活弁シネマ倶楽部_ジャッキー・ウー

ジャッキー・ウー監督「活弁シネマ倶楽部」で『ばあばは、だいじょうぶ』に込めた思いを明らかに


映画情報どっとこむ ralph 本日21:00よ配信がスタートの「活弁シネマ倶楽部」に映画『ばあばは、だいじょうぶ』にて監督を務めたジャッキー・ウー氏がゲスト出演。

認知症になってしまった大好きなおばあちゃんの姿を、小学生の男の子、翼の視点から描いた本作を語る。

『ばあばは、だいじょうぶ』は、2018 年12 月、イタリアで開催された「ミラノ国際映画祭」では最年少主演男優賞賞(寺田心)、最優秀監督賞(ジャッキー・ウー)のW 受賞を成し遂げた作品である。原作は大人も泣いたベストセラー絵本「ばあばは、だいじょうぶ」。
活弁シネマ倶楽部_ジャッキー・ウー 「65 歳以上の高齢者」のうち5 人に1人が罹患すると言われている認知症について、ジャッキー・ウー監督は「病気とは言いたくない」として、番組にて本作に込めた想いを明らかにしている。

映画情報どっとこむ ralph 番組冒頭で、本作の企画経緯について

ウー監督:認知症という出来事が最近身近になってきている。その、心の解決法を、日本及び海外に発信したいと思って『ばあばは、だいじょうぶ』をつくりました。

と明かした。
そして、原作である絵本の『ばあばは、だいじょうぶ』を初めて読んだときについて

ウー監督:“孫が直面する認知症”というものを初めて絵本で感じて、衝撃的でした。

と話し、映画でも同様に用いられる“孫視点の認知症”について自身の想いを一つ一つ丁寧に語った。

活弁シネマ倶楽部_ジャッキー・ウー
また、作品の主題である認知症については

ウー監督:(家族が認知症になったときに)愕然とショックを受け、落ち込み、嘘じゃないかという闘いがいっぱいあると思う。それでも作品の題名が1つの答えだと思います。非常に大変なことなんですけど、最終的には、“私たち(家族)が受け入れていくから、だいじょうぶ”と血の繋がった家族が受け入れていくことだろうなと思います。

と家族に訪れる困難とその行く先について自論を展開しつつ、本作の核心を明らかにした。

さらに映画祭でも注目を集めた、寺田心さんの起用については

ウー監督:オーディションを行い、自己主張ばっかりするのではなく、ばあちゃんのことが頭から離れない子供を選ぼうとした。」とキャスティングの理由について明かした。また、子役を扱える監督は本当に少ないと語るジャッキー・ウー監督はその理由について「 “子供”だと思ってしまうから。

であると自身の監督論を語り、
活弁シネマ倶楽部_ジャッキー・ウー ウー監督:僕は寺田心のことを子役と思わず、一人の役者として捉えていました。そしてもう一つ、子役との大事な約束事は、点ではなく線でお付き合いすること。寺田心くんにも、3年後もう一回映画やろう。という話をしながら撮影してきましたので、フレンドリーではなくもっと近い関係です。

と熱を込めた。

他にも、ミラノ国際映画祭でのW受賞の話から海外進出に関する映画作りのノウハウ、ジャッキー・ウー監督のパーソナルな部分にまで迫るなど、余すことなく語り尽くされた。

映画情報どっとこむ ralph 映画監督自身のこだわりの詰まったトークがたっぷりと届けられる活弁シネマ倶楽部。



「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
@katsuben_cinema


ジャッキー・ウー監督プロフィール
父は中国人 2 世。1998 年にフィリピンに渡り、プロデューサーとして映画「TOTAL AIKIDO」を製作するが、監督の熱望で、主役として出演。さらに、歌手としても活動し、フィリピンで「ゴールド・ディスク」を受賞。01 年以降、アジア中心にインターナショナルで、フィルム・メーカーとして。監督、俳優、音楽家、製作として幅広く活躍。中国と香港の合作映画『少林キョンシー』は世界 60 ヶ国で公開された。この映画がハリウッドの映画関係者の目に留まり、ハリウッド映画デビューし、映画『炎のランナー』の主役、ベン・クロスと共演。2013 年、プロデュース・出演映画「DEATH MARCH」でカンヌ国際映画祭入選を皮切りに、拠点をヨーロッパに移し活躍する。「イタリア・ミラノ国際映画祭」「イギリス・ロンドン国際映画祭」「フランス・ニース国際映画祭」で異なる作品で、最優秀主演男優賞を受賞した。

映画情報どっとこむ ralph 『ばあばは、だいじょうぶ』

5月10日(金)より、全国のイオンシネマにて公開中!!

https://grandmaisokay.com/

ストーリー
ちょっと弱虫な小学生の翼(寺田心)は、喜寿を迎えたばあば(冨士眞奈美)、おとうさん(内田裕也)、おかあさん(松田陽子)と4 人暮らし。翼は、ばあばのことが大好きだ。何かくじけそうになると、ばあばのところに行って、話を聞いてもらう。そんな時、ばあばは、必ず「だいじょうぶだよ」と言ってくれる。学校でいじめられても、ばあばが助けてくれた。そんな優しいばあばが少しずつ変わっていく。同じ質問を何度も繰り返すようになり、得意だった編み物ができなくなる。ばあばは「わすれてしまう病気(認知症)」になってしまったのだ。怒り出したり、大切にしていた庭の植物を枯らしてしまったり、翼のために作ったジャムを一人で食べてしまったり……。翼はなんだか怖くなって、近寄らなくなってしまった。そんなある日、ばあばは、靴も履かないで家を出たきり、いなくなってしまった。 「ばあば、どこへ行ってしまったの?」 やがて、翼は、ばあばの秘密を知る……。

過去記事:
ジャッキー・ウー監督 最初から寺田心に「世界に向かって頑張ろう!」と約束「ばあばは、だいじょうぶ」舞台挨拶
http://eigajoho.com/152180
ばあばは、だいじょうぶ

***********************************


冨士眞奈美  寺田 心 /平泉成

松田陽子・内田裕也/土屋貴子・久保寺淳・小暮智美

金内真弓・金島清史・真上沙剣・板倉佳司

原作:楠 章子「ばあばは、だいじょうぶ」(童心社刊)
監督:ジャッキー・ウー
企画・プロデュース:新田博邦 
脚本:仁瀬由深
音楽:田中和音 
撮影監督・編集:小美野昌史  
プロデューサー:田中佐知彦  ゼネラル・プロデューサー:いとうなな

照明:淡路俊之 
助監督:田中麻子  
仕上げ:荷田一隆 
整音:松本能紀 効果:藤田昌宏
衣装;石橋万理 メイク:井川成子

協力:アンテーヌ/グリーンランド/ジョビィキッズ 企画協力:童心社 
配給:イオンエンターテイメント/エレファントハウス 

企画・制作:ミューズ・プランニング 製作:グローバルジャパン  
医学監修:杉山孝博 (公益法人「認知症の人と家族の会」)
2018/日本/カラー/98分
©2018「ばあばは、だいじょうぶ」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ