『テッド』監督最新作は異色西部劇!


テッドの生みの親セス・マクファーレンの新作『A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST』(原題)が遂に完成し、

邦題『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』

として、9月より公開する事が決定!

原題直訳だと「西部で死ぬ百万の方法」と言ったところですかね。

荒野はつらいよ
『テッド』でファンタジー映画の常識を打ち破ったセス・マクファーレンが今回挑戦するジャンルは“西部劇”。
歴史上最高レベルに危険で不衛生だったであろう西部開拓時代の田舎町を舞台に、地味で冴えない羊飼いの不満と不安に満ちた生きざまが、セスならではの斬新な視点で描かれていきます。

さらに今回の決定に併せて、本作初映像素材となります60秒特別映像も解禁!


※本映像は5月3日(土)より、全国の映画館で上映開始されます。

「テッドの監督から日本の皆様へ。」というお知らせから始まる本映像の冒頭にはなんとあのテッドが登場!「オレ好みの映画だ!」とテッドが語る通り、マクファーレン演じるオタクな羊飼いの主人公アルバートと、やたらいい女(シャーリーズ・セロン)と、めっちゃ悪いヤツ(リーアム・ニーソン)による、ルール無用のエンターテイメント西部劇に期待が高まる映像となっております。

セス・マクファーレン自らが主役!

彼が演じる主人公:アルバートは、西部で真っ先に打ち殺されるタイプの地味でオタクな羊飼い。“西部劇”の主人公が皆タフなガンマンとは限らない!銃すら撃った経験のないダメな主人公が成長していく姿には今までと違った“西部劇”を観られること間違いなし!


『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
(原題:『A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST』)

2014年9月日本公開!

公式サイト:http://kouya-tsuraiyo.jp/

********************************************************************


『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
(原題:『A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST』)

監督:セス・マクファーレン
脚本:アレック・サルキン&セス・マクファーレン&ウェズリー・ワイルド
製作:スコット・スチューバー、セス・マクファーレン、ジェイソン・クラーク
出演:
セス・マクファーレン (『テッド』監督)
シャーリーズ・セロン (『スノーホワイト』、『プロメテウス』、『ハンコック』)
アマンダ・セイフライド (『レ・ミゼラブル』、『マンマ・ミーア!』)
ジョヴァンニ・リビシ (『テッド』、『アバター』)
リーアム・ニーソン (『96時間』、『バットマン ビギンズ』、『タイタンの戦い』)

配給:東宝東和
(c)Universal Pictures
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ