映画情報どっとこむ ralph 主演:松本穂香。新鋭作家ふくだももこの初長編作品『おいしい家族』が9月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国ロードショーとなります。

公開に先立ち、撮影でお世話になった新島村の方に恩返しをしたいとはじまった本イベント。

島には映画館がないため、旧新島中学校のグランドに野外スクリーンが設営された。イベント前から大勢の村民が集まり、温かい雰囲気の中で、イベントはスタートした。

場所:旧新島中学校のグランド
登壇:ふくだももこ監督
花束ゲスト:梅田野々花 、登 萌音

上映前の舞台挨拶では、開口一番

ふくだ監督:帰って来ました!めちゃくちゃ懐かしい!

とコメントし、エキストラでも参加していた大勢のお客さんの顔を見回し、万感の想いを伝えた。また普段は東京本土の高校に通っているが、このイベントの為に帰島した、梅田野々花(うめだののか)さん 、登 萌音(のぼり もね)さんからサプライズの花束を受け取った。
『おいしい家族』新島

上映後の舞台挨拶では、

ふくだ監督:観てくださって、ありがとうございます。私はこの映画で、自分の思い描くユートピアを描きたかった。誰かの事をより大切に出来るきっかけになったら良いなと想ってこの映画を撮りました。本当に新島で撮影出来て幸せでした。
『おいしい家族』新島
と涙を流しながら、感謝の気持ちを伝えた。

映画情報どっとこむ ralph 主演は、日曜劇場「この世界の片隅に」(TBS/18)にてヒロインすず役を務め、2018年度「VOGUE JAPAN Women of the Year」 を受賞、今年度のJR SKISKI2018-19のメインキャストを務める話題の若手女優・松本穂香。デビュー以降数々の映画・ドラマに出演し、女優としての実力はすでに折り紙付きの松本が本作で長編映画初主演をつとめる。

松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。
『おいしい家族』

映画『おいしい家族』は、9月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国ロードショー

【ストーリー】
松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

***********************************

出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎 

監督・脚本:ふくだももこ 音楽:本多俊之
製作:新井重人 松井智 
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝 金井隆治 
プロデューサー:谷戸豊 清家優輝
アソシエイトプロデューサー:山野邊雅祥 撮影:高橋草太 
照明:山本浩資 録音:原川慎平 美術:大原清孝 
編集:宮島竜治 音楽プロデューサー:岡田こずえ 
宣伝プロデューサー:滝口彩香 衣裳:江森明日佳 
ヘアメイク:佐藤美和 VFX:野間実
音響効果:井上奈津子
助監督:古畑耕平 
制作担当:竹田和史
製作:日活/ハピネット
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
企画・配給:日活  
(c)2019「おいしい家族」製作委員会
  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ