高橋ユキ_中瀬ゆかり『誰もがそれを知っている』トークイベント (2)[1]

高橋ユキ 中瀬ゆかり 社会の裏側の闇を知るお二人が『誰もがそれを知っている』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph この度、アカデミー賞受賞『別離』『セールスマン』のアスガー・ファルハディ監督最新作『誰もがそれを知っている』を、6/1(土)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開となります。

このたび公開を記念して、トークイベントを実施!
ゲストにお迎えしたのは、2013年に山口の集落で起きた連続放火殺人事件を2017年に取材したルポ「つけびの村」が“最恐の村サスペンス”としてSNSで話題を呼び、noteの有料記事が8000購入を突破、書籍化も決定した、テレビや雑誌でも活躍中のフリーライター高橋ユキさん。そして、アスガー・ファルハディ監督の大ファンでもあり、「事件マニア」として知られ数々の取材記事を取り上げてきた新潮社出版部長の中瀬ゆかりさん。どこの国でも起こり得る“村コワ”な事件を描いた本作と、日本で実際に起きた衝撃の事件の共通点や、本作が緻密に描く村社会の人間関係の奥深さについて等、社会の裏側の闇を知るお二人に、ディープに語りました!
高橋ユキ_中瀬ゆかり『誰もがそれを知っている』トークイベント (2)[1] 『誰もがそれを知っている』公開記念トークショー
日時:5月20日(月)
場所:ユーロライブ
登壇:高橋ユキさん(フリーライター/「つけびの村」著者)、中瀬ゆかりさん(新潮社出版部長)

映画情報どっとこむ ralph 映画を観終えたばかりで興奮覚めやらぬ観客の大きな拍手に迎えられ、高橋さん、中瀬さんが登場

今回のイベントは、各方面から本作が「『つけびの村』を彷彿とさせる」との声が多数寄せられたことから実現しましたが、実際に事件の起きた村で取材をした高橋さんも本作の感想について
高橋さん:最初にチラシなどを観た時は『どこが似ているんだろう?と半信半疑だったんですが、観終わった後は『似てるな』って。共通点が多いなと思いました。誘拐劇をテーマにしたというよりは、村における噂がテーマになっているなと。私が書いたルポ『つけびの村』も、事件にどのように噂が作用したのか?村における噂とは?ということを取材したものだったので、共通するなと感じました。田舎の噂って経済状況についての噂がよく把握される傾向にあるんですけど、この映画でもそういうシーンがよく出てきて、万国共通なんだなと思いましたね。

また、ファルハディ監督の大ファンを公言する中瀬さん:

中瀬さん:どの作品も素晴らしいんですけれども、本作は、もしファルハディを観ていない方がいらっしゃったら一番入りやすい作品なのではと思います。もちろん主演の二人が超トップスターであるということもありますし、ファルハディのいろんな要素が入っている作品で。余韻としては『彼女が消えた浜辺』に一番近いのかなと思いますけれども、『別離』的な要素も入っていますし。
と作品を分析。さらにその“余韻”について、

中瀬さん:皆さんも今浸っていらっしゃると思いますけれど、何とも言えない、あのラストというか。パコ(ハビエル・バルデム)の見せる顔とかね。皆何かを失っているし、幸せになっていないという感じとか。村の閉鎖的な中で、出ていける者と出ていけない者の差というか、やっぱり残らざるを得ない者はこれからもまた新たな秘密が加わったこの村であの事件のことをずっと囁き続けて、10年後20年後も昨日起こったことのように言っているんだろうなって。その村人たちがどのように噂するんだろうなっていうことまで考えてしまう、そんな余韻が残りました。

と、しみじみ感じ入っている様子。

映画情報どっとこむ ralph ここから話題は「つけびの村」へ。「『つけびの村』の事件は2013年の夏に起きまして、限界集落に住む60代の男性が、ある夜に夫婦を殺して家に火をつけて、その裏手の家に入って女性を殺して火をつけて、家を燃やした。その翌日にも別の家に忍び込んで、2人殺害した。という、いきなり一晩のうちに5人が殺害されて、うち2件が放火されたという事件なんですけれども。」と解説する高橋さん。「もしかしたらこれは村八分というかいじめを受けた人が復讐したんじゃないかと事件の当初も騒がれていて、“平成の八つ墓村”等々言われていました。」

※「つけびの村」詳細はこちら


取材の話を受け、

中瀬さん:ファルハディ監督もこの土地の設定にこだわって『都会ではなく村ではないといけなかった』と言っていて、やはり村独特の人間関係、閉塞感みたいなことがこの作品の大きなテーマなんですよね。

と語ります。また、「サピエンス全史」という本から、「ホモ・サピエンスが勝ち得た理由も“噂話と陰口”にある」という記述を引用。

中瀬さん:集団の規模を大きくするためには『何がどこにある』とか『あいつやばいぞ』ということを共有する必要があった。動物と人間のコミュニケーションの違いは、人間は『3年前にここでライオンに会って足噛まれたんだよね、やばかった』というのを伝えられることなんですよ。人類は今ここにいない人について時空を超えて話せるという能力がついたために、危険などの情報を共有していけた。だから“噂話と陰口”と人類の歴史というのは密接で切っても切れない。我々はその子孫なわけですから、当然、“噂話と陰口”が今でも大好き。

と、人間の噂好きは万国共通どころか、種の進化に関わる要素なのだという壮大なお話にまで展開!


中瀬さん:これも映画と『つけびの村』から感じたんですが、噂話ってどうしてこんなに楽しいんだろうっていうように、老人たちが生き生きと昔の話を今起きたように話すじゃないですか。あの不気味な怖さみたいなのありましたよね。

という中瀬さんの投げかけに、

高橋さん:今見てきたかのように臨場感たっぷりに話すんですけれど、結構昔の話だったりするんで、驚きますね。

とエピソードを語ります。

高橋さん:『つけびの村』も、この映画のタイトルだって『誰もがそれを知っている』ですが、「えっ、それ知らないはずでは」という個人情報が当然のように皆にインプットされていて。なぜか筒抜けっていう、ね。本当に。この映画を見てもすごく感じましたね。先ほど経済状況のことっておっしゃいましたけど、この映画でも出てくるじゃないですか。某人物が昔土地を安い値段で買って恨まれていたりとか。金持ちだと噂されていた人物が本当は貧しかったとか。結構お金が重要になってきますもんね。ラウラ(ペネロペ・クルス)が妹の結婚式に帰ってくる時って、ものすごくビシッと美人で、金持ちオーラをバンバン出しています。そこからちょっともう、村に一滴入って波紋を生み出したというか、出ていった人の凱旋が行われた瞬間にその嫌な空気が起こったというか。結婚式の場面ですら、皆の目つきが決して祝福したりする純粋なものではないようで、厳しかったですもんね。リアルだなぁと思いました。やっぱりめでたい話の時って、親戚がオフレコの集まりとかになると「いやでもあれはなぁ」とか言ったり。そういうのとちょっと似てるなと思いました。

と、人間の後ろ暗さを目撃してきたお二人だからこその生々しく鋭い指摘も…!

続いて、事件マニアである2人の話題は日本社会へ。

中瀬さん:裁判傍聴されていて、こういう噂が引き金になっている事件ってあるんですか?

という質問に

髙橋さん:あー、でもやっぱりお金目当ての犯罪って、『あいつに金がある』って噂を鵜呑みにしちゃって、強奪するために拉致したりということはよくありますね。そこは確かめてほしいなって思いますけどね。(苦笑)実は全然持ってなかったってこと多いんですよ。

すると

中瀬さん:じゃあFacebookとかで大きいこと言っている人は危ないですね。(笑)リア充アピールより逆をしておいた方が今の社会はリスク管理になるんじゃないかと。『金ねえよ、キャッシングしちゃったよ』とか言っておいた方がいいかも(笑)。

と中瀬さんが返し、会場の爆笑を誘いました。

さらにSNSでの噂話について話題が続きます。「現代ではSNSがあるから、世界と噂話ができるという環境ですね。」「噂話や陰口のスケールが変わってきたというか。」「一種のネット村とか言われますね、陰口の線引きがもうわからなくなっちゃいましたけど。昔は、聞かなくていいことが耳に入ってきちゃってハッとする、とかドラマでもありましたが、今は耳ではなく目で活字を見て、『ブス』とか『デブ』とか書かれてると『うるせえよ、お前に言われたくねえ!』って思わず画面の前で声出しちゃったりしますからね。」「そうなんですか!(笑)」「私、エゴサーチとか出来るだけしないようにしてるんですけど、誰かに載っているよと言われたりすると気になって、見てみるとろくなことが書かれていない。(笑)あのパンドラの箱は開けちゃいけないと思いました。」と、笑いながら語りました。

中瀬さん:ファルハディ監督って、ユキさんの好きなテイストの映画監督だと思います。他にも観てみようって思いました。ぜひ、絶対お好きだと思いますよ!

という過去作品のお勧めの言葉も。

最後に

髙橋さん:ユキさんみたいに外に出て地道に取材されている方って今の出版界では少なくなっていて、私がそういう事件から離れて10年ほど経つんですが、『これ私がいたら絶対やったよなー』ってカリカリしていたところだったので、ユキさんのような方がいらしてくださってとても嬉しいです。これからもヤバイ事件を取材してください。(笑)

と事件マニアの同志へ向けた賛辞で締めくくり、人間社会の裏側のディープな闇を覗き見てしまったような不思議な興奮とともに、イベントは大盛況で幕を閉じました

映画情報どっとこむ ralph 【高橋ユキさんプロファイル】
1974年福岡県生まれ。2005年、女性4人で構成された裁判傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成。殺人等の刑事事件を中心に裁判傍聴記録を雑誌、書籍等に発表。現在はフリーライターとして、裁判傍聴のほか、様々なメディアで活躍中。著書に「霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記」(新潮社)、「暴走老人・犯罪劇場」(洋泉社)、「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(徳間書店)、「木嶋佳苗劇場」(宝島社)ほか。
Twitterアカウント:@tk84yuki

【中瀬ゆかりさんプロファイル】
1964年和歌山県生まれ。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部長。『5時に夢中!』(TOKYO MX)には番組開始初期からレギュラー出演。他にも、『とくダネ!』(フジテレビ)などにコメンテーターとして出演している。

『誰もがそれを知っている』
6/1(土) Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。

ストーリー
スペインの故郷で久々に再会した家族と幼なじみ。しかし、結婚式で起きた娘の失踪をきっかけに、隠していたはずの真実をめぐり家族の秘密と嘘がほころび始める…。

***********************************

監督・脚本:アスガー・ファルハディ『彼女が消えた浜辺』『別離』『セールスマン』
出演:ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、リカルド・ダリン

2018年/スペイン・フランス・イタリア/スペイン語/133分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/
英題:EVERYBODY KNOWS
日本語字幕:原田りえ

提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
公式サイト:longride.jp/everybodyknows/

© 2018 MEMENTO FILMS PRODUCTION – MORENA FILMS SL – LUCKY RED – FRANCE 3 CINÉMA – UNTITLED FILMS A.I.E

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ