ひとりのボクサーの、自らの尊厳をかけた闘いのゴングが、いま鳴り響く!『破天荒ボクサー』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 研ぎ澄ませ!闘う相手は目に見えるものだけじゃない

昨年「東京ドキュメンタリー映画際2018」で大きな反響を呼び、準グランプリ受賞した映画『破天荒ボクサー』の劇場公開が決定した。2019年7月6日(土)より新宿K’s cinema ほか全国順次公開となります。

大阪帝拳ジムに所属していた山口賢一は、将来を嘱望されたボクサーであった。


デビューから11連勝を果たし、次は日本タイトルマッチかと期待が高まる中、明確な理由の無いまま、ついに試合が組まれる事は無かった。

業をにやした山口は、JBC(日本ボクシングコミッション)に引退届けを提出、単身に闘いの場を国外に移す。海外の経験を積む事で、日本ボクシング界の現状に疑問を抱くようになった山口は、“いつか自分の経験を日本に持ち帰りたい”という思いを強くしていく。

そんな折、OPBF(東洋太平洋ボクシング連盟)タイトルマッチのオファーが舞い込む。
だが、突きつけられた条件は、「JBC復帰」であった。山口は、日本ボクシング界の変革と、自らの世界タイトルマッチ再挑戦のため、かつて袂を別ったジムとJBCへ話し合いに向かうのだが・・・・。

映画情報どっとこむ ralph 近年、相撲やラグビー、レスリング等々でも問題視されている「組織」と「個人」の関係性。
オリンピックを来年に控えたいま、あらためて指導者と選手、団体の在り方を見つめ直し、改善する機会がきているのではないだろうか。ひとり声を上げ、独自のネットワークを作るために奮闘する山口の姿は、挑戦を恐れない事の大切さ、そして未来への可能性を感じさせるに違いない。

監督は、『南京 引き裂かれた記憶』(09)、 『イナかのせんきょ』(15)、『わたしの居場所』(18)の武田倫和。

ひとりのボクサーの、自らの尊厳をかけた闘いのゴングが、いま鳴り響く!

映画『破天荒ボクサー』

公式ホームページ:
http://nomadeye.jp/hatenkou.html

なぜ、彼はリングを去らねばならなかったのか-― 慣習、慣例、同調圧力。
***********************************

監督・撮影・編集:武田倫和 (『南京 引き裂かれた記憶』 『イナかのせんきょ』『わたしの居場所』)
出演:山口賢一、高山勝成 ほか 
撮影・編集協力:岡崎まゆみ 主題歌:「世界はすぐそこに」
安西崇(作詞・作曲)、榮百々代(作曲・歌)
撮影協力:大阪天神ジム、ウィングジム、菊華高校、近畿大学病院、マルガリータジム

スチール:江里口暁子
ホームページデザイン:Rikew
宣伝デザイン:大橋祐介
宣伝:contrail
製作・配給:ノマド・アイ、喫茶店っぽいなにかEARTH 
2018年/日本/カラー/BD/115分
©ノマド・アイ 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ