大九明子、蓮沼執太、矢田部吉彦ら著名人コメント到着!『さよなら、退屈なレオニー』に


映画情報どっとこむ ralph 2018年東京国際映画祭にて上映され、輝きを放つ若手キャストに贈られる<ジェムストーン賞>を受賞した『さよなら、退屈なレオニー』が6/15(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーとなります。

2018年カナダでスマッシュヒットを記録した『さよなら、退屈なレオニー』は、自分がやりたいことも自分の居場所もみつからない、カナダの小さな街に住む17歳の少女レオニーの物語。監督はカナダ映画界の新世代として注目を集めるセバスチャン・ピロット。ヒロインのレオニーを演じるのはカレル・トレンブレイ。2015年のトロント映画祭で「未来を担うひとり」に選ばれ、2018年東京国際映画祭で本作が上映された際には、輝きを放つ若手キャストに贈られる<ジェムストーン賞>を受賞するなど、すでに日本の映画ファンも魅了している。


映画情報どっとこむ ralph 公開に先駆け、一足先に本作をご覧になった著名人の方々から絶賛コメントが到着しました。

大九明子(監督)
原題は「蛍はいなくなった」。なるほど、チカチカ、チカチカ。
目をこらすと見えて来るレオニーの中の輝きは、光というより炎のよう。
音楽と映像が絡み合うラスト、宇宙的で好き。
そしてレオニー、男の趣味よし!


蓮沼執太(音楽家)
野球場にそっと輝く蛍の淡い光。その刹那のように、彼女の青春は瞬間的に移り変わりながら力強く成長していく。
劇中で響いてる数々の音楽たちは、そんな彼女への愛に感じた。


矢田部吉彦(東京国際映画祭ディレクター)
ドラッグや犯罪に向かわない普通の青春の退屈を描いてこんなに美しい作品を他に知らない。永遠に感じる退屈な青春期は実は一瞬で終わる。そんな一瞬の永遠を極上のセンスで掬い取り、すべてのシーンが愛おしい。
わがオールタイム・ベスト青春映画の1本だ。


平間至(写真家)
考え抜かれた色彩感覚とカメラワークによって、
無垢な主人公の輝きが画面いっぱいに満たされる。
思春期とは現実を受け入れる苦しみなのか?


小林エリカ(作家・マンガ家)
息が詰まるような日々の暗闇の中で、小さく光る蛍のように、繊細で、儚く、けれど
ささやかな抵抗に満ちた、眩い映画でした。


山崎まどか(コラムニスト)
レオニーを演じるカレル・トレンブレイ、そっけないくせに妙に後を引く女の子。つたないギターと全身でスモール・タウン・ガールズ・ブルースを奏でた君のこと、きっと忘れないよ。


山田由梨(劇作家、演出家、俳優)
レオニー、どうかそのままで、
でも本物の愛だけは抱きしめながら、どうか幸せになって!と、思わず自分勝手に願ってしまった。


飯田エリカ(少女写真家)
何もないような気がしていた日々にかすかな光が灯っていることに
今だからこそ気づけるレオニーがキャンディーを片手にバスに乗り込む姿を見て
もう過ぎ去ってしまった季節、気づけなかった愛のことを思い返した


真舘晴子(The Wisely Brothers)
もどかしいこと、上手くいかないこと、
それもある種の光だとおもう。
今は重ならなくても、すこしづつ。水銀灯がつくみたいに時間はかかるけど、
何かが変わっていっていることが、彼女の目を見れば分かるはず。


青野賢一(ビームス創造研究所クリエイティブディレクター/文筆家)
「普通の明るさ」の中では見えない微細な光が人生の道しるべになることもある。
レオニーは、そして私たちはそんな小さな光を見つけることができるのだろうか。
光を探す彼女の旅は始まったばかりだ。


井上司(fox capture plan)
街の心地いい景色と空気感に寄り添って、静かな日常に流れるシンプルなモノと複雑なモノの心の葛藤。
そして、ラストに見える小さな希望の光。この空気、なんだか懐かしいな。


萩原麻理(ライター)
ラストが素晴らしい。最初にレオニーを見たときのことを、途中で誰かが言った言葉を、一気に思い出させるラスト。そして気づくのだ、このひととき、とても美しい時間をレオニーと過ごしたのだ、と。

映画情報どっとこむ ralph
あの頃の<きらめき>と<痛み>がよみがえる、ひと夏の泡沫青春ダイアリー。

『さよなら、退屈なレオニー』

6月15日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

http://sayonara-leonie.com

<STORY>
カナダ・ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女、レオニー。高校卒業を一ヶ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したくて仕方ないけれど、自分が何をしたいかわからない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手のことが大嫌い。レオニーが唯一、頼りにしているのは離れて暮らす実の父親だけだった。
そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーヴと出会う。どこか街になじまない雰囲気を纏うスティーブに、なんとなくギターを習うことに…。毎日はつまらないことだらけだが、レオニーのなかで少しずつ何かが変わり始めていた。
***********************************

監督:セバスチャン・ピロット
出演:カレル・トレンブレイ/ピエール=リュック・ブリラント
2018年/カナダ/英題:The Fireflies Are Gone/96分/ビスタ
配給:ブロードメディア・スタジオ
©CORPORATION ACPAV INC. 2018
   
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ