映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2019の開催が後1か月となりました!

その上映作品ラインナップが到着しましたのでご紹介!

新たなステージに立つ21年目は、世界130の国と地域から応募されたおよそ10,000本の作品の中から厳選された約200作品を、東京会場のほか日本全国で視聴いただけるオンライン会場でも紹介。セレモニーのライブ配信も予定していて、全国の方々に映画祭を楽しんでいただけます!

映画情報どっとこむ ralph 【注目POINT1】 日本初公開!第91回アカデミー賞短編部門受賞&ノミネート作品を上映!

日本初公開となる第91回アカデミー賞短編実写部門受賞作品や、アルフォンソ・キュアロン監督(『ローマ』)による初期作品、『アラジン』主演のナオミ・スコット、ギャスパー・ウリエル(『たかが世界の終わり』)、ジェレミー・アイアンズ(『運命の逆転』)など世界の名監督、名俳優によるショートフィルムもそろいました。

【注目POINT2】 オンライン開催で全国にSSFF & ASIAを発信!

セレブリティ出演作や25歳以下の若手監督、子役にフォーカスした特集などをオンライン限定公開

セレブリティ出演&監督作品や世界の映画祭で受賞、ノミネートした作品の特集、25歳以下の若手監督にフォーカスした特集の他、5分以下のショートフィルムを集めた「Very Shortsプログラム」、子役がきらりと光る作品を集めた「チャイルドアクターズプログラム」など、オンライン開催でしか見られない作品を多数ラインナップ!
国内最大級の映画・ドラマレビューサービス フィルマークスと連動したレビューやコメント投稿機能で、観た人と感想や想いをシェアできるほか、イベントや上映会場の様子をライブ配信にてお伝えします。

そして「Ladies for Cinema Project」 では、世界の女性監督を特集し、Cinematic Tokyo部門では、東京都との製作作品『ホセのトーキョー夢物語』(TVシリーズ「ナルコス」のディエゴ・カターニョ主演)を特別上映。先駆けて予告編を本日解禁いたします。

【注目POINT3】 「Branded Shorts 2019」 6/11(火)-14(金)開催!

世界の動画マーケターが注目!ブランデッドムービーの最高峰を決定。

企業や広告会社が制作したブランディングを目的としたショートフィルムの祭典。4年目を迎える今年、世界400以上のエントリーから34作品がノミネートします。広告・映画など業界の垣根を越えて集まった8名の審査員(審査員長:犬童一心監督)が「シネマチック」「ストーリーテリング」「アイデア」など7つの視点をもとに最高作品を選出。
公式ホームページ

▼一般の方を対象とした上映会「BRANDED SHORTS PROGRAM」
<6/11(火)-14(金)/会場:アンダーズ東京/無料・事前予約>
▼ネスレシアター最新ショートフィルム『上田家の食卓』プレミア発表会
<6/11(火)/会場:赤坂インターシティコンファレンス、the AIR/無料・事前予約>
※主演のMEGUMIさんの登壇や、特別ゲスト・鈴木福くんのトークイベントあり
▼Branded Shorts 2019授賞式&審査員トークセッション
<6/11(火)/会場:赤坂インターシティコンファレンス、the AIR/無料・事前予約>

更に、今年より合計4作品が推薦できることになった、翌年のアカデミー賞につながるオフィシャルコンペティション、ノンフィクションの部門に加え、CGアニメーション部門、地球を救え!部門 supported by リンレイなど計10部門と、「Shibuya Diversityプログラム」、「戦争と生きる力プログラム supported by 赤十字」など多様なジャンルでショートフィルムを紹介いたします。

報道関係者様向けのオープニングセレモニーは、5月29日(水)
一部を除く、各部門の優秀賞・グランプリは、6月16日(日)の授賞式で発表となります。

映画情報どっとこむ ralph 【インターナショナル部門 特別上映】

『ローマ』のアルフォンソ・キュアロン22歳の初期作品 フレンチ・ニューウェーブの香り漂うショートフィルム

『カルテット・フォー・ジ・エンド・オブ・タイム』(Quartet for the End of Time)

監督:アルフォンソ・キュアロン / メキシコ / 23:48 / ドラマ / 1983

周りの世界から孤立して孤独の中で暮らす男。

フランスの超美男子 ギャスパー・ウリエル(『たかが世界の終わり』)出演作品
『試練』(ORDEAL)
監督:Sacha Barbin / フランス / 15:00 / コメディ / 2017

ちょうどティータイムの時間、カプラン氏のドアを叩いたのは謎の若き青年。予期せぬ来客 にカプラン氏はどうする。

【アジアインターナショナル部門 特別上映】

人気韓国ドラマ「オクニョ」のコ・ス主演!
『ホワイトデビル 金曜夜のタクシードライバー 』 (White Devil; Taxi Driver on Friday Night) 監督:Seung-won Park / 韓国 / 16:08 / スリラー / 2018

タクシードライバーのキョン・スは800万ウォンがどうしても必要だった。そこで、誘拐を実 行する。

【ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社】

第91回アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門ノミネート作品
『ブラックシープ』(Black Sheep)
監督:Ed Perkins / イギリス / 26:47 / ノンフィクション / 2018

黒人の少年は人種差別主義者と仲間になることを決めた。

【地球を救え!部門 supported by リンレイ 特別上映】

ジェレミー・アイアンズ(『戦慄の絆』『運命の逆転』)主演
『おじいちゃんの願い』(I Wish For You) 監督:Stuart Rideout / イギリス / 5:05 / ドラマ / 2016

長い間眠っていた手紙に記された祖父の強い想い。時を超えて語り継がれる愛と希望を この世界に送る。

【CGアニメーション部門 特別上映 】
未来のCGスペシャリスト! デジタルハリウッド デジタルフロンティアグランプリ2019 ベストCGアニメーション賞受賞

『レディエイト』(Radiate) 監督:田中謙光 / 日本 / 8:30 / アニメーション / 2018

1991年、誰も知らない島の話。その島の集落には「文明の進歩は天災を起こす」という 教えがあり機械の所持・使用の禁止をしていた。そして今日もまた神聖な生き物に祈り をささげ恒例の儀式が始まろうとしていた…

【Ladies for Cinema Project】

世界の女性フィルムメーカーを応援するプロジェクト 女性ならではの視点で描かれた力強い作品群
『彼女』(She) 監督:More Raça/ コソボ・フランス / 12:27 / ドラマ / 2018

父に早婚を仕組まれたザナは、勇気ある決断を迫られる。

【世界が認めた作品集】

カンヌ映画祭、SXSW、パームスプリングス国際短編映画祭で ノミネート&受賞!

『キャロライン』(Caroline) 監督:Celine Held & Logan George / アメリカ / 11:54 / ドラマ / 2018

真夏のテキサスで起きた思いがけないピンチ。6歳の少女は大きな決断を迫られる。

【Shibuya Diversity プログラム】

人種、宗教、移民、LGBTQ… 世界のDiversityを考えるドラマの数々

『特別な日』(Anniversary) 監督:Angelica Germanà Bozza / ドイツ / 14:17 / ドラマ / 2018

妻を亡くした若き父と9歳の娘は、トルコを去り、ドイツで新しい生活を始めた。しかし、 家族亡くした喪失感は消えないまま。彼女の命日、二人は生前彼女が大切にしていた 習慣を自分たちなりの方法で受け継ぐことにした。

【戦争と生きる力プログラム supported by 赤十字】

戦後にめざましい復興を遂げた日本だからこそ、今みんなで考えたい
「世界中の生きる力をどう未来につなぐ?」

『 架空の銃弾 』(Imaginary Bullets)
監督: Sean Oliver/ アメリカ / 12:50 / ファンタジー / 2018

不思議な現象が起きていることに動揺する男の子と女の子。それは世の中にどんどん拡 散していき、大惨事に。止まらない「現象」にやがて二人はある発見をする。

【韓国・アシアナ国際短編映画祭プログラム】

韓国最大級の国際短編映画祭とコラボレーション! アニメや時代劇など、時空を超えた作品を上映
『成功の秘密』(Excuses of My Success)
監督: Sang-hyuk Park / 韓国/ 19:17 / ドラマ / 2018

19世紀末の大韓帝国は階級社会で統制されていた。ある男は他人のアイデンティ ティーを盗み、いとも簡単に地位と名誉を手にするが、果たしてこのまま罪から逃れられるのか?

【台湾・高雄映画祭プログラム】
台湾・高雄映画祭とコラボレーション! 老若男女が楽しめる作品をジャンル豊かに上映
『ルソン』(Luzon)
監督:Wei-Liang Chiang / 台湾 / 13:01 / ドラマ / 2018

南シナ海のどこか、中国から放射性廃棄物が流れついたことをきっかけに海上にいた台 湾人とフィリピン人漁師の論争が始まる。

映画情報どっとこむ ralph

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 概要】

■開催期間 :5月29日(水)~6月16日(日)
■上映会場 :東京計5会場予定 およびオンライン会場
※開催期間は各会場によって異なります。また、変更になる場合もございます。
・5月30日(木)~6月 2日(日)iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
・6月 6日(木)~6月 9日(日)表参道ヒルズ スペース オー
・6月11日(火) 赤坂インターシティコンファレンス the AIR
・6月11日(火)~6月14日(金)アンダーズ 東京 Andaz Studio
・6月13日(木)~6月15日(土)シダックス・カルチャーホール

◇ 一部の有料イベントを除き、全ての上映会場ともに無料上映となります。
事前予約はオフィシャルサイトにて4月24日(水) 14:00~受付 ※当日券もございます。
◇オフィシャルサイト:https://www.shortshorts.org/2019
◇主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会

【SSFF & ASIA 2019 テーマ】
「Cinematic Attitude」
映画祭20周年の節目を経て、新たなスタートをきる21年目のテーマは「Cinematic Attitude」。
映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、
成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、
映画祭が発信していく多様性を表現しました。

SSFF & ASIA 2019 オフィシャルコンペティション審査員 (五十音順、敬称略)

安藤桃子 (映画監督)
かたせ梨乃 (女優)
中江有里(女優・作家)
永瀬正敏(俳優)

映画情報どっとこむ ralph お薦め!
クリエイターズセミナー 作家性と娯楽性、これからの映画制作を語る

『リンダ、リンダ、リンダ』や『苦役列車』の山下敦弘監督がセミナーゲストとして登場。監督 のキャリアを振り返り、作家性も温存させながら娯楽映画を作り続ける独自のスタイルや、 これからの映画制作を語ります。

【山下敦弘監督プロフィール】 1976年愛知県生まれ、大阪芸術大学芸術学部映像学科卒。 卒業制作の『どんてん生活』(99)が国内外で高い評価を受ける。その後、女子高生がバ ンドを組む青春映画『リンダ リンダ リンダ』(05)がスマッシュヒット。以降『天然コケッコー』 (07)『マイ・バック・ページ』(11)『苦役列車』(12)『もらとりあむタマ子』(13)『オー バー・フェンス』『ぼくのおじさん』(16)等。近作『ハード・コア』(18)で芸術選奨文部科 学大臣新人賞を受賞。最新作はカラダカルピスのメカニズムを映画化した短編『idle time』、 webにて誰でも視聴可能。独自の作家性と娯楽性とをミックスさせながら様々な題材を撮り 続けている。

日時:6月9日(日)15:40~ 17:30
会場:表参道ヒルズ スペースオー
料金:無料
事前予約はオフィシャルサイトにて受付中 ※当日券もございます。
講師:山下敦弘
※講演内容は、当日、若干変更となる可能性があります。

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ