『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ハリウッド・ワールドプレミアイベント


映画情報どっとこむ ralph 1954年に日本で“誕生”、これまでに30本以上が製作され、シリーズ累計動員数が日本国内だけで1億人を突破している国民的アイコン「ゴジラ」。日本が世界に誇る唯一無二のキャラクターであるゴジラが、本年2019年に生誕65周年を迎えます。

日本発、ハリウッド製作の世界最大級の超大作『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が、再び全世界を蹂躙する。

まさに“王(キング)の覚醒”を描き、ハリウッドならではのスケール感が期待されていた本作がロサンゼルス現地5月18日(土)に遂に世界初お披露目されました!
日付:5月18日(土)現地時間
場所:ロサンゼルス チャイニーズシアター
登壇:渡辺謙、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、チャン・ツィイー

映画情報どっとこむ ralph
ハリウッド映画の歴史に満ち、アカデミー賞授与式が行われてきた他、『スター・ウォーズ』など数々の映画の初演が行われてきたハリウッドの中心地でもあるチャイニーズシアター(1032席)にてワールドプレミアスクリーニングが行われました。

チャイニーズシアター前のハリウッド大通りを全面封鎖して敷かれたゴジラブラックカーペットには渡辺謙やカイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、チャン・ツィイーら豪華出演者が登場し、延べ3000人のファンたちからは大歓声があがるなどゴジラの放射熱線を浴びたかのような熱気で会場が包まれました!
カーペット上では75台のスチールカメラ、50台ものTVカメラの取材を受けて、報道陣からの熱気も感じた渡辺謙は、『みんなの期待に十分応えられるような作品になっていると思うので、 それはここカーペット上にいても、とても心地がいいです!映画が良いときはこういうものです!!』と興奮しながらも本作への自信に溢れたコメントを寄せました。また、主要な役・マディソンを演じ、初のプレミアに興奮のミリー・ボビー・ブラウンは渡辺謙のことを『彼は本当に素晴らしい役者。スクリーン上での彼の演技、パフォーマンスは、間違いなく、私がこれまでに見た最高のものに入ると思う。彼の仲間になれてラッキーでとても光栄だったわ。』と大絶賛。監督のマイケル・ドハティは『日本のファンの皆さん。ゴジラというキャラクターを作り出してくださって本当にありがとうございます。皆さんがゴジラを愛していらっしゃるのと同じくらい僕もゴジラを愛しています。皆さんが、僕が作ったものをとても誇りに思ってくださることを心から願っています。』とゴジラ発祥の日本への想いを語りました。

そして、チャイニーズシアターでのプレミアスクリーニングでは、上映前にドハティ監督により渡辺謙はじめキャスト達が紹介され立ち上がると場内から盛大な拍手が起こり、期待感溢れる中で上映がスタート。ゴジラの登場やモスラ、ラドン、キングギドラなど他のモンスターの登場のたびに場内で歓声と拍手が沸きあがり、ラストのバトルシーンでは息を飲むかのように観客が映画に入り込んでいる様子が見られました。上映終了と共に拍手喝采が湧きおこり、興奮が冷めやらぬ観客が続出。観客の20代女性は『いまやっていることを全部やめて見に行きなさいと伝えるわ。本当に素晴らしいんだもの。2回観るだけじゃなく3回観るべきよ!』と熱く話し、男子学生は『昔から東宝のゴジラ作品のファンでいろんなところにオマージュが隠されていたのを見つけた。特にマイケル・ドハティ監督はゴジラの大ファンで、作品を通して敢えてそうしたのを感じたよ!』と語るなどワールドプレミアに相応しい大熱狂のイベントとなりました!

本作は、北米では4000スクリーン以上で封切られ、世界82の国と地域で公開が決まっています!

人智を超えた圧倒的な脅威との対峙。モンスターが現れた時、我々全人類はどう立ち向かうのか!?
本編への期待がますます高まる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は本年2019年5月31日に世界同時公開となります。生誕65周年を迎えたゴジラの咆哮の幕開けです!!

映画情報どっとこむ ralph 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

2019年5月31日世界同時公開!
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ポスタービジュアル 【ストーリー】
『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を舞台に、復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦い、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする未確認生物特務機関・モナークの活躍を描く。この単なる伝説にすぎないと思われていた古来の圧倒的な力をもつ生物たちが再び目覚め、世界の覇権をかけて争いを始めたとき、全人類の存在すらもが危ぶまれてゆく。

映画情報どっとこむ ralph 【キャスト&キャラクター】
マーク・ラッセル / Mark Russell
コロラドで生活する動物学者。エマの元夫。
カイル・チャンドラー (53) Kyle Chandler Birth:1965.9.17
過去作品:
ウルフ・オブ・ウォールストリート (2013) 、ゼロ・ダーク・サーティ (2012) 、アルゴ(2012)

エマ・ラッセル博士 / Emma Russell
元モナークの幹部で、純古生物学者。マークの元妻。
ヴェラ・ファーミガ (45) Vera Farmiga Birth:1973.8.6
過去作品:
死霊館シリーズ (2013/2016) / 主演、マイレージ・マイライフ (2009) 、デパーテッド (2006)
マディソン / Madison
12歳。エマとマークの娘。落ち着きがあり大人びている。母の研究に興味があり、行動を共にする。
ミリー・ボビー・ブラウン (15) Millie Bobby Brown Birth:2004.2.19
過去作品:
ストレンジャー・シングス未知の世界 (2016-) / 主演、グレイズ・アナトミー 恋の解剖学 (2015)、モダン・ファミリー (2015)
ヴィヴィアン・グラハム / Vivienne Graham
第一作から登場しているモナークの幹部。芹沢博士とともに研究を続けている生物学者。
サリー・ホーキンス (42) Sally Hawkins Birth:1976.4.27
過去作品:
シェイプ・オブ・ウォーター (2018) / 主演、GODZILLAゴジラ (2014) 、ブルージャズミン (2013)
芹沢猪四郎博士 / Ishiro Serizawa
第一作から登場している生物学者。モナークの幹部。
渡辺 謙 (59) Ken Watanabe Birth:1959.10.21
過去作品:
GODZILLA ゴジラ (2014) 、インセプション (2010)、硫黄島からの手紙 (2006) / 主演
アイリーン・チェン博士 / Irene Chen
モナークの考古人類学者。
チャン・ツィイー (40) Zhang Ziyi Birth:1979.2.9
過去作品:
グランド・マスター (2013) / 主演、SAYURI (2005) / 主演、ラッシュアワー2 (2001)

***********************************


監督:マイケル・ドハティ
脚本:マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
エグゼクティブ・プロデューサー:ベリー・H・ウォルドマン、ザック・シールズ、 
松岡宏泰、大田圭二、ダン・リン、ロイ・リー、坂野義光、奥平謙二
プロデューサー:
メアリー・ペアレント、アレックス・ガルシア、トーマス・タル、ジョン・ジャシニ、ブライアン・ロジャース、
共同プロデューサー:アレクサンドラ・メンデス
撮影監督:ローレンス・シャー
美術監督:スコット・チャンブリス
音楽:ベン・マクリアリー
編集:ロジャー・バートン
衣装:ルイーズ・ミンゲンバック 
VFX監修:ギヨーム・ロシェロン

キャスト:カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、
ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、
渡辺謙、チャン・ツィイー 他
日本語吹き替え版キャスト:芦田愛菜、木村佳乃、田中圭 他
製作:レジェンダリー・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース
北米公開日(日本同時公開):2019年5月31日 
日本配給:東宝
© 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ