せられたのが、米インディーズ界の新鋭ニコラス・ペッシェ。デビュー作で2016年 ファンタスティック映画祭の5部門を受賞した注目の監督が、洗練されたスタイルで映像化。主人 公は幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動を抑えるためにSM嬢の殺害を計画。しかし呼び 出した女はいきなり自分自身を傷つけはじめる…。出演は『ファースト・マン』のクリスト ファー・アボットと、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ。ペッシェ監督は 次回作で『呪怨』のリブート版に取り組むなど、日本文化を敬愛。劇中に荒木経惟の写真を使って いるほか、和洋芸術の絶妙な親和性が作品に不思議な深みを与えています。スタイリッシュであり ながら現実との境界線が曖昧な建物造形も、オリジナリティあふれる世界観を形作っています。

今回、異例の解禁となったのは、作品のオープニング2分15秒そのままの映像。はじまりは先ご ろ追加で到着した場面写真にも含まれていた、現実感との境界線が曖昧で不思議な世界観へと誘う 高層ビル群。その一室で寝ている可愛い赤ん坊に鋭いアイスピックの先が向けられる。まるで何か の妄想にとりつかれたようにアイスピックを握っているのは父親で主人公のリード(クリスト ファー・アボット)。彼の持つ殺人願望が、自分の幼い娘に向けられるという衝撃の内容となって います。「オープニングからラストまで緊迫感が持続する」という言葉通り、予告編だけでも十分 に極限の緊迫感が伝わってきましたが、やはり本編はさらにその上を行っています。ネタバレなど というレベルではなく、『ピアッシング』のあらゆるエッセンスが凝縮されたと言っても過言では ない2分15秒。観てはいけないもののようでありながら、一度神経をつかまれてしまうと更にそ の先への期待感が膨らむ内容となっています。



映画情報どっとこむ ralph ピアッシング
原題: Piercing

公式サイト:
piercing-movie.com


【STORY】
主人公は自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られる男。彼はその衝動を抑えるため、SM嬢をホテルに呼び出し て殺害する計画を立てる。しかし計画は滑稽なほど思い通りにはいかない。ホテルにやってきた女は、いきなり自分自身を傷つけて倒れこんでしま う。これはリアルな悪夢なのか、シュールな現実なのか? 刃を外に向ける者と内に向ける者は、磁石のプラスとマイナスのように交わり、やがて 共鳴していくのだろうか…。

***********************************


原作:村上龍「ピアッシング」(幻冬舎文庫)
脚本・監督:ニコラス・ペッシェ
撮影:ザッカリー・ギャラー
美術:アラン・ランパート
音楽スーパーバイザー:ラン
ドール・ポスター

出演:クリストファー・アボット、ミア・ワシコウスカ、ライア・コスタ

提供:カルチュア・パブリッシャーズ
宣伝:松竹ナビ
配給:パルコ

2018年/アメリカ映画/カラー/ビスタ/5.1ch/81分
©2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.








関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ