ナレーションを務めた室井滋が登壇!『山懐に抱かれて』イベント at ポレポレ東中野


映画情報どっとこむ ralph ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』が4月27 日(土)からポレポレ東中野にて公開となりました。それを記念しまして今回、29 日(月祝)にナレーションを担当した室井滋さんと遠藤隆監督によるトークショーが 開催されました。
本作は、岩手県田野畑村で、自らの手で山に牧場を切り拓き、四季を通じて牛を完全放牧し、草だけを餌に育てる“山地酪農(やまちらくのう)”を

日時:4月29日月・祝)
場所:ポレポレ東中野
登壇:室井滋(本作ナレーション) 、遠藤隆 監督

映画情報どっとこむ ralph 遠藤監督:TV 放送では<ガンコ親父と7人の子ども達>という タイトルで放送していたが、映画化に辺り、家族だけなく、大いなる自然に包まれて 暮らしている家族という意味を込めて<山懐に抱かれて>というタイトルに変更した。

と語りました。
続けて、牛をイメージしてご自身の衣装の中から白黒模様の洋服を来て、登壇の室井さん。
なんと 20 年前にその TV 放送を観ていたとのことを告白しました。

室井さん:最初は“山地酪農”の意味も分からずに観ていたが、子供たちが 学校に行く前に乳しぼりをして出かけていく姿や、幼子を世話する人もいないので猫 が遊び相手になっていたり、とても今の時代とは思えない、酪農に家族全員で取り組 む姿を、仕事から疲れて帰ってきた時に見て、胸がいっぱいに感激しました。

と語りました。

そして、それから吉塚一家の牛乳を取り寄せるようになり、そこから実に20年間 牛乳を飲み続けてきた室井さん。だから映画化にあたりナレーションのお話が来たときは、

室井さん:ほかのお仕事のようになかなか冷静にできませんでした。

と感慨深げにその胸のうちを語りました。
それからも、あんまり牛乳が美味しいので、TV 番組などで吉塚一家の牛乳を紹介したりしたこともあったそう。
ただ、吉塚さんとは牛乳をとっている関係だけで、特にコンタクトがあるわけではなかったそうですが、 東日本大震災が起こった時に、心配になって一度、吉塚さんの奥さまとお話しされ、その時の状況をお聞きしたことを語りました。 その時、宅配も一時中止になっていましたが、再開されたら、その後も変わらずに、また牛乳をお願いするようになったとのこと でした。

加えて、先日放送された日本テレビ【news every.】の「トク 4」コーナーで放送された特集《岩手の大家族 室井滋が酪農生活を 体験》で、田野畑村を訪れて吉塚一家と初めて実際にお会いした室井さんは、その時のことを「何せ 20 年飲み続けていますか ら、初めてご家族のみなさんに会っても、他人とは思えない、親戚と会ったような気分でした」と語りました。その他、吉塚一家に ついてのエピソードは尽きぬようにお話しが続き、会場があたたかい雰囲気に包まれていました。

映画情報どっとこむ ralph 『山懐に抱かれて』

はポレポレ東中野にて絶賛公開中。
以降、5/10(金)、11(土)、12(日)には、吉塚一家の住む田野畑村で 完成披露上映、5/24(金)よりフォーラム盛岡ほか全国順次公開となります。



作品概要 美しい岩手の自然を背景に綴る、酪農大家族の 24 年。 岩手県下閉伊郡田野畑村。5 男 2 女の子どもと夫婦、9 人家族の吉塚一家。 山を切り拓き、牛を完全放牧し、限りなく自然に近い環境で育む 安心安全の酪農“山地酪農”。 実現に困難を極めるその酪農に挑む、ひたむきな日々を、子どもたちの育ちと豊かな自然の四季とともに丹念に追いました。山懐に抱かれて、 365 日 24 時間“いのち”と向き合いながら、愛情いっぱいに育まれるその「いとなみ」を、地元ローカル局“テレビ岩手”が 24 年にわたり独自に追 いかけた、人気 TV ドキュメンタリーシリーズ待望の映画化。
テレビ岩手開局 50 周年記念作品
http://www.tvi.jp/yamafutokoro/

***********************************

監督・プロデューサー:遠藤 隆
ナレーション:室井 滋
2019 年/103 分/16:9/カラー/HD/日本/ドキュメンタリー
協力:日本テレビ系列 NNNドキュメント
製作著作:テレビ岩手
配給宣伝協力:ウッキー・プロダクション
©テレビ岩手
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ