映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)は、映画祭開催に先駆け、2019年5月29日(水)に渋谷ヒカリエ ヒカリエホールにてオープニングセレモニー、 「CINEMA FIGHTERS project」第三弾上映会が行われました!

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019」 オープニングセレモニー
日時:2019年5月29日(水)
【1部:オープニングセレモニー】
【2部:「CINEMA FIGHTERS project」 第三弾オープニングスペシャルスクリーニング】
場所:渋谷ヒカリエ ヒカリエホール
ゲスト:
MC: LiLiCo(フェスティバルアンバサダー)、別所哲也(SSFF & ASIA代表)

ベンドラメ礼生選手(サンロッカーズ渋谷)、長谷部健(渋谷区長)(以上、Shibuya Diversity Award関連)

たかひろや監督、大和孔太(キャスト)、柳ゆり菜(キャスト)、小池亮介(キャスト) (以上、BOOK SHORTS 第5回受賞製作作品関連) LEXUS INTERNATIONAL 室長 沖野 和雄(以上、SHORT FILM THEATER @ INTERSECT BY LEXUS関連)

株式会社ファミリーマート代表取締役社長 澤田貴司、鶴岡慧子(監督)、柳憂怜(キャスト)
(以上、ファミリーマート特別製作関連)

田端浩観光庁長官、コシノジュンコ(Visit Japan大使)(以上、観光映像大賞関連)

加藤英明、冨永愛、宮沢和史(以上、地球を救え!部門 supported by リンレイ関連、3名審査員)
木村佳乃(プロジェクトプレゼンター)(以上、Ladies for Cinema Project関連)

EXILE AKIRA、佐藤大樹(以上、CINEMA FIGHTERS project第三弾関連)

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットが敷かれた会場にお互いを携帯カメラで撮影し合いながら仲良く登場したのは、本映画祭代表である別所哲也さん、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoさん。

2人はステージ上で挨拶した後、今月から元号が変わり「令和」元年がスタート したことに触れ、「平成」元年の1989年は大きな変化のあった思い出深い年だとお互いに思い返した。LiLiCoさんにとっては スウェーデンから日本に来た年、別所さんにとってはハリウッドデビューした年だと言い、

別所さん:そうなんです!この映画祭を始める 原点になった年だと改めて思い出しました。当時は、携帯で撮影が出来る時代が来るなんて、予想もできなかったですもん ね!令和を迎え、21歳の大人になった映画祭を迎えられることが非常に嬉しいです!

と喜びのコメントを述べた。また、

LiLiCoさん:昨年は、グランプリトロフィーにあのジョージ・ルーカス監督の名前がついたことを発表し大きな話題になりましたが、 今年も大きな話題があるんですよね?

と聞くと、

別所さん:これまでグランプリが翌年度のアカデミー賞ノミネート候補なっていまし たが、今年からインターナショナル部門、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門の各部門とノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社の全4部門の優秀賞をノミネート候補に推薦できる権利をアカデミー賞協会から頂きました!

と発表した。

今年の新たな試みとして開始するオンライン会場については、

日本全国でもショートフィルムをお楽しみいただけるように、本日 からWEB上でショートフィルムが観られるオンライン会場がスタートします。若手監督が制作した5分以内の作品を集めたU25プロジェクト supported by 日本セーフティー、子役の活躍がひかるチャイルドアクターズプログラム supported by テアト ルアカデミーなど、映画祭会場では見られない限定作品もお楽しみ頂けます。

と笑顔でコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 本セレモニーでは、グランプリが発表される6月16日(日)のアワードセレモニーに先駆け、計6つの賞の発表・表彰及び、映画 祭と企業によるショートフィルム制作プロジェクトの完成発表などが行われた。各部門の優秀賞作品の発表。
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019

▼オープニングセレモニーで表彰された作品

Shibuya Diversity Award :
街角のワールドカップ/ Il Mondiale in piazza (イル モンデール イン ピアッツァ)

第5回BOOK SHORTSアワード受賞作品:
シャフリヤールの昼と夜

第8回観光映像大賞(観光庁長官賞):
ヒュー!日向でおじさんサーフィンデビュー ~THREE OJISAN RELAX IN HYUGA~

第3回インターナショナル観光映像大賞:
Meet South Africa. Bheki the Mbhaco Maker.

地球を救え!部門 supported by リンレイ 優秀賞(環境大臣賞) :
息が苦しい!/BREATHE!(ブリーズ)

地球を救え!部門 supported by リンレイ J-WAVEアワード:
第四の壁 / Fourth Wall (フォース ウォール)

映画情報どっとこむ ralph そして、本映画祭とのコラボレーションプロジェクト「CINEMA FIGHTERS project」第三弾に出演の EXILE AKIRAさん、佐藤大樹さん、今年新たにスタートする「Ladies for Cinema Project」のプレゼンターを務める 木村佳乃さんの3人がレッドカーペットに登場すると、会場には大きな拍手が。
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
今回「CINEMA FIGHTERS project」で 巨匠 三池監督の作品に出演したEXILE AKIRAさんは、

AKIRAさん:三池監督の新たな一面と、素晴らしい世界観を体験すること が出来て非常に嬉しいです。作品の中で、誰にでも起きる運命と奇跡の中で生まれる小さな愛を、自分自身も体感すること ができました。普段のEXILEでは魅せない面で演じた部分も見どころですので、是非ご注目ください!

とコメント。

プロジェクト初参加の佐藤大樹さんは、

佐藤さん:普段の映画では見られない“ファンタスティック”な演出もあり、見てくれた方には、淡い 青春時代を思い出して頂けるような素敵な作品に仕上がっています!

と笑顔で答えた。また、映画を通し女性映画人の思いを発信する「Ladies for Cinema Project」プレゼンターの木村佳乃さんは、実際に作品の選定も行ったといい、さまざまな作品を見て、

木村さん:本当に沢山の国の作品を拝見させて頂き、国籍やジャンルが違う女性たちが、様々な悩みを抱えていると いうことを知ることができ、自分にとっても非常に良い機会になったと思います。作品の中で共感出来る部分や 、改めて勉強になった部分が多くあり、ひとつひとつが心に刺さりました。今後もこの素晴らしい世界観を一緒に育て、みなさま に届けていきたいです。

と今後の意気込みを伝えた。

アワードの表彰式では、「インターナショナル観光映像大賞」のプレゼンターとして、コシノジュンコさんが登壇。

VISIT JAPAN大使を務めるコシノさんは、日本に訪れた海外のお客様に対してどのようなおもてなしが重要かと問われると、

コシノさん:日本全体が令和と いう新しい時代を楽しむことが重要だと思います。今、日本が1番面白いですからね・・・!日本の伝統文化を世界中に魅せて いくチャンスですし、この機会に東京オリンピック・パラリンピックも盛り上げていってもらいたいですね。

と語った。

セレモニーのフィナーレでは、豪華ゲストがステージに勢ぞろいし、

別所さん:今回も様々な“チャンス”が広がった映画祭になり ましたね。各会場、そしてオンライン会場でも、楽しんで頂けるので期待していてください!令和を迎えて初の開催となりましたが、 今後もみなさまの手によって一緒に、新たな1年を育てて頂ければと思います。

という締めの挨拶で、幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 第2部では「CINEMA FIGHTERS project」第三弾にて、EXILE AKIRAさん主演『Beautiful』と佐藤大樹さん主演 『魔女に焦がれて』の特別上映会が行なわれました。

MCを務める別所さんの呼びかけで、AKIRAさん、佐藤さんがレッドカーペットに登場すると、会場には黄色い歓声が。別所さんから三池監督と初タッグを組んだ感想を聞かれ

AKIRAさん:撮影が始まる前は、とて もハードで厳しい印象を持っていたが、実際の現場では温かく、俳優に寄り添う方だった。さすが世界に名の通る監督だなと思った。

と撮影を振り返った。そして、

AKIRAさん:EXILE AKIRAとしても三池監督としても新しい顔を見せられた。新しい三池作品が出来上がったんじゃないかと思う。

と力強く語った。また、今回初めて「CINEMA FIGHTERS project」に参加をした佐藤さんは

佐藤さん:出演が決まった瞬間嬉しくて(作詞家の)小竹正人さんにメールしました!物語の中で成長していく 主人公・雅人の成長を見てほしいです!

と自身の作品のどころを語った。

最後に・・・

AKIRAさん:これからのCINEMA FIGHTERS project もよろしくお願い致します!

と今回のイベントに参加したファンに向けコメントすると、会場は大きな拍 手に包まれた。

『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019』は、本日から6月16日(日)まで、都内5会場とオンライン会場 にて、一部有料イベントを除き無料で上映されます。

映画情報どっとこむ ralph 【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 概要】

開催期間:5月29日(水)~6月16日(日)
■上映会場:東京 計5会場 およびオンライン会場
・5月 30日(木)~ 6月2日(日)
iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
・6月 6日(木) ~ 6月9日(日)
表参道ヒルズ スペース オー
・6月11日(火)
赤坂インターシティコンファレンス the AIR
・6月11日(火)~ 6月14日(金)
アンダーズ 東京 Andaz Studio
・6月13日(木)~ 6月15日(土)
シダックス・カルチャーホール

■料金:無料上映 ※一部、有料イベントあり。
■一般からのお問い合わせ先:03‐5474‐8844
■オフィシャルサイト:SSFF&ASIA
■主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会
※上記の記載内容は変更になる場合がございます。

【SSFF & ASIA 2019 テーマ】
「Cinematic Attitude」
映画祭20周年の節目を経て、新たなスタートをきる21年目のテーマは「Cinematic Attitude」。 映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、成長、拡大、反映、繋がり、 前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現しました。
SSFF Cinematic Attitude

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ