コレット_IKKO×アン ミカ[1]

IKKO x アン ミカ コレットの生き方を絶賛 映画『コレット』特別トークイベント


映画情報どっとこむ ralph ウォッシュ・ウェストモアランド脚本・監督、『はじまりのうた』のキーラ・ナイトレイが主演を務める『コレット』が5月17日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館他にて全国 ロードショーとなります。

フランス文学界で最も知られ、時代を作り上げたアーティストとしても今なお人々を魅了し続ける女性作家シドニー=ガブリエル・コレッ トの半生を映画化した『コレット』が5月17日より全国公開される。

公開直前の5月9日にはスペースFS汐留にて、美容家のIKKO さんとモデルでタレントのアン ミカさんによる、映画『コレット』特別トークイベントが行なわれました。

コレット_IKKO×アン ミカ
映画『コレット』特別トークイベント
日付:5月9日(木)
会場:スペース FS汐留
登壇:IKKO(美容家)、アン ミカ(モデル・タレント)

映画情報どっとこむ ralph 自らの生き方を貫いた主人公・コレットにリスペクトを込めて、矢羽 などがデザインされた着物姿で登場した IKKO さん。

IKKOさん:令和~!コレットの生き方に感動して 3 回本編を観ました。フランスが舞台にもかかわらず、セリフは英語だけど全然気にならなかった。人生の道しるべ~

と没入した様子。

一方、コレットのスタイルを 参考に色鮮やなファッションで登場した

アンミカさん:コレットの内面の変化とともにファッションも変化しているのも見どころ。男性性と女性性がファッションに現れているのも良かった。人生の中で何度も噛みし めたい深みのある映画。

と絶賛だった。

コレットという人物像に関して

IKKO さん:感性で生きた方であり、自分流に人生を変えていく力を持っているアーティスト性の高い人。私なんか天真爛漫で自由奔放なだけ。でも好きなことをやっているから苦しく感じない。それはコレットの生き方と同じ!!!

と感銘を受けていた。

アンミカさん:物おじせずに自分というものを持っている人。理性と知性を持って、人を魅力だけで判断する。コレットの あり方は令和の未来の多様性にもピッタリ。それを 100 年も前に実現されているのは凄いし、どの時代に存在しようともコレットはコレットでしかない。友達になりたいくらいカッコいい。

とその先進性に目を見張っていた。

映画情報どっとこむ ralph 令和の時代にこそリスペクトしたい! 伝説の女性作家コレットの生き方を IKKO さん&アン ミカさんも絶賛‼ 『コレット』特別トークイベント実施のご報告

コレットの才能を見出した14歳年上の夫ウィリーについて

IKKOさん:自分勝手な男だけど小説家をプロデュースする能力はありましたよね。

と認めると、

アンミカさん:男性優位の時代、彼がいなければ女流作家であるコレットは誕生しなかったはず。

と立役者としてリスペクト。 ただアン ミカさんは実際にウィリーのような男性に言い寄られたら「ないな」とピシャリ。一方で、

IKKO さん:尊敬していれば付き合うかし ら。自分にないものを持っている人って魅力的。ピュアな気持ちで彼に惹かれたのもうなずける。

とコレットの当時の心情を理解していた。

イベントが実施された 5月9日は“May”と“ク”であることから、“メイクの日”と呼ばれている。これに

IKKO さん:わかりやすい~!

と爆笑しながら、令和のメイクトレンドについて

IKKOさん:令和の時代は素材となる肌を綺麗にして整えるのと、心を綺麗にするのが二本柱になる はず。私もこの歳になって立っているだけで人物像が浮き彫りになるという実感があるので、心を綺麗にしていきたい。心磨きと素 材磨き。それが令和のメイク術。

と締めた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

劇場公開に向けて

IKKO さん:これから先は自分らしく生きていくのが大切になる時代。それを本作から教わりました。

とアピ ール。

アンミカさん:令和になって益々世の中は便利になっていくけれど、だからこそ相手をおもんぱかり、思いやりを持って生きたい。映 画の中のコレットのように、その人らしさを尊重していくのが大事だと教わった。

と思いを込めていた。

最後、フォトセッションの時間にマスコミから笑顔を求められると、

IKKO さん:コレット~!ベル・エポック~!伝説~!

と決めの言葉 で会場を沸かせた。

『コレット』

5月17日(金)より、TOHO シネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式 HP:
http://colette-movie.jp

【STORY】
フランスの田舎町で生まれ育ったコレット。14歳年上の人気作家ウィリーと結婚し、それまでとは別世界のパリへと移り住む。”ベル・エポック” 真っ只中の活気にあふれていた 1890 年代のパリ。コレットは夫とともに芸術家たちの集うサロンで、享楽の世界に浸っていた。そんななか、コレットの才 能にいち早く気が付いたウィリーは、自身のゴーストライターとして彼女に小説を書かせることに。その後、コレットが執筆した「クロディーヌ」シリーズは、社会 現象を巻き起こすほどの一大ブームとなる。いつしか、世間もうらやむようなセレブ夫婦として注目されるコレットとウィリー。しかし、コレットは自分が作者で あることを世間に認められない葛藤と夫の度重なる浮気と抑圧に苦しめられることとなる。

***********************************

監督:ウォッシュ・ウェストモアランド(『アリスのままで』)
脚本:リチャード・グラッツァー、ウォッシュ・ウェストモアランド、レベッカ・レンキェヴィチ キャスト:キーラ・ナイトレイ、ドミニク・ウェスト、フィオナ・ショウ、デニース・ゴフ、エレノア・トムリンソン ほか

配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
© 2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.
2018 年/イギリス・アメリカ/カラー/ 英語/ 111 分 / シネマスコープ / 5.1ch/PG12/字幕翻訳:山門珠美/字幕監修:工藤庸子

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ