映画情報どっとこむ ralph 「EXILE」TAKAHIROが、満を持して長編映画で初めて単独主演した感動作『僕に、会いたかった』。このたび5月10日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支えます。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成。島根県隠岐島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマに仕上がりました。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作のメイキングとTAKAHIROのインタビューを交えた特別映像が解禁となります!

解禁された映像では、「初めて単独で主演をさせていただくということで、とてもプレッシャーを感じたのですが、元々、錦織監督の作風がすごく好きで。いつか温かいヒューマンドラマをやってみたいと思っていたので。」と作品にかける意気込みを語るTAKAHIRO。母親役として出演する松坂慶子との共演や、現場の様子などを明かすその言葉とともに、島根県隠岐島で行われた撮影のメイキング映像が映し出される。


記憶喪失でありながら、島でも凄腕の漁師として尊敬される徹の漁港での仕事風景、島留学に訪れた学生たちとの和気あいあいとした和やかな食事会が次々と映し出され、温かい雰囲気の中で行われたという撮影現場の様子はもちろん、島の人々の優しさ、家族の温かさといったものまで肌で感じられそうな映像だ。ちなみに、この食事シーンで用意された料理の数々は、島に住む本当のお母さんたちが地元の新鮮な食材を使って、愛情を込めて作ったもの。お芝居の中でその料理を口にするTAKAHIROは、撮影用に用意された料理の品々を見事に平らげたそう。その様子に撮影に慣れたスタッフは驚きつつ、料理を提供した地元の人たちも喜ぶ食べっぷりを披露し、「とても美味しかったです」と明かしている。

和やかな食事風景が捉えられた一方で、徹が記憶を失ったきっかけとなる嵐のシーンでは、船上で、かつ雨を降らせているという難しい撮影に対し、監督とも細かい打ち合わせをしながら、自分からアイディアを出すTAKAHIROの姿が切り取られていて、俳優として新境地を切り開いたTAKAHIROの作品にかけるアツい想いが伝わってくる。

最後には、「撮影は本当に緊張したのですが、監督とも色々なことを話しながら取り組めたので、いい撮影になったと思っています。ぜひ、楽しみにして頂きたいです。」と撮影を振り返りつつ、映画の出来栄えにも自信を覗かせた様子が映し出されており、映画の中でTAKAHIROがどのような表情を見せているのか、期待が高まる映像だ。

映画情報どっとこむ ralph 『僕に、会いたかった』

5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式HP:
bokuai.jp


ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。

***********************************

TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以 
小市慢太郎 /松坂慶子

監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 
編集/栗谷川 純
配給/LDH PICTURES
2019年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96分 
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
  
 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ