下北沢映画祭 今泉力哉監督

第11回下北沢映画祭開催決定!映画、音楽、演劇、ファッション、グルメが下北沢を彩る


映画情報どっとこむ ralph ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩る

さまざまなカルチャーを切り口にしたプログラムを行う下北沢映画祭。

第11回を迎える2019年は10月12日(土)、13日(日)、14日(祝)の3日間、席数294多目的ホールである北沢タウンホール、今年20周年を迎える下北沢唯一の映画館トリウッド、ライブハウス近松にて開催いたします。

写真:第10回の模様

第11回 下北沢映画祭 INFORMATION
日程:10月12日(土)〜14日(祝)
会場:
北沢タウンホール(世田谷区北沢2-8-18)
下北沢トリウッド(世田谷区代沢5-32-5-2F)
ライブハウス近松(世田谷区北沢2-14-16-B1F)

タイムスケジュール・チケット:公式サイトにて9月上旬より随時発表予定

公式サイト:
https://shimokitafilm.com/

映画情報どっとこむ ralph 企画解禁第1弾
今泉力哉監督 長編最新作のワールドプレミア上映!
第11回の目玉企画として、今泉力哉監督の長編最新作、下北沢を舞台にした新作映画「街の上で(仮)」のワールドプレミア上映を行います。

4月19日に公開、岸井ゆきの、成田凌主演で大ヒットを記録、現在もなお話題の『愛がなんだ』(2019)、さらに伊坂幸太郎原作&三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』(2019年秋公開予定)が待機中の今泉力哉監督。
また、本作の共同脚本には『シティライツ』『太郎は水になりたかった』などの作品で知られる漫画家の大橋裕之さんを迎えます。

映画情報どっとこむ ralph 今泉監督には、第九回においてコンペティションのゲスト審査員を務めていただいたほか、第二回当映画祭準グランプリ作品『最低』や乃木坂46の個人PVを含む特集上映を行いました。一方、大橋さんは第六回にて、人気漫画のアニメーション映画化プロジェクト「音楽」とのコラボレーション企画を実施。

実は下北沢映画祭と縁が深いお二人がタッグを組んで、我らが街下北沢を舞台に新たな物語を紡ぎます。

映画『街の上で』(仮)公式Twitterアカウント
@onthecity_movie


映画情報どっとこむ ralph 下北沢映画祭のコンペティション部門では作品ジャンル、プロ・アマチュア、他映画祭での受賞歴を問わず、幅広く作品を募集しております。第10回下北沢映画祭では253作品の応募がありました。下北沢映画祭とともに次世代の「映画」を切り開きたいと思う映画作家のみなさん!ふるってご応募ください。

ノミネート作品は第11回下北沢映画祭で上映され、映画祭当日、ゲスト審査員による各賞選出とともに豪華審査員の方々から作品に対するコメントを頂けます!

コンペティション部門作品募集中

締切迫る!5月31日(金)まで※当日消印有効

【応募要項及びエントリーフォームはこちらから】
https://shimokitafilm.com/competition/

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ