『JAPAN CUTS ~ジャパン・カッツ~』開催へ!オープニングは 『ダンスウィズミー』三吉彩花舞台挨拶も


映画情報どっとこむ ralph 2019年7月19日(金)~28日(日)日本映画祭 第13回『JAPAN CUTS ~ジャパン・カッツ~』を開催。(日時の表記は、米国東部標準時間になります)


ジャパン・ソサエティー(JS)では、2019年7月19日(金)から7月28日(日)に渡り、毎年恒例夏の日本映画祭・第13回『JAPAN CUTS〜ジャパン・カッツ〜』を開催します。今年で13回目を迎えるジャパン・カッツでは、様々なジャンルの日本映画から26本の長編作品と16本の短編作品を全作英語字幕付きで紹介します。


そのエキサイティングなラインアップは、アクション時代劇から家族ドラマ、心温まるコメディー、ゾクゾクするスリラー、ドキュメンタリーや実験映像まで吟味した幅広いジャンルの作品を一挙に上映!日本映画界のトレンドや日本社会の風潮を感じていただけます。

オープニング作品は、米国初公開の矢口史靖監督によるミュージカルコメディ『ダンスウィズミー』。
ダンスウィズミー ©2019「ダンスウィズミー」製作委員会

矢口監督と女優・三吉彩花をゲストに迎え、上映後にはオープニング・ナイト・レセプションを開催します。センターピース上映作品には、塚本晋也監督が出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた注目作『斬、』を上映。

その他には、小林薫&柳楽優弥の豪華ダブル出演、是枝裕和監督&西川美和監督の愛弟子・広瀬奈々子の監督デビュー作品『夜明け』、是枝裕和監督が総合監修を務めたオムニバス作品『十年 Ten Years Japan』、新鋭・三宅唱監督による『きみの鳥はうたえる』などの話題作を上映します。ドキュメンタリー映画では、自殺志願者を支える牧師、認知症の患者を抱えた家族、全盲者の監督による映画制作の現場など日本が抱える社会問題や社会の中の弱者側を主体にしたヒューマニストな3作品を紹介します。また、クラシック作品のリマスター版では、アニメーションの巨匠・手塚治虫の息子である手塚眞監督の1985年に制作した監督デビュー作品『星くず兄弟の伝説』を上映します。本映画祭の最後を飾るのは、若手女性監督・箱田優子の監督デビュー作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』。箱田監督と女優・夏帆とシム・ウンギョンをゲストに迎えます。一度見逃したら、ニューヨークではなかなか大画面で観る事が出来ない作品ばかりです。


ゲストには、若手女優の注目株・三吉彩花、『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』などの大ヒット作品で知られる矢口史靖監督、監督・俳優・脚本家などマルチに活躍している塚本晋也、アニメ界の巨匠・手塚治虫を父に持つ手塚眞監督、新人女性監督の広瀬奈々子や箱田優子などが登壇します。ジャパン・カッツ では8年前から日本映画界に貢献をしている監督や俳優の功績を称える「CUT ABOVE(カット・アバブ)」賞を設けており、今年の「CUT ABOVE賞 for Outstanding Achievement in Film」は、塚本晋也監督に贈られます。

映画情報どっとこむ ralph 【上映会スケジュール】

7月19日(金)
『ダンスウィズミー』(午後7時) 矢口史靖監督と女優・三吉彩花による舞台挨拶及び質疑応答。上映後にオープニング・ナイト・レセプションを開催!

7月20日(土) 
『ねことじいちゃん』(午後12時)
『WHOLE』(午後2時15分)、冒頭に同時上映・ 『東京クルド』川添ビイラル監督、俳優・海・星野・サンディーと川添ウスマンによる舞台挨拶及び質疑応答
『ぼけますから、よろしくお願いします。』(午後4時15分)
『天然☆生活』(午後6時30分) 永山正史監督と俳優・川瀬陽太と女優・三枝奈都紀による舞台挨拶及び質疑応答
『十年 Ten Years Japan』(午後9時)

7月21日(日) 
『引っ越し大名!』(午後12時)
『牧師といのちの崖』(午後2時30分) 加瀬澤充監督による舞台挨拶及び質疑応答
『教誨師』(午後5時15分) 
『月夜釜合戦』(午後7時45分)冒頭に同時上映『たこ焼きストーリー』俳優・川瀬陽太による舞台挨拶及び質疑応答

7月22日(月)
『NDJC vol. 1』(午後4時30分)
『JKエレジー』(午後6時30分) 松上元太監督と女優・希代彩による舞台挨拶及び質疑応答
『きみの鳥はうたえる』(午後9時)

7月23日(火) 『NDJC vol. 2』(午後5時)
『夜明け』 (午後6時30分) 広瀬奈々子監督による舞台挨拶・質疑応答
『赤い雪』(午後9時30分)

7月24日(水) 
『斬、』(午後7時)塚本晋也監督による舞台挨拶及び質疑応答、「CUT ABOVE (カット・アバブ)賞for Outstanding Achievement in Film」授賞式。上映会後にパーティーを開催!

7月25日(木)
『バレット・バレエ』(午後6時30分) 塚本晋也監督による舞台挨拶及び質疑応答
『エリカ38』(午後9時)

7月26日(金) 
『僕はイエス様が嫌い』(午後6時30分)冒頭に同時上映『Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41』 奥山大史監督による舞台挨拶及び質疑応答
『メランコリック』(午後9時)

7月27日(土) 
『泣き虫しょったんの奇跡』(午後12時)豊田利晃監督による舞台挨拶及び質疑応答。
『浜辺のゲーム』(午後3時)
『新聞記者』(午後4時45分) シム・ウンギョンによる舞台挨拶及び質疑応答
『星くず兄弟の伝説』(午後7時15分) 手塚眞監督による舞台挨拶及び質疑応答
『EXPERIMENTAL SPOTLIGHT(実験映像・スポットライト):Palm of the Hand Cinema』(午後9時45分)

7月28日(日) 
『嵐電』(午後12時)
『ナイトクルージング』(午後2時30分) 佐々木誠監督、プロデューサー・田中みゆきと加藤秀幸氏による舞台挨拶及び質疑応答
『オーファンズ・ブルース』(午後6時)
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(午後8時) 箱田優子監督と女優・夏帆とシム・ウンギョンによる舞台挨拶及び質疑応答


【 チケット・インフォメーション】
入場料: 一般 15ドル/ 学生・シニア・障がい者 12ドル/ 会員 10ドル 
* 7月19日(金)&7月24日(水) ソフトドリンク・ワイン・ビール飲み放題とおつまみ付き上映後パーティー付き上映会: 一般 21ドル/ 学生・シニア 18ドル/ 会員 16ドル (映画のみのチケットはありません)
*チケット販売開始:JS メンバー 6月11日(火)/一般 6月18日(火)

特別割引: 3作品以上同時購入で各券が2ドルずつ割引!

3作品以上を同時にご購入頂いた場合には、チケット一枚につき2ドルの割引が適用されます。

(注)この特別割引は、7月19日(金)『ダンスウィズミー』と7月24日(水)『斬、』の上映会には適用されません。


オール・アクセス・パス:JS会員 210ドル!
本映画祭開催中、全ての上映会に入場できるパス。
(注)オール・アクセス・パスはJS会員がご利用いただけます。ボックス・オフィスまたは電話でのご購入を推奨します。オンラインでご購入頂く場合には、追加で別途手数料が掛かります。
会場: JS (333 E. 47th St., between 1st and 2nd Avenues)


チケット購入・お問い合わせ: ボックス・オフィス 212-715-1258(米国:ニューヨーク) (月曜~金曜 午前11時~午後7時/土日(映画祭開催中のみ) 午前11時~午後5時) または オンラインwww.japansociety.org
*7月4日(木)は閉館しており、ボックス・オフィスでのチケット購入ができないことをご了承下さい。

チケット発行手数料
オンライン:チケット一枚につき1ドル
電話:チケットの枚数に関わらず、注文1回につき3ドル
ボックス・オフィス:手数料なし

(注)JS会員価格でのチケット購入の際には会員IDの提示が必要です。特別な場合を除き、会員は1回につき2枚まで特別割引価格でチケット購入ができます。すべてのチケットの払い戻し・交換はできません。

*詳しくは公式サイト をご覧ください。上映作品のタイトルおよび上映開始時刻は予告なしに変更されることがありますのでご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph パネル討論会

『日本の映画修復業界の現状』

The Current State of Film Restoration in Japan

7月26日 金曜日 午後4時30分

映像修復は世界の映画史を守るため極めて大切な行為です。米国のメジャースタジオではクラシック作品の修復版の再発売に向けて資金投資をして支援したり、ヨーロッパや世界各国の政府機関はそれぞれの国の映画史を温存するための基金を用意していますが、日本では世界映画史に残る日本映画の傑作と言われるクラシック作品でさえ4Kデジタル修復版への資金調達に苦労しているのが現状です。本パネル討論会では、修復業界のプロ達が日本の映画修復の現状について語っていただき、今後のプロジェクトの具体化につながるアイデアなどについて意見を交換します。また、角川映画とマーティン・スコセッシ監督が立ち上げた非営利団体・Film Foundation とのコラボによりNYの映像修復会社・シネリックで実現した溝口健二監督の『雨月物語』(1953年)から修復場面の事前・事後処理のデモンストレーションの映像も御覧いただきます。

60分|無料|先着順の受付となります。


***********************************

2019年度のジャパン・カッツ映画祭は、以下の団体・企業および個人より支援・後援を頂いています。

JAPAN CUTS is subsidized by J-LOD, funding from The Ministry of Economy, Trade and Industry of Japan.
JAPAN CUTS is sponsored by Shiseido and Sapporo U.S.A., Inc.
Special thanks to Dentsu Aegis Network.
Additional support is provided by The Globus Family and Masu Hiroshi Masuyama.
Transportation is generously provided by Japan Airlines, the exclusive Japanese airline sponsor of Film Programs at Japan Society.

JS映画部(2019年-2020年度)は、以下の財団・基金・企業および個人より支援・後援を頂いています。
Lila Wallace-Reader’s Digest Endowment Fund, Gaia Holistic Health Foundation/Dr. Kazuko Tatsumura-Hillyer, The Globus Family, Masu Hiroshi Masuyama, Geoff and Fumi Matters, James Read Levy, David S. Howe, Dr. Tatsuji Namba, Akiko Koide and Shohei Koide, Laurel Gonsalves, David Toberisky, and Hiroshi Tsuyuki and Yasuko Tsuyuki.




関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ