映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会

渡辺歩監督、小西賢一総作画監督、秋本賢一郎CGI監督登場『海獣の子供』ワールドプレミア上映会


映画情報どっとこむ ralph 自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びるSTUDIO4℃がついに映像化。映画『海獣の子供』が6月7日(金)に全国公開となります。
海獣の子供[ この度、5月19日(日)に本作のワールドプレミア上映会を行ないました。

トークショーには、TVシリーズ「ドラえもん」の原画・作画監督・演出や劇場長編『ドラえもん のび太の恐竜2006』で監督を務めてきた渡辺歩監督、『かぐや姫の物語』で作画監督を務めた小西賢一総作画監督、『ベルセルク 黄金時代篇』3部作でCGIスタッフを務めた秋本賢一郎CGI監督が登壇!

『海獣の子供』にまつわる表現技法や、五十嵐大介の原作を映像化するにあたっての苦労など、ここでしか聞けないクリエイター陣による濃密なトークを展開しました!
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
日付:5月19日(日)
場所:イイノホール
登壇者:渡辺歩(監督)、小西賢一(キャラクターデザイン・総作画監督・演出)、秋本賢一郎(CGI監督)
パネラー:藤津亮太(アニメーション評論家)

映画情報どっとこむ ralph 原作のどんなところを魅力に感じ、どんな形で映画へ反映させようと思いましたか?

渡辺さん:原作はとても広いテーマと素晴らしいビジュアルで描かれていて、一言では言い表せない、魅力の塊のような作品です。なので、魅力を抽出するというよりは、すでにある魅力をいかに痩せさせないようにフィルムに焼き付けるか、というところに注力しました。原作の魅力を余すことなく映画の中に落とし込もうとするとボリュームが出てしまい、最初は欲張りなプロットを書いていましたが、映画として構築し直す中で、「琉花のひと夏の体験」を描くことで、描かなくてもいい部分や原作に任せられる部分が出るのではないか、1本の映画としてもまとめやすいのではないかと思いました。
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
小西さん:アニメーターの中でも五十嵐さんの原作を好きな人はとても多いので、自分がやっていいんだろうか、原作ファンをがっかりさせないだろうかと思うほどハードルが高かったです。ですが、せっかくやらせていただく機会があるのなら、やるしかないと思いました。今回はすでに五十嵐さんの完成された絵があったので、原作全てがイメージボードのようなものでした。セル画からイメージを想起させる力がとても高いので、それに負けないようにしようと意識しました。例えばアングラードの髪の毛は、原作で描かれている細かさが半端じゃないので、これをベタッとした色で描いてしまうと台無しになってしまいます。また、キャラクターの目も大きく印象的ですが、とにかく大変でした。絵コンテの段階から「アップを多用する」と監督から宣言されていて、一枚描くだけでもとても大変でしたが、そう言われたらやるしかないですよね(笑)。


秋本さん:私は、会社の人にオススメされて原作を読んでファンになりました。ピッチの細かさや圧倒的な白黒の絵の魅力にとても引き込まれたので、これをCGで表現するというのは、ものすごく遠いところにあるように感じていました。CGになると無機質になってしまうという危険があります。ただ、だからこそチャレンジしたいという気持ちが強くありました。私の役割は、主に魚群などの立体物をCGで作って動かしていくことです。例えばイワシの塊のシーンは、塊としての動きはもちろんですが一匹一匹の動きにも柔らかさや躍動感、生命力がないといけないよね、というお話を監督と小西さんから言われていました。なのでまずは一匹の動きから、こういう風に動いたらいいよねというアタリを頂き、そこから徐々に増やして塊として描いていきました。 CGの表現はどうしても硬さが出てしまうので、アニメーション特有の柔らかさを出しにくいものです。初めの頃は手書きの作画で表現されているものに追いついていませんでした。何が追いついていないのかという所を、監督と小西さんと何度も話し合いながら、ゴールとする表現へ”にじり寄って”いった感じです。作画とCGの境目を感じずに観ていただけていたら嬉しいですね。


キャラクターを描く上で気をつけたところは?

渡辺さん:琉花を描く上で、14歳の佇まい、身体つきを表現できるよう意識しました。アニメの琉花は、基本設計段階から、原作よりも少し小柄さを強調しています。一見非力にみえるのにチョロチョロしている感じを出したくて、華奢に描きました。アフレコの際はそれぞれのキャラクターのイメージを演者に重ねてアプローチしていくので、私がその場でディレクションしていくというよりは、彼らがどういうイメージで答えを持ってきているのか、すり合わせをするのが楽しかったです。例えば芦田さんはキャラクターと同い年で、私が思っていたよりもはるかにリアルでみずみずしい演技をしてくれました。彼女の表現するものに圧倒され、教えられましたね。収録作業をしながら改めて作品を捉えなおすような、不思議な時間でした。

小西さん:アニメ化するときに、キャラクターのデザインが多少変わるのはもちろんあることですが、原作ファンは五十嵐さんの絵が動くことを期待する。原作の良さを忠実に表現することと、監督のやりたいこと、どの辺りに落とし込むかが難しかったですね。描く上で大事にしたポイントは、ちゃんとそれぞれのキャラクターに見えるようにすることです。ラフ画の時点ではそれらしく見えても、最終形ではなぜか違って見えてしまう。細かいところまで作るには、最後の絵まで自分で描くしかない。通常の倍は手間がかかる、繊細なものでした。また、作画するときにアフレコの音声を聞いて、影響を受けた部分もあります。特に最後の琉花の長回しのシーンは、芦田さんの声があったおかげでより作りやすかったです。
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
作品全体を通して、意識したところを教えてください。

秋本さん:全体を通して壮大で密度のある映像が魅力ですが、もう一つ重要なのは日常に潜んでいるものの描き方です。例えば“光ってこういう風に光るんだ”、“水に濡れるとこういう表現になるのか”というような、この世界の秘密に触れているような感じがする部分を、面白いと思ってもらえたらいいなと思って作りました。
映画『海獣の子供』ワールドプレミア上映会
小西さん:「五感に訴える」ことは、アニメーターとして常日頃意識しています。触るとか、感覚を表現することは、派手さはないのですが、すごく自分も意識しているところで、そこはこの作品で伝わるといいなと思っています。

渡辺さん:「命の意味と在り処」というのがこの作品の大きなテーマにありますが、命というものを考えるときに何を思い浮かべるかは人ぞれぞれ違うと思います。たまたま琉花の場合は、お母さんに行き着き「個」としての自分を思い返しましたが、受け取った皆さんの中にもそれぞれ異なるものがあると思います。そういったことを考えるきっかけになれば、またそんな原作のメッセージが少しでも伝われば嬉しいです。今日、初めて作品が世に出ていきましたが、この作品がこれからどのように広がっていくかがとても楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』 

6月7日(金)全国ロードショー

映画公式サイト
www.kaijunokodomo.com

映画公式twitter
@kaiju_no_kodomo

光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。

“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れたの物語。

***********************************


原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)

キャスト:
芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流 
稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 富司純子

スタッフ:監督/渡辺 歩 音楽/久石 譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃ 
製作:「海獣の子供」製作委員会 
配給:東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会 

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ